2010年09月08日

 人間の感情の中に破壊衝動というものがあるようです。そういえば、子供がものを壊すことは、より本能に近い感情に左右されているようにも思います。また、通常の社会生活において抑圧されている場合にそれを発散させる意味でパイ投げや皿割りなどの破壊的衝動(といってもこのくらいなら可愛いものだとは思いますが)に対して、快感をえる場合もあるようです。

 投資において、もちろん感情は重要です。特に、株式投資においてポジションを保有すれば即座にさまざまな感情が生まれます。利益が出れば出たで嬉しい感情が生まれると思いますが、その利益を失くしたくないという感情も出てくるはずです。一方、損失が出ている場合のマイナスの感情はかなり厳しいものがあります。命の次に大事だといわれている自分のお金が減るプレッシャーはかなり大きなものになると思います。

 このとき、最初からロスカット水準を決めておき、その通りに実行できれば、ロスカット後はこのプレッシャーから開放されるのですが、一般的な投資家はそれらのプレッシャーから逃れたい欲求をロスカットではなくナンピンによって満足させようとする場合が多いようです。実際に損失を確定させ、自分の負けを認めたくない場合の最良の策はナンピンしてその状態をさらに先延ばしすることです。

 ロスカットができない場合、自分が上昇すると思って買った銘柄が下がり続けた場合の対処法はナンピンするかそのまま放置するかしかありません。特に、これまでナンピンでピンチを何度もその場をしのいできた投資家は資金が無くなるまで続けるしかありません。そして、含み損がさらに悪化して損切りができない状況になってしまったときに、自暴自棄的な感情になってしまうのではないでしょうか。そのときは「時すでに遅し」です。大負けして相場の世界から去らざるをえないときに、多くのトレーダーはこのような精神状態になってしまうようです。

 もし、たまたまナンピンでこれまで何とかなっていたとしても、ナンピンで切り抜けていた投資家は近い将来に破綻する可能性が非常に高いと思います。自暴自棄になって、相場から撤退せざるをえない状態になるまえにロスカットを実行するべきであり、自分のトレードルールを守る必要があります。

okasan_online at 20:09コメント(0) 
投資情報-投資心理 

2010年09月07日

 利益をだすトレーダーになるためにはさまざまな知識が必要です。大きく分類するだけでも商品知識、投資ルール、投資手法、ファンダメンタルズ、テクニカル、投資心理など多岐におよびます。例えば、商品を株式だけだと限定しても、ファンダメンタルズの中ではマクロ知識、ミクロ知識が必要となります。投資対象をどのように設定するかにもよりますが、全銘柄を対象とするなら世の中の全ての動きを知る必要があることになります。 しかし、これはたぶん不可能です。世の中の全ての動き、森羅万象を理解することを目標にすれば時間がいくらあっても足りません。専門家といわれるアナリストでさえ、ある特定の業種や銘柄群に絞っており、エコノミストもそれぞれの専門分野での解説をメインにしている場合が多いと思います。

 それでは、全てではないが、必要にして十分な知識を勉強して理解できたとして、利益を出すトレーダーになることができるのでしょうか。実は、トレードではわかっていてもできないことが多いのではないかと思われます。つまり、理解していることと実際できることのギャップがかなり大きいということです。一般的な初心者トレーダーは、特に大負けしたときに反省し、より多く勉強して、さらに知識や技術を増やそうとするはずです。しかし、実は最も理解しなければならないことは、知識や技術は知っているだけでは何の価値もないということです。知識や技術を使えるようにならなくては、知らないことと同じであり、使える知識が最も重要だということです。

 トレードでいえば、ストップロスは非常に大切であるとの認識はトレーダーなら誰でも知っている常識のようなものではないでしょうか。しかし、ストップロスを実行することがなかなかできないことであり、なおかつ何の感情の変化もなく実行することができるトレーダーは本当に一握りなのではないでしょうか。

 トレーダーは自分が知っている知識が何で、使える知識が何であるか、さらには必要でなおかつ使える知識をどれだけ持っているかを理解することが重要です。これが、初心者トレーダーから真のトレーダーへ進化するために必要な使える知識ではないでしょうか。そのなかには、トレードシステムや資金管理、そして最も重要な投資心理が含まれていると考えています。

okasan_online at 19:40コメント(0) 
投資情報-総合 

2010年09月06日

 今月は9月中間決算月です。会社によっては株主に対して配当のほかに製品やサービスを提供する「株主優待」を行なっている企業があります。企業が「株主優待」を実施するのは自社製品やサービスの知名度向上、個人株主の安定化などが理由となっているようです。個人投資家としてはこのチャンスを生かさない理由はありません。また、株主優待や配当の権利が確定する9月末(9月中間決算でも月末とは限らない場合もあります)に向けて株価が上昇するという傾向が見られる場合もありますので、9月中間決算銘柄の動きについては注視しておくと投資チャンスが生まれるかもしれません。

 岡三ネットトレーダーではプレミアムとスタンダードで株主優待を表示することが可能です。投資情報→株主優待で以下のような画面が表示できます。

yutai-1

 9月6日現在、9月で権利取りができる株主優待は銘柄数で283社、項目数で512項目(1社で数種類の優待がある場合があるため)にのぼります。3月本決算の560社、876項目には及びませんが、かなり多い月です。

 表示される内容はコード、銘柄、市場、最低投資金額、優待内容、優待内容詳細となっています。最低投資金額をクリックすると金額の小さい順、大きい順に並び替えることができるので、投資金額によってどのような優待がもらえるのかを一覧で確認できます。さらに、食料・飲料品などの優待内容(分類)から選ぶことも可能となっています。

 また、株主優待の右側に複合画面などを表示しておけば、株価ボードのように銘柄を選択してチャートや板情報などを表示することもできます。優待銘柄の6ヵ月、1年前の株価の動きはもちろん、本日の株価の動きなども順次表示できて非常に便利だと思います。

yutai-2

9月末に向けて、株主優待をしっかりチェックしておいてください。因みに、総ての情報はCSV形式で出力できるので、EXCELにデータを読み込んで分析することもできます。ただ、権利付最終売買日など配当や株主優待を受ける場合には注意することがありますので、当社のWebサイトやログイン後のお知らせなどで確認してください。

okasan_online at 20:00コメント(0) 
岡三ネットトレーダー 決算発表 

2010年09月03日

トレーダーは恐怖と戦わなくてはなりません。それもマーケットでは見えない敵と戦う必要があることがさらにその恐怖感を増しているのかもしれません。見えない敵に対しては力で対抗することができないうえ、見えない敵から逃げ出そうとしても避けることが非常に難しいのです。つまり、トレーダーとして直面する恐怖は目に見える敵よりも、目に見えない敵を含んでいることが重要なのです。その理由は人間の想像力が恐怖をさらに増幅する危険をはらんでいるからだと思います。

恐怖に打ち勝つ方法は、それに立ち向かうしかないのですが、恐怖の要因を分析し、理解することができればそれに打ち勝つことができる可能性が拡大するはずです。トレードを続ける限り恐怖がなくなることはないと思いますが、その恐怖の種類を分析できればそれに打ち勝つ手法も存在することになります。

単純に考えて、トレードにおける恐怖は「損失の恐怖」です。トレーダーがトレードを恐れるようになるのは損失が続いたり、大きな損失をしたときになる場合が多いはずです。いくらエッジ(優位性)のあるトレードシステムをつくり、それに従ったとしても連続して損失を被る可能性は存在します。このときに重要なポイントは資金管理を行なうことはもちろん、トレードで使うべきでない資金をトレードに入れないことです。もし、投機のために確保した資金であり、その資金がはじめからないものだと考えることができれば、恐怖の度合いはかなり低くなります。最初から、最悪の事態を想定し、どのような結果になってもそれに対する準備ができていれば恐怖をさけることができるはずです。

もうひとつ、実は「利益の恐怖」というのも存在します。一般的なトレードにおいて勝率よりもトータルの収益の方が重要です。そして、収益を出すトレードは全トレードの中でもかなり少ないトレードであるのです。つまり、大きな利益を出す確率は低いということです。ここで「利益の恐怖」が生まれてきます。自分が保有しているポジションがいざ利益となったときに、その利益が消えるのではないかと不安になるのです。そして、少しでも利益が減ってくると自分のシステムの指示に反して、少しの利益でトレードを手仕舞ってしまうのです。これが「利益の恐怖」というわけです。この恐怖に対する解決法としては自分のトレードシステムをしっかり守ることが重要ですが、分割決済も一つの解決策だと思います。分割決済とはポジションの半分はエントリーからコスト分を差し引いたレベルで一旦利食いを行い、残りのポジションは自分が決めた期間や水準まで保有し続ける方法です。少しでも利食っているので、精神的な負担が少ないのが特徴です。つまり、恐怖を感じる度合いが少ないということになります、また、トレーリングストップも恐怖が少ない手仕舞い方法だと思います。

恐怖を分析し、恐怖に対処し、恐怖に打ち勝つことが、今後もトレードを続けるためにはどうしても必要なことだと思います。


okasan_online at 23:02コメント(1) 
投資情報-投資心理 

2010年09月02日

どのようなトレードシステムを構築するのかに限らず、マーケットトレンドに追随する投資手法はかなりの確率で利益を得ることができるトレード手法だと思います。一般的に、株式などは長期トレンドが続く可能性が大きいといわれています。特に、中長期投資では数ヵ月もトレンドが続くことはあたりまえのように存在するようです。このトレンドのスタート時点でエントリーし、トレンドの頂点でエグジットできれば、その利益はかなり大きなものになることは十分に想像できます。

また、デイトレードやスイングトレードなどの短期投資(投機)においてもトレンドを捉えることは非常に重要です。投機の利益のほとんどはトレンドに従った利益から生まれているといった考え方もあるようです。

トレンドを重視するトレードの重要性はファンダメンタルズ分析を基にしたトレードにおいても、テクニカル分析を基にしたトレードにおいても認識されています。ファンダメンタルズ分析では企業業績や新商品、新技術などを分析し新しいトレンドが発生する可能性に対して投資を行なっていることになるのです。また、テクニカル分析において、チャートパターンを読み、「ブレイクアウト」や「三角持合い」、「三尊型」などをチェックするのも今後のトレンド変化を判断するためにおこなっているものと認識することができます。

ファンダメンタルズ分析であろうとテクニカル分析であろうと、利益を得る可能性があるパターン(いわゆるトレンド)を分離し、明確にするのが重要だということです。また、デイトレードなどの投機においてもトレンド判断をどうするかがポイントになります。

しかし、トレンドに従うトレードを行なうことは、実は最も難しいトレードになることを理解している投資家は非常に少ないようです。

トレンドを重視するということは、簡単にいえば、上昇トレンドで「買い」、下降トレンドで「売る」ということになります。つまり、上昇トレンドを確認し、「買い」エントリーをした後、さらに高い価格で「売る」ことになるわけです。これが実は難しいのです。上昇トレンドにおける最もよくある合理的行動の一つに「押し目買い」があるのですが、実は押し目では押し目をつくる理由があるはずですので、「押し目買い」もそう簡単ではありません。

投資家はトレードにおいてトレンドが重要であり、トレンドにのってトレードをすることが利益を拡大する可能性が高い投資手法であることは間違いないのですが、これを実行することが非常に難しいということも肝に銘じておくべきかもしれません。

okasan_online at 20:55コメント(0) 
投資情報-総合 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter