2010年07月14日

当社ではブラジル株式指数・ボベスパ連動型上場投信(ETF)を売買することができます。また、HSBCブラジルオープン(投資信託)を購入可能です。
ブラジルは資源が豊富なうえ、ワールドカップ、オリンピックの開催予定地です。今後インフラ投資を含めて成長が期待できる市場の一つといえます。たまには、今後成長が期待できる外国株式に中長期投資をするのはいかがでしょうか?特に、ETFの場合は個別銘柄と同様にチャート分析はもちろん、通常の株式と同じように売買可能です。

ブラジル経済の基礎知識(岡三証券経済調査部より抜粋)

(1)ブラジルのポテンシャル
・豊富な資源(多くのエネルギー、穀物、鉱物を産出する)
1.エネルギー・・・石油、エタノール(サトウキビ)
2.穀物・・・大豆、とうもろこし
3.鉱物・・・鉄鉱石、ニオブ、マンガン
・多様性に富んだ製造業
ブラジルは資源国でありながら製造業の名目GDPシェアが高い
エンブラエル社の航空機をはじめ、自動車、自動車部品、エンジン、発電機、衣類・履物など産業は多様性に富む
・人口ピラミッドから見込まれる長期間の人口増加
ブラジルの人口ピラミッドは10代、20代の若年層が充実している
これは将来の労働人口、消費人口の拡大を意味していよう

(2)2014年ワールドカップ、2016年オリンピック 経済成長加速化計画第2弾『PAC2』
・ワールドカップ、オリンピックの開催が決定
 →インフラ整備、治安改善、都市再開発などが急務に
政府は経済成長加速化計画第2弾『PAC2』を提唱
・PAC2の投資額
2011~2014年で9,550億レアル、2014年以降で6,314億レアル
 →合計15,864億レアル
インフラ整備
道路(504億レアル)、鉄道(460億レアル)、空港(30億レアル)
『プレソルト油田開発』
投資額は1,257億レアル
ブラジルは石油自給率100%を達成しており、将来は石油輸出国としての存在感を高めることが期待される
『マイホーム・マイライフ』
低中所得層向け住宅支援策、投資額は717億レアル
ブラジル財務省はPAC2対象期間(2011~2014年)は平均GDP成長率5.5%を見込む
・ワールドカップの経済効果(FGV、会計監査法人アーンスト・アンド・ヤング共同調査より)
2010~2014年の5年間で
総投資額1,423億9,000万レアル
GDP押し上げ効果645億レアル

(3)高まる国際的信用力
・信用格付け
主要格付け会社3社(S&P、ムーディーズ、フィッチ)のすべてがブラジルの長期債格付けに投資適格水準を付与している(2010年7月14日現在)
・財政収支
1998年『財政安定化プログラム』、2000年『財政責任法』により、ブラジルの財政は改善(プライマリー収支は黒字)
2009年度の財政は景気対策と税収減により、財政赤字は拡大したがGDP比3.3%と健全なレベルを維持

(4)今後のブラジル経済
2010年のブラジル経済は以下の理由から高成長軌道回復へ
・個人消費の拡大
・民間企業の設備投資加速
・資源価格上昇による輸出の増加
・ワールドカップ、オリンピックに向けたインフラ投資の積極化

2010年の実質GDP成長率は6%を上回る可能性があろう

その他、ブラジル株式の解説などはログイン後の岡三投資情報一覧にあります。
以下はその一部のご紹介です。
ブラジル2014年ワールドカップの経済効果とは



okasan_online at 18:30コメント(0) 
投資情報-ファンダメンタルズ 

2010年07月13日

一般的には、業績上方修正のような好材料が出ると株価は上昇するのですが、ニュースが出たにもかかわらず、株価が下げ始めることがあります。このように期待に添わない状態のことを「織り込み済み」と表現する場合があります。

それでは、「織り込み済み」かどうかを見分ける方法は何でしょうか。単純にいえば、好材料で株価が上がらない、悪材料で株価が下がらないということですが、材料が出たときの株価トレンドと株価位置もかなり重要な要素となります。

株価は投資家が常に先読みすることから、ファンダメンタルズよりも先行して動く場合が多いといわれています。株価が上昇トレンドにある場合、現在の好業績の延長線上にファンダメンタルズを見据えていることになるのです。つまり、上昇トレンドにあるということは、将来の成長を予想して、その後出てくるであろう好業績などを含めて株価が形成されているのです。従って、予想通りの好業績が出てきた位では株価は上昇トレンドを維持することは難しく、逆に下がりだす可能性さえあるのです。

過去、上昇している株価を支え、さらに上昇させるために、新しい材料を出し続けた企業がありましたが、株価が上昇すれば上昇するほど、さらにインパクトのある材料を出し続ける必要があることから、徐々に株価は上昇トレンドを維持できなくなりました。この状態になったら確実に「織り込み済み」ということになると思います。また、上昇しないだけでなく、下降し始める場合もあります。特に、長期間株価が上昇トレンドに乗り、右肩上がりのチャートを作っているときに、出来高がやや細ったころあいに好材料が出ると、下げることがあるのです。逆に、株価が下げトレンドから徐々に下げにくくなったときに悪材料が出ても上昇する場合があります。

このように、株価は永遠と上がり続けたり、下がり続けたりすることはなく、ある程度の波動をもって動くものです。その波動が始まる転換点では「織り込み済み」となる可能性が強いのです。つまり、材料に株価が逆に反応する場合は間違いなくその材料を株価が織り込んでいることになるのです。このような状態となった場合、相場の転換点となることが多いといわれており、トレンドが大きく変わる可能性が大きいと思われます。材料に対する株価の反応によって、「織り込み済み」か判断し、その後のトレンドを見極めることができれば、スイング投資や中期投資に有効な手法だと思います。

okasan_online at 18:30コメント(0) 
投資情報-ファンダメンタルズ 

2010年07月12日

「休むも相場」というのは、もちろん株式投資の格言です。 この「休むも相場」とは、常に売買しているのではなく、相場が読めないときには、売買をやめて休むことが相場で勝つためには必要であるということを言っています。一般的に、個人投資家は機関投資家や専門のディーラーのように常に売買する必要はありません。このことが、個人投資家が機関投資家より優位に立てる要因の一つだといっている人もいます。

それでは本当に「休むも相場」は正しいのでしょうか?これはある意味では正しいのですが、ある意味では正しいといえない部分があります。例えば、相場で大きく負けた場合、その要因が自分のトレードシステムを守れなかったことに起因しており、そのことで精神的に落ち込んだり、逆に熱くなったりしているときは一旦休むほうが良いと思われます。また、体調が悪かったり、さまざまな要因で精神的にまいっているときなども休むほうが得策です。自分で決めて定期的に休むことも精神的な疲れを癒すのには良いことだと思います。

一方、相場の先行きが不透明なので、ここでは「休むも相場」だからトレードしないという場合は、単に「休むも相場」を言い訳にしているだけかもしれません。ファンダメンタル分析を行い、テクニカル分析もチェックし、タイミングとしてはここはエントリータイミングだと思ったとしても、必ず儲かるわけではありません。ファンダメンタルズ分析に漏れがあるかもしれませんし、テクニカル分析は期間やパラメータを変えればその結論はどのようにでも変わってしまいます。自分が考えていたストーリーや材料も市場はすでに織り込み済みかもしれません。このように考えたら実はきりがないのです。「休むも相場」で言いわけをするくらいなら、まず行動することのほうが重要です。トレードなどの勝負事にとって躊躇することは何のプラスにもなりません。

相場で行動するということはもちろんポジションを取ることです。しかし、100%の結果を求めれば「休むも相場」を言いわけにしてトレードを先送りにしてしまうリスクがあります。これまでも解説してきたように、資金管理とロスカットをしっかりと行えば、先が読めない相場でトレードを続けたとしても、再起不能になるようなひどいことにはならないと思います。ましてやエッジ(優位性)のある戦略でトレードすれば、確率の大数の法則が効いてくるはずです。

投資は命の次に大事なお金をリスクにさらすという意味では精神的な負担が大きいことも事実です。ただ、いくら真剣勝負だといっても、昔の武士のように命をとられるわけではありません。スポーツ選手のように故障やケガを気にする必要もありません。投資に必要なものは、資金と自分の頭です。資金はトレードシステムを堅持することで守り、そして増やすことができる可能性があります。そして頭は使っても減らないどこころか、むしろ使えば使うほど活性化する可能性すらあります。迷って「休むも相場」をとなえるくらいなら、迷わず一歩踏み込んでポジションを取るほうが100倍効果があると思います。

okasan_online at 18:41コメント(0) 
投資情報-投資心理 

2010年07月09日

よく相場コメントでこのようなものがあります。「相場は一時的に調整局面入りしているが、これは今後発表される重要な経済指標などを見極めたいとするムードがあったからと考えられる」このとき、相場に大きな影響を及ぼす可能性が大きい経済指標があるとして、いったい何を見極めたいのでしょうか?

経済指標が予想よりも(1)良かった場合、(2)悪かった場合、(3)ほぼ予想通りだった場合で考えてみましょう。

(1)良かった場合は株価が上昇するのでしょうが、一般的にその情報を受け取るのは、個人投資家は最後のほうになることが想定されます。さらに、その指標を分析しなければならないのですが、この能力は機関投資家の方が格段に上でしょう。結局、経済指標の結果が良く、株価が上昇したとしても個人投資家が「買い」を入れようと判断したときは、すでに株価は上がりきっている可能性の方が大きいと思われます。

(2)悪かった場合は株価が下落すると思われますが、良かった場合と同じように、売りで儲けることができる部分はかなり少ないかもしれません。そもそも、売りができる個人投資家の比率は低いので、売りで利益を上げることができる個人投資家は限られます。

(3)ほぼ予想通りだった場合は株価は動かないのでしょうから、もともと見極める必要はなかった経済指標だったことになります。

結局、見極めてもあまり意味が無いものを見極めたいとして相場が調整局面にある理由のひとつとして挙げているだけではないでしょうか?

それでは、このように見極めるべき経済指標などのファンダメンタルズを考えないテクニカル分析はどうでしょうか?テクニカル分析はファンダメンタルズ分析よりも見極める必要がないことから、有効性が高いのでしょうか?実は、テクニカル分析も「見極めている」のです。

一般的に相場で利益を上げるには、方向性が確認されてから動いたほうが良く、思いつきや思い込みによって売り買いしてはならないといわれています。トレンドを確認してそのトレンドに沿ったトレードをする必要性はあるのですが、方向が確認されてから動いても遅い場合も多々あることは事実です。トレンド系の移動平均線において、短期線が中長期線を上回ったとき(いわゆるゴールデンクロス)買い指示を出すのが一般的です。また、オシレーター系も売られすぎゾーンに突入したときはまだ早すぎであり、売られすぎゾーンから買われすぎゾーンに入っていく手前で買いをしないと非常に多くの「ダマシ」に会う可能性が高くなります。これらテクニカル分析を期間を短くするとだましに会う確率がさらに高くなり、往復ビンタを食らうこともまれではありません。

逆に期間を長く取ると買い指示が出たときはすでにトレンドが反転しており利益が非常に少ない場合も多々あります。結局、テクニカル分析で方向を見極めることができたときはすでに方向が反転する時期になる可能性も捨てきれません。つまり、見極めては遅すぎるし、見極める前に動くと早すぎてダマシに会う確率が上昇するのです。

それでは投資家はどうすれば良いのでしょうか?できるだけエッジ(優位性)がある分析手法(ファンダメンタルズでもテクニカルでもかまいません)を選択し、その手法に忠実に従う必要があります。もちろん、100%の手法などは存在しないので、エントリーしたらロスカットを確実に入れる必要があります。投資はポジションを取らなければ何もスタートしません。リスクは避けるものではなく、しっかりと管理するものだと思います。

okasan_online at 19:00コメント(0) 
投資情報-投資心理 

2010年07月08日

マーケット情報の中から業種別指数画面を紹介します。このような情報は他の情報ツールでも見ることが出来ると思いますが、見易さと使い勝手はかなり良いと思います。特に、業種の動きから個別銘柄の選択をする場合に有効だと思います。

投資情報→マーケット情報→業種別指数(タグ)を選択します。

業種別1

この業種別情報が見やすい一番の理由は前日比率(騰落率)ごとに色分けされており、上昇率の高さによって赤色の濃淡が変わる設定になっています。同様に下落率は緑色となっており、一目で業種ごとの当落状況を把握することができます。さらに、その業種に属する個別銘柄を-∞、-10%、-5%、-2%、0%、2%、5%、10%、∞ごとに銘柄数の分布を表示しています。

業種別2

例えば、上の例では業種指数としてはほぼ全般的に高く、中でも「石油・石炭製品」の騰落率が非常に高い(実際の数字は前日比4.43%)ことが分かります。また業種別のうち「水産・農林業」は銘柄数が全部で5銘柄、そのうち0%(変わらず)が1銘柄、≦2%(0%より大きく2%以下)が3銘柄、≦5%(2%より大きく5%以下)が1銘柄となっていることが分かります。また、全体的には圧倒的に赤色が多いことから相場全体が大きく上昇していることが分かります。この日はほぼ全面高なので業種ごとの特徴は少ないのですが、日によってはこの差が大きく分かる日もあります。

また、右のランキングがクリックした業種の値上り値下りの率や幅の上位下位、出来高や売買代金などが50位まで表示されます。また、対象銘柄すべてを表示することも可能となっています。また、コードや前日比(率)をクリックすると上昇下降ランキングも表示可能となっています。

業種は東証33業種だけでなく、TOPIX-17や業種別(全銘柄)を選択することが可能です。業種別は業種だけでなく規模の選択も可能です。さらに、業種表の下に、選択したその業種のチャートが表示されています。チャートの期間は日足、週足、月足の指定が可能です。

業種別3

また、これまで紹介したデータはすべてCSV出力することができます。つまり、すべてのデータはEXCELなどの表計算アプリケーションに転送することができるので、EXCELを使ってさまざまな分析をすることができます。

使い方としては、上昇している業種の中で一番手の銘柄だけではなく、2番手3番手の銘柄がその後1番手銘柄に引っ張られて動くことが良くあるので、このような動きを狙ってみたり、業種全体が上昇しているのに逆に下落している銘柄があったら業績を確認して監視銘柄としてフォローするなどの方法があります。

okasan_online at 18:54コメント(0) 
岡三ネットトレーダー マーケット情報 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter