2017年10月20日

2017年10月20日
日経平均が2万円を回復してから昨日まで(9/19-10/19)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

2017年10月19日
日経平均が2万円を回復してから昨日まで(9/19-10/18)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

2017年10月18日
日経平均が2万円を回復してから昨日まで(9/19-10/17)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

2017年10月17日
日経平均が2万円を回復してから昨日まで(9/19-10/16)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

2017年10月16日
日経平均が2万円を回復してから昨日まで(9/19-10/13)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

2017年10月13日
日経平均が2万円を回復してから昨日まで(9/19-10/12)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

日経平均が2万円を回復してから昨日まで(9/19-10/11)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

日経平均が2万円を回復してから昨日まで(9/19-10/10)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

日経平均が2万円を回復してから(9/19-10/6)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

日経平均が2万円を回復してから昨日まで(9/19-10/5)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

日経平均が2万円を回復してから昨日まで(9/19-10/4)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

日経平均が急上昇(4/17-5/8)した時に、当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

先月(9月)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

先月(9月)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

前回の急上昇後のもみ合い相場(5/9-5/17)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

円安局面(4/17~5/10)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

9月(9/1~9/26)の当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

円高局面(7/11~9/8)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

日経平均急騰時(4/17~5/8)に当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

日経平均急騰時(4/17~5/8)に当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

日経平均急騰時(4/17~5/8)に当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

日経平均急騰時(4/17~5/8)に当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

9月(9/1~9/15)の当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

9月(9/1~9/14)の当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

今週(9/11~9/13)、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

日経平均が上昇(8/29~9/1)した時に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

日経平均が上昇(8/29~9/1)した時に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

日経平均が上昇(8/29~9/1)した時に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

今週(9/4~9/7)昨日までの当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

2017年9月7日
先週の日経平均上昇局面(8/29~9/1)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

日経平均VIが急上昇(8/9~8/14)した時に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

日経平均VIが急上昇(8/9~8/14)した時に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

8月(8/1~8/31)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

8月(8/1~8/31)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

円安局面(4/17~5/10)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

8月(8/1~8/29)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

円高局面(3/10~4/17)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

先週(8/21~8/25)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

円高局面(3/10~4/17)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

円高局面(3/10~4/17)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

8月(8/1~8/22)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

円高局面(3/10~4/17)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

円高局面(5/11~6/14)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

日経平均VIが上昇(3/21~4/13)した時に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

8月(8/1~8/16)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

レンジ内での円安局面(2017/6/14-7/10)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

レンジ内での円安局面(2017/6/14-7/10)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

窓を空けて下落してから底を打つ直前(2017/3/22-4/14)までに当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

高値20,318円を付けてから昨日(2017/6/20~8/8)までの当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

高値20,318円を付けてから昨日(2017/6/20~8/8)までの当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

高値20,318円を付けてから昨日(2017/6/20~8/7)までの当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

昨年の8月(2016/8/1~8/31)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

先月(7/3~7/31)の当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

先月(7/3~7/31)の当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

先月(7/3~7/31)の当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

円高局面(5/11~6/6)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

先週(7/24~7/28)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

日経平均VIが下がっていった時(5/18~6/1)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

日経平均VIが下がっていった時(5/18~6/1)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

日経平均VIが下がっていった時(5/18~6/1)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

7月(7/3~7/24)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

7月(7/3~7/21)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

直近の円高局面(5/11~6/6)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

直近の円高局面(5/11~6/6)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

直近の円高局面(5/11~6/6)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

先週(7/10~7/14)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

7月(7/3~7/13)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

2万円を超えてから昨日(6/5~7/12)までのもみ合い相場で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

マザーズ指数の上昇局面(4/17~6/22)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

2万円を超えてから昨日(6/5~7/10)までのもみ合い相場で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

先週(7/3~7/7)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

7月(7/3~7/6)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

6月1日~7月5日(昨日)の間に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

相場下落時(2017/3/14-4/14)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

2017年7月4日
先月(6月)1カ月間において、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方


2017年7月3日
先月(6月)1カ月間において、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方


2017年6月30日
本日(6/30)と同様に、上昇基調のレンジ相場がしばらく続いたのち、大きくギャップを空けた日(3/22)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方


2017年6月29日
2万円を超えてから昨日(6/5~6/28)までのもみ合い相場で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方


2017年6月28日
2万円を超えてから昨日(6/5~6/27)までのもみ合い相場で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方


2017年6月27日
高値(20,318.11円)を付けた日から昨日まで(2017/6/20~6/26)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方


2017年6月26日
ボックス相場(2017/1/5-3/21)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

ボックス相場(2017/1/5-3/21)で、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

V字回復時(2017/3/14-5/11)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

相場急騰時(2017/4/17-5/11)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

相場下落時(2017/3/14-4/14)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

直近の相場急上昇後の調整・もみ合い時(2017/5/9-5/31)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスの方

直近の相場急上昇後の調整・もみ合い時(2017/5/9-5/31)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスの方

当社で、直近の相場急上昇後の調整・もみ合い時(2017/5/9-5/31)に株式取引の決済損益の合計がプラスの方

当社で、前月の応当日から前日までにおける株式取引の決済損益の合計がプラスの方



okasan_online at 09:25コメント(0) 
本日の「勝ってる人」の定義はこういう人 | 勝ってる人の買ってる株・売ってる株

2017年10月20日


>>>本日の「勝ってる人の買ってる株・売ってる株」の定義(アーカイブ)

2017年10月20日

勝ってる人日経平均が2万円を回復してから昨日まで(9/19-10/19)の当社での株式取引の決済損益合計がプラスだった方

20171020_日経平均2万円上抜け

買ってる株 勝ってる人たちの買ってる銘柄の中で、勝ってる人たちの売買代金の買比率が50%以上の銘柄
     ↓
勝ってる人たちの買ってる銘柄の中で、勝ってる人たちの買人数比率(※)が51%以上の銘柄
売ってる株 勝ってる人たちの売ってる銘柄の中で、勝ってる人たちの売買代金の買比率が50%未満の銘柄
     ↓
勝ってる人たちの売ってる銘柄の中で、勝ってる人たちの買人数比率が49%以下の銘柄
売買人数が拮抗してる株 勝ってる人たちの買人数比率が49%超、51%未満の売り買い人数が拮抗している銘柄

※買人数比率・・・買ってる人数÷(買ってる人数+売ってる人数)
 


okasan_online at 09:00コメント(0) 
勝ってる人の買ってる株・売ってる株 | 本日の「勝ってる人」の定義はこういう人

2017年10月20日

10/19
NYダウ 23,163.04(前日比+5.44)
S&P500 2,562.10(前日比+0.84)
ナスダック 6,605.07(前日比-19.15)
英FT100 7,523.04(前日比-19.83)
独DAX 12,990.10(前日比-52.93)
日経225先物(円建て) 21,335.00(前日比-135.00)

<海外市場動向>
主要3指数まちまち。スペイン政府とカタルーニャ自治州政府との対立が先鋭化したことや、連日の高値更新の動きから、朝方は利益確定売りの動きが強まった。また、iPhone8の需要がさえないと伝えられたアップルや関連銘柄が売られたことも全体相場の重しとなった。その後一段安となり、NYダウの下げ幅は一時100ドルを上回る場面があった。売り一巡後は原油安などが向かい風となったものの、公益やヘルスケア、電気通信セクターなどに買いが向かい、全体相場はジリジリと値を戻す展開に。朝方は大きく売られていた金融セクターもプラス圏に浮上する動きとなった。主要3指数は取引終盤にも下げ幅を縮小させ、最終的にNYダウとS&P500指数はプラス圏に浮上して取引を終了。高値更新となった。一方で、テクノロジーセクターが売られナスダック指数は反落となった。

20171020am

<日本株動向>
本日の日本株相場は為替市場で円安基調に一服感が見られていることから、朝方こそ売り先行でスタートしよう。ただ週末に選挙を控えていることから様子見気分も強まりやすいが、下げたところでは9月29日から止まっている日銀砲が支えとなるだろう。引け値ベースとしては、日経平均は1960年12月21日~61年1月11日に記録した14連騰の歴代1位のタイ記録に並ぶとみる。来週からは3月期決算企業の決算発表が本格化するが、前哨戦の2・8月期決算発表では、良好な内容でも材料出尽くしとして売られた銘柄が散見されている。今後は警戒感から決算発表前に手控えムードが広がる可能性もあろう。楽観論が市場では増えつつあるが、チャート上では十字線が示現しており、わずかなシグナルにも目配りが必要だ。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2017年10月19日




上のリンク先の定義の元に、本日の増やした人の条件は以下です。
本日の
増やした人
の条件 
算定期間(※)の資産増加率が、同期間における日経平均の上昇率+24.16%を上回るパフォーマンスをあげた方

※2016/11/9~2017/6/2(終値ベースで、米大統領選の結果を受けて2016年11月9日に日経平均が急落した日から2万円を超えた日まで)

20170614_買い増し


買い増した株(10月19日)
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買い増し人数割合 終値 前日比
1 1552 VIX短期先物指数 東証E 61.7% 12460 80
2 5986 モリテック スチール 東証1 64.8% 618 -46
3 6178 日本郵政 東証1 9.7% 1299 -1
4 5721 エス・サイエンス 東証1 32.1% 80 0
5 4591 リボミック 東証M 41.5% 529 -6
6 4666 パーク24 東証1 14.6% 2643 -31
7 6727 ワコム 東証1 9.6% 494 -4
8 2411 ゲンダイエージェンシー JQS 40.0% 551 -2
9 3679 じげん 東証M 42.4% 1439 -21
10 9707 ユニマットRC JQS 87.5% 1218 -3

※(増やした人のうち)買い増した人数÷該当銘柄を保有している人数


→10月19日(大引け)勝ってる人の買ってる株・売ってる株はこちら



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:45コメント(0) 
増やした人の買い増した株 

2017年10月19日


本日は、
“日経平均が2万円を回復してから昨日まで(9/19-10/18)勝ってる人”が、
本日の前場に「買った株」、「売った株」。
20171019_日経平均2万円上抜け

→本日の「勝ってる人」の定義はこちら


本日の「勝ってる人の買ってる株・売ってる株」は以下の通り。 

勝ってる人の買ってる株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買人数比率 終値 前日比
1 6938 双信電機 東証1 52.6% 792 -71
2 6203 豊和工業 東証1 52.1% 2235 35
3 2464 ビジネス・ブレークスルー 東証1 55.0% 562 18
4 3667 enish 東証1 60.6% 2110 -150
5 1357日経平均ダブルインバース 東証E 69.2% 1467 -9
6 6955 FDK 東証2 57.1% 310 0
7 7928 旭化学工業 JQS 52.0% 865 150
8 8918 ランド 東証1 61.1% 16 0
9 4666 パーク24 東証1 90.9% 2643 -31
10 7211 三菱自動車工業 東証1 71.4% 891 -7


 
勝ってる人の売ってる株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買人数比率 終値 前日比
1 5406 神戸製鋼所 東証1 42.3% 882 55
2 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証1 40.8% 733.8 7.9
3 4080 田中化学研究所 JQS 48.0% 2825 -10
4 3909 ショーケース・ティービー 東証1 46.5% 1592 -40
5 6400 不二精機 JQS 36.4% 318 -20
6 3935 エディア 東証M 42.4% 1570 -178
7 1570 日経平均レバレッジ 東証E 43.8% 18530 140
8 7201 日産自動車 東証1 26.1% 1096 9
9 7980 重松製作所 JQS 44.4% 1520 250
10 6495 宮入バルブ製作所 東証2 48.3% 176 46



売買人数が拮抗している株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 終値 前日比
1 7727 オーバル 東証1 397 46
2 6629 テクノホライゾン・ホールディングス JQS 344 -6
3 6555 MS&Consulting 東証M
1335 45
4 6327 北川精機 JQS 566 -19
5 8604 野村ホールディングス 東証1 660 3.1
6 3482 ロードスターキャピタル 東証M 3100 -150
7 7608 エスケイジャパン 東証1 368 -12
8 6632 JVCケンウッド 東証1 351 17
9 6380 オリエンタルチエン工業 東証2 132 -10
10 5355 日本坩堝 東証2 258 10




人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 
勝ってる人の買ってる株・売ってる株 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
プロフィール
石黒 洋一(いしぐろ よういち)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部 次長

石黒洋一

【経歴】
1993年早稲田大学社会科学部卒業後、城南信用金庫、もしもしホットライン(現リライアコミュニケーション)を経て、2006年に岡三オンライン証券入社。

売買データや株価データ等を活用し、個人投資家の投資動向を絡めた独自の投資情報を発信。
twitter