2017年09月14日




上のリンク先の定義の元に、本日の増やした人の条件は以下です。
本日の
増やした人
の条件 
算定期間(※)の資産増加率が、同期間における日経平均の上昇率+24.16%を上回るパフォーマンスをあげた方

※2016/11/9~2017/6/2(終値ベースで、米大統領選の結果を受けて2016年11月9日に日経平均が急落した日から2万円を超えた日まで)

20170614_買い増し


買い増した株(9月14日)
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買い増し人数割合 終値 前日比
1 1357 日経平均ダブルインバース 東証E 12.6% 1751 10
2 8308 りそなホールディングス 東証1 10.2% 538.4 -1.7
3 3237 イントランス 東証M 72.6% 206 -5
4 3765 ガンホー・オンライン・エンターテイメント 東証1 10.2% 298 -8
5 2432 ディー・エヌ・エー 東証1 38.3% 2377 -32
6 3390 INEST JQS 67.1% 158 -10
7 6740 ジャパンディスプレイ 東証1 11.6% 190 -2
8 8267 イオン 東証1 2.4% 1615 -6.5
9 4323 日本システム技術 東証2 91.7% 1249 -27
10 8411 みずほフィナンシャルグループ 東証1 0.5% 189.7 -1.4

※(増やした人のうち)買い増した人数÷該当銘柄を保有している人数


→9月14日(大引け)勝ってる人の買ってる株・売ってる株はこちら



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:45コメント(0) 
増やした人の買い増した株 

2017年09月14日


本日は、
“今週(9/11~9/13)勝ってる人”が、
本日「買った株」、「売った株」。
20170914_今週(0911-0913)+

→本日の「勝ってる人」の定義はこちら


本日の「勝ってる人の買ってる株・売ってる株」は以下の通り。 

勝ってる人の買ってる株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買人数比率 終値 前日比
1 3105 日清紡ホールディングス 東証1 59.6% 1330 -145
2 5986 モリテック スチール 東証1 51.2% 458 -62
3 8927 明豊エンタープライズ JQS 52.6% 257 -56
4 6758 ソニー 東証1 93.1% 4230 -151
5 5216 倉元製作所 JQS 52.4% 225 4
6 3896 阿波製紙 東証1 51.2% 845 30
7 4960 ケミプロ化成 東証2 57.6% 433 25
8 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証1 56.0% 676.2 -6.4
9 4098 チタン工業 東証1 53.8% 362 -56
10 2385 総医研ホールディングス 東証M 51.9% 636 -29


 
勝ってる人の売ってる株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買人数比率 終値 前日比
1 4080 田中化学研究所 JQS 46.0% 2168 -232
2 6618 大泉製作所 東証M 46.9% 1023 -105
3 4597 ソレイジア・ファーマ 東証M 44.2% 337 26
4 6208 石川製作所 東証1 48.9% 2266 197
5 3891 ニッポン高度紙工業 JQS 48.8% 2568 -52
6 8704 トレイダーズホールディングス JQS 42.4% 182 7
7 7271 安永 東証1 44.0% 2880 -230
8 1570 日経平均レバレッジ 東証E 38.1% 15600 -90
9 8411 みずほフィナンシャルグループ 東証1 43.5% 189.7 -1.4
10 3436 SUMCO 東証1 33.3% 1646 25



売買人数が拮抗している株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 終値 前日比
1 5381 Mipox JQS 726 -21
2 6969 松尾電機 東証2 95 -15
3 6149 小田原エンジニアリング JQS 4250 345
4 7203 トヨタ自動車 東証1 6431 14
5 9307 杉村倉庫 東証2 597 -17




人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:40コメント(0) 
勝ってる人の買ってる株・売ってる株 

2017年09月14日

日経平均株価「日中足」
20170914pm

日経平均株価 19,807.44円(前日比-58.38円)
TOPIX 1,632.13(前日比-5.20)
出来高概算 166,250万株
売買代金概算 22,501億円

本日の日経平均は4営業日ぶりに反落。昨晩の米国株式市場で主要3指数が揃って上昇したものの、連日上昇していた反動から朝方の日経平均は小安く取引をスタートした。寄り付き後は、為替が1ドル=110円台半ばまで円安が進んだことを好感し、日経平均はプラスに転じ19,900円台を回復する場面が見られた。ただ、後場に入ってからは、戻り待ちの売りに押され日経平均は再びマイナスに転じた。大引けにかけては軟調に推移し、結局58円安の19,807円で本日の取引を終了した。


東証33業種中、上昇したのは7業種、下落したのは26業種であった。上昇率1位は石油・石炭製品、2位繊維製品、3位その他金融業。下落率1位は空運業、2位非鉄金属、3位精密機器。日経平均採用銘柄の上昇率1位は東レ、2位宇部興、3位古河電工。下落率1位は日清紡HD、2位三井金、3位東邦鉛であった。


物色面では、銅価格の下落を受けて三井金やDOWAなどの非鉄株が売られたほか、ドームや都競馬などのレジャー株が軟調に推移した。また、LINK&MやJACRなどの人材関連株が弱含んだ。個別では、ユニー・ファミマやコナカが年初来安値を更新したほか、昨日発表した決算が嫌気されたエニグモがストップ安となった。


半面、フェローテックやタツモ、保土谷などの有機EL関連株が買われたほか、原油上昇を受けて昭シェルや千代建などの石油関連株がしっかり。宇部興や東レなどの素材株の一角が強く、北朝鮮による地政学リスクの高まりから石川製や細谷火などの防衛関連株が大きく値を上げた。個別では、昨日引け後に発表した決算が好感されたHameeが急伸となったほか、日特エンジやマツモトキヨシが年初来高値を更新した。


値上がり銘柄数は683、値下がり銘柄数は1,231、変わらず114。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 
市場コメント 

2017年09月14日


本日は、
今週(9/11~9/13)勝ってる人”が
本日の前場に「買った株」、「売った株」。
20170914_今週(0911-0913)+

→本日の「勝ってる人」の定義はこちら


前場の「勝ってる人の買ってる株・売ってる株」は以下の通り。 

勝ってる人の買ってる株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買人数比率 前引け 前日比
1 3105 日清紡ホールディングス 東証1 57.1% 1390 -85
2 5986 モリテック スチール 東証1 51.8% 459 -61
3 3891 ニッポン高度紙工業 JQS 59.4% 2523 -97
4 4080 田中化学研究所 JQS 51.4% 2160 -240
5 6758 ソニー 東証1 100.0% 4255 -126


 
勝ってる人の売ってる株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買人数比率 前引け 前日比
1 4597 ソレイジア・ファーマ 東証M 46.3% 353 42
2 6618 大泉製作所 東証M 48.7% 1019 -109
3 5381 Mipox JQS 45.5% 721 -26
4 8704 トレイダーズホールディングス JQS 34.8% 201 26
5 7271 安永 東証1 47.6% 2874 -236



売買人数が拮抗している株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 前引け 前日比
1 8927 明豊エンタープライズ JQS 297 -16
2 3441 山王 JQS 1340 -174
3 2901 石垣食品 JQS 235 -16
4 6704 岩崎通信機 東証1 87 -1
5 3606 レナウン 東証1 202 -4




人気ブログランキングへ

okasan_online at 12:00コメント(0) 
勝ってる人の買ってる株・売ってる株 

2017年09月14日

日経平均株価「日中足」
20170914am

日経平均株価 19,873.62円(前日比+7.80円)
TOPIX 1,638.40(前日比+1.07)
出来高概算 8億3,866万株
売買代金概算 1兆947億円

前場の日経平均は4営業日続伸。昨晩の米国株式市場では主要3指数が史上最高値を更新したものの、連日の大幅上昇を受けて日経平均は4営業日ぶりに反落して取引を開始。前日の終値を挟んで売り買い交錯となった後は、為替が1ドル=110円台半ばまで円安に振れたことなどが支えとなり、19,900円台を回復する場面もみられた。ただ、前引けにかけては先物主導で値を下げる展開となり、結局7円高の19,873円で前場の取引を終えている。

東証33業種中、上昇したのは23業種、下落したのは10業種であった。上昇率1位は繊維製品、2位その他金融業、3位鉱業。下落率1位は非鉄金属、2位精密機器、3位海運業。日経平均採用銘柄の上昇率1位は東レ、2位宇部興、3位千代化工建。下落率1位は日清紡HD、2位三井金、3位東邦鉛であった。

物色面では、東レや旭化成などの素材株が堅調なほか、国際エネルギー機関が2017年の世界石油需要は高い伸びになるとの見方を示したことから国際帝石や昭和シェルなどの石油関連株もしっかり。また、保土谷やフェローテックなどの有機EL関連株も買われている。個別では、昨日引け後に発表した決算が好感され、ヤーマンがストップ高となっているほか、鳥貴族も大幅に上昇。また、光ファイバーの生産能力拡大計画が好感され古河電が続伸となっている。

半面、三井金や東邦鉛など非鉄株の一角や、三井不や菱地所などの不動産株が弱含んでいる。また、安永や田中化研などリチウムイオン電池関連株の一角が利益確定売りに押されている。個別では、国内証券による投資判断の引き下げが嫌気され東ソーが5営業日ぶりに反落となっている。

値上がり銘柄数は918、値下がり銘柄数は984、変わらず126。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
プロフィール
石黒 洋一(いしぐろ よういち)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部 次長

石黒洋一

【経歴】
1993年早稲田大学社会科学部卒業後、城南信用金庫、もしもしホットライン(現リライアコミュニケーション)を経て、2006年に岡三オンライン証券入社。

売買データや株価データ等を活用し、個人投資家の投資動向を絡めた独自の投資情報を発信。
twitter