2010年04月14日

今回はとりあえず列挙しておきます。
解説は後日少しずつ行う予定です。
 
ほとんどの投資家がたどる投資分析のロード
(1)ファンダメンタルズ分析
  ↓
(2)テクニカル分析
  ↓
(3)心理分析
 
株取引のポイント
(1)タイミング
(2)資金管理
(3)感情の制御
 
トレードに適した心構え
(1)何事も起こり得る
(2)利益を出すために次に何が起こるかを知る必要はない
(3)優位性を明確にする一定の可変要素には、勝ち負けがランダムに分布する
(4)優位性があるとは可能性が比較的高いことを示しているにすぎない
(5)マーケットはどの瞬間も唯一のものである

投資家とマーケットの関係
(1)投資家はマーケットを動かすことは出来ない。
(2)投資家がマーケットの動きに合わせる必要がある。
(3)マーケットは敵でもなければ味方でもない。
(4)マーケットが動くことによって投資家はチャンスを与られている。

規律とトレーダー
(1)自己規律
(2)心のコントロール
(3)相場の流れに乗る

利益と損失について
(1)損失に対する恐怖心をなくし、損失を受け入れる方法を学ぶ
(2)ロスカットは損失ではない、投資を続けるためのコストである。
(3)一回のトレードには無限大の利益と損失の可能性がある。

優れた投資家に備わっているもの
(1)冷静な観察力
(2)明晰な記憶力
(3)優れた計数能力
(4)独自の体験
 
戦略トレード
(1)毎日のトレード戦略を立てる
(2)大きな外的要因が無い限りはその戦略に従う
(3)戦略は決め打ちせずにかなり柔軟に立てる
(4)戦略がはずれたらロスカットで対応する
(5)細かな要因に一喜一憂しているとエントリー出来ない
 
投資行動のフローチャート
(1)チャートから心理を読み取る
(2)仮説を立てる
(3)出来る限り検証する
(4)有効性があれば仮説通りにトレードする
(5)外れればロスカット、当たれば分割利食い
 
対トレード恐怖症
(1)当てようとしないこと、期待しないこと
(2)うまくやろうと大それたことを考えないこと
(3)次を知ろうとしないこと
(4)ポジションを持ったら、腹をくくる
(5)ロスカットラインに来たら切る。巡行したらついて行く
(6)金を稼ぐには金を使わねばならない
 
相場に対する心構え
ポジションが儲かる方向に向かうと期待するな。
ポジションが損する方向に向かうと恐れるな。
 
「買い」に入るのに高すぎることはない。
「空売り」をするのに安すぎることはない。
 
行動を起こさないのは行動を起こすよりも危険である
見ているだけでは収益は生まれない
エントリーしなければ何も始まらない
 
株式投資は技である
 
トレーダーの7つのルール
(1)恐怖を克服せよ
(2)柔軟でありつづけよ
(3)筋の通ったリスクをとれ
(4)はずれに備えよ
(5)積極的に現実を求めよ
(6)変化にすばやく対応せよ
(7)結果ではなく決断に集中せよ
 
(1)恐怖を克服せよ
恐怖は意志決定のプロセスを妨げ、リスクを全く取らないように仕向けるきらいがある。恐怖を手の内に入れて、必要とあれば決然と行動する必要がある。
 
(2)柔軟でありつづけよ
将来、何が起こるかは分からない。このような時の最良の選択は、何にでも対応できるようにしておくことである。
 
(3)筋の通ったリスクを取れ
ギャンブルのような愚かなリスクを取るな。筋の通ったリスクとは経験に基づいた推測に近いものである。
 
(4)はずれに備えよ
最終的に重要なことは勝ち負けの総額(トータル的な効果)であって、勝率ではない。はずれることもあると知ったうえで、冷静に判断を下す必要がある。

(5)積極的に現実を求めよ
現実の構図を正確に描くことが、何にも増して重要である。現実に意識を集中することで、自分に都合の良い世界のみを思い描く愚に陥ることが避けられる。
 
(6)変化にすばやく対応せよ
現実が自分の望みと異なるときや不確実な未来が思いがけないものをもたらしそうなとき、自分の方から働きかけるべきである。そうすることで、以後も続く不確実性の影響をゼロにすることが出来る。
 
(7)結果ではなく決断に集中せよ
不確実性のもとでなされた決断の誤りが持つ意味について理解するべきである。必ずしも優れたアイデアが優れた結果となる訳ではない。不確実性の存在そのものが、人は時として間違いを犯すという真理を支えている。

各種資料等から岡三オンライン証券作成



okasan_online at 18:24コメント(0) 
投資情報-投資心理 

2010年04月13日

為替と株価についてはかなりの連動性があるといわれています。つまり、、、

と解説しようと思ったのですが、既に個人投資家の間でFX(為替証拠金取引=当社でも取り扱っています)は人気があるので、いまさら円高や円安に関する説明はもう不要かな?と思ったので円安メリット企業円高メリット企業を為替感応度順に並べたコード番号を公開します。ただ、今回のランキングに利用した指数は為替感応度です。これは日足データを使った株価と円ドルのβ値です。


β値は今後も出てくるので、少し解説をしておきます。

β値=1.0の意味は、為替が10%上昇(円安)した場合、株価も同様に10%上昇していたことを意味します。

β値=0.0
なら何の関係もなし

β値=-1.0なら全く逆に動いたということです。

β値=2.0
は為替10%上昇に対して株価は2倍の20%上昇していたことを意味します。

当然のことながら過去データの分析ですので、将来も同じ関係が継続する保証はありません通常はそれほど大きな変化はないと思います。
因みに、岡三ネットトレーダーの株価ボードにTOPIXのβ値が表示されています。

対TOPIX

為替が円安に動いているときは、為替感応度プラスの上位100銘柄(β値がプラス)

Enyasu.txt 円安関連

為替が円高に動いているときは、為替感応度マイナスの上位100銘柄(β値がマイナス)

Endaka.txt 円高関連

をリストに登録して監視してみると良いと思います



okasan_online at 12:49コメント(2) 
投資情報-ファンダメンタルズ 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
プロフィール
石黒 洋一(いしぐろ よういち)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部 次長

石黒洋一

【経歴】
1993年早稲田大学社会科学部卒業後、城南信用金庫、もしもしホットライン(現リライアコミュニケーション)を経て、2006年に岡三オンライン証券入社。

売買データや株価データ等を活用し、個人投資家の投資動向を絡めた独自の投資情報を発信。
twitter