2018年01月12日




上のリンク先の定義の元に、本日の増やした人の条件は以下です。
本日の
増やした人
の条件 
算定期間(※)の資産増加率が、同期間における日経平均の上昇率+16.18%を上回るパフォーマンスをあげた方

※2017/1/4~2017/12/29(終値ベース)

20180104_買い増し


買い増した株(1月12日) ※取引人数の多い順にランキング形式で掲載
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買い増し人数割合 終値 前日比
1 9437 NTTドコモ 東証1 24.0% 2655.5 -18
2 7707 プレシジョン・システム・サイエンス 東証M 74.5% 698 9
3 2914 日本たばこ産業 東証1 15.5% 3603 -43
4 1552 VIX短期先物指数 東証E 54.9% 9150 -40
5 9433 KDDI 東証1 19.0% 2764 -43.5
6 9505 北陸電力 東証1 31.7% 912 -15
7 8267 イオン 東証1 4.0% 1862.5 -77
8 2038 NEXT 原油ブル 東証E 16.9% 1500 -25
9 8783 GFA JQS 83.3% 776 1
10 3459 サムティ・レジデンシャル投資法人 東証R 42.5% 93000 100

※(増やした人のうち)買い増した人数÷該当銘柄を保有している人数

→1月12日(大引け)勝ってる人の買ってる株・売ってる株はこちら



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:40コメント(0) 
増やした人の買い増した株 

2018年01月12日


本日は、
“2017年に勝った人”が、
本日「買った株」、「売った株」。
20180104_2017年+

→本日の「勝ってる人」の定義はこちら


本日の「勝ってる人の買ってる株・売ってる株」は以下の通り。 

※取引人数の多い順にランキング形式で掲載しております。

勝ってる人の買ってる株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買人数比率 終値 前日比
1 9433 KDDI 東証1 94.3% 2764 -43.5
2 8267 イオン 東証1 91.8% 1862.5 -77
3 2914 日本たばこ産業 東証1 90.3% 3603 -43
4 6758 ソニー 東証1 78.1% 5525 -59
5 9432 日本電信電話 東証1 91.7% 5229 -146
6 9437 NTTドコモ 東証1 91.3% 2655.5 -18
7 6752 パナソニック 東証1 79.2% 1708 -20.5
8 9984 ソフトバンクグループ 東証1 79.2% 8935 -185
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証1 65.5% 873.1 -8.8
10 3415 TOKYO BASE 東証1 51.4% 4750 -770


 
勝ってる人の売ってる株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買人数比率 終値 前日比
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 東証1 31.6% 217.1 1.1
2 4579 ラクオリア創薬 JQG 48.0% 3050 383
3 5986 モリテック スチール 東証1 43.6% 999 -31
4 9972 アルテック 東証1 48.8% 457 66
5 6835 アライドテレシスホールディングス 東証2 46.2% 104 30
6 6178 日本郵政 東証1 26.1% 1330 7
7 8591 オリックス 東証1 16.7% 2106 40.5
8 6494 NFKホールディングス JQS 44.0% 169 27
9 4594 ブライトパス・バイオ 東証M 48.1% 822 -32
10 3927 アークン 東証M 48.1% 1053 128



売買人数が拮抗している株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 終値 前日比
1 4187 大阪有機化学工業 東証1 1667 300
2 3758 アエリア JQS 1838 51
3 2809 キユーピー 東証1 2952 32
4 7777 スリー・ディー・マトリックス JQG 1036 119
5 7974 任天堂 東証1 44620 500




人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:35コメント(0) 
勝ってる人の買ってる株・売ってる株 

2018年01月12日

日経平均株価「日中足」


日経平均株価 23,710.43円(前日比-77.77円)
TOPIX 1,888.09(前日比-4.02)
出来高概算 15億8,283万株
売買代金概算 2兆8,021億円

本日の日経平均は3営業日続落。昨晩の米国株式市場で主要3指数が揃って史上最高値を更新したことを好感し、朝方の日経平均は買い優勢で取引を開始した。寄り付き後は、利益確定売りに押されマイナス圏に転じる場面も見られたが、下値では押し目買いが入り下げ幅を縮める格好となった。ただ、後場に入ってからは、14時頃に発表された景気ウオッチャー調査の現状判断指数が5ヵ月ぶりに悪化したことを受けて23,500円台後半まで売られる展開となった。大引けにかけては下げ渋る格好となり、結局56円安の23,653円で本日の取引を終了した。


東証33業種中、上昇したのは6業種、下落したのは27業種であった。上昇率1位は機械、2位鉄鋼、3位その他製品。下落率1位は電気・ガス業、2位倉庫・運輸関連業、3位情報・通信業。日経平均採用銘柄の上昇率1位はファーストリテ、2位千代化工建、3位神戸鋼。下落率1位はGSユアサ、2位ユニー・ファミマ、3位東急不HDであった。


物色面では、ソフトバンクやKDDIなどの通信株が軟調に推移したほか、日本ハムやニチレイなど食品株が売られた。また、昨日発表した決算が嫌気された良品計画やユニー・ファミマ、コスモス薬品やJINSなどの小売株が弱含んだ。そのほかでは、シャープや富士通などハイテク株の一角が冴えない動きとなった。個別では、外資系証券による投資判断の引き下げを受けてオリンパスや東急不HDが下落した。


半面、ファナックやSMC、安川電などの設備投資関連株が買われたほか、東海カや三井金、邦チタニウムなどの素材株が堅調に推移した。また、JUKIや荏原などの機械株が強含み、ディップやエンJPNなどの人材関連株がしっかり。個別では、国内証券による投資判断の引き上げを受けて新電元が急伸したほか、昨日引け後に発表した決算が好感されたファーストリテイが大幅上昇となった。そのほかでは、昭電工やSGHDが上昇した。


値上がり銘柄数は596、値下がり銘柄数は1,385、変わらず82。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 
市場コメント 

2018年01月12日


本日は、
2017年に勝った人”が
本日の前場に「買った株」、「売った株」。
20180104_2017年+

→本日の「勝ってる人」の定義はこちら


前場の「勝ってる人の買ってる株・売ってる株」は以下の通り。 

※取引人数の多い順にランキング形式で掲載しております。

勝ってる人の買ってる株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買人数比率 前引け 前日比
1 9433 KDDI 東証1 94.1% 2778 -29.5
2 8267 イオン 東証1 86.2% 1889.5 -50
3 6752 パナソニック 東証1 90.5% 1704 -24.5
4 3382 セブン&アイ・ホールディングス 東証1 89.5% 4576 -76
5 6758 ソニー 東証1 77.3% 5522 -62


 
勝ってる人の売ってる株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買人数比率 前引け 前日比
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 東証1 19.2% 217.3 1.3
2 5986 モリテック スチール 東証1 43.8% 1033 3
3 8591 オリックス 東証1 7.1% 2096.5 31
4 6178 日本郵政 東証1 7.1% 1330 7
5 6494 NFKホールディングス JQS 42.1% 162 20



売買人数が拮抗している株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 前引け 前日比
1 9972 アルテック 東証1 459 68
2 4187 大阪有機化学工業 東証1 1667 300
3 6835 アライドテレシスホールディングス 東証2 94 20
4 6552 GameWith 東証M 4680 80
5 5301 東海カーボン 東証1 1710 30




人気ブログランキングへ

okasan_online at 12:00コメント(0) 
勝ってる人の買ってる株・売ってる株 

2018年01月12日

日経平均株価「日中足」
20180112am

日経平均株価 23,697.46円(前日比-12.97円)
TOPIX 1,878.63(前日比-9.46)
出来高概算 8億9,961万株
売買代金概算 1兆6,630億円

前場の日経平均は小幅に3営業日続落。昨晩の米国株式市場で主要3指数が揃って上昇したことを受け、朝方の日経平均は買い優勢で取引を開始した。SQ通過後は手がかり材料に乏しく、前日終値近辺での推移となった。前引けにかけては、今晩発表される米12月消費者物価指数等を控え様子見ムードが強まり、結局12円安の23,697円で前場の取引を終えている。


東証33業種中、上昇したのは7業種、下落したのは26業種であった。上昇率1位はその他製品、2位ゴム製品、3位機械。下落率1位は電気・ガス業、2位食料品、3位情報・通信業。日経平均採用銘柄の上昇率1位はファーストリテ、2位大平洋金、3位千代化工建。下落率1位はGSユアサ、2位ユニー・ファミマ、3位東急不HDであった。


物色面では、三井不や菱地所などの不動産株が軟調に推移しているほか、決算発表を行った7&I-HDやユニー・ファミマなどの小売株も下落している。また、明治HDや味の素などの食品株、旭化成やクラレなどの化学株も弱含んでいる。個別では、冴えない18/8期1Q決算を発表したJINSが大幅安となっているほか、外資系証券が投資判断を引き下げたオリンパスも売られている。


半面、安川電やファナックなどの設備投資関連株が堅調に推移しているほか、神戸鋼や太平金などの鉄鋼株も上昇している。そのほかでは、エンJPNやUT GROUPなどの人材関連株の一角もしっかりと推移している。個別では、良好な18/8期1Q決算を発表したファーストリテイやビックカメラが大幅高となっている。


値上がり銘柄数は714。値下がり銘柄数は1,253、変わらず96。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
プロフィール
石黒 洋一(いしぐろ よういち)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部 次長

石黒洋一

【経歴】
1993年早稲田大学社会科学部卒業後、城南信用金庫、もしもしホットライン(現リライアコミュニケーション)を経て、2006年に岡三オンライン証券入社。

売買データや株価データ等を活用し、個人投資家の投資動向を絡めた独自の投資情報を発信。
twitter