2012年11月27日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>


銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (8515) アイフル 東証 63%
2 (5401) 新日鐵住金 東証 50%
3 (5721) エス・サイエンス 大証 53%
4 (9101) 日本郵船 東証 36%
5 (6803) ティアック 東証 50%
6 (3103) ユニチカ 東証 45%
7 (6791) 日本コロムビア 東証 37%
8 (8202) ラオックス 東証 50%
9 (5406) 神戸製鋼所 東証 48%
10 (1821) 三井住友建設 東証 48%
11 (8013) ナイガイ 東証 57%
12 (9104) 商船三井 東証 40%
13 (5408) 中山製鋼所 東証 49%
14 (3529) アツギ 東証 47%
15 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証 45%
16 (5202) 日本板硝子 東証 45%
17 (7261) マツダ 東証 68%
18 (6472) NTN 東証 39%
19 (8562) 福島銀行 東証 50%
20 (6703) 沖電気工業 東証 53%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (8515) アイフル 東証 63%
2 (5401) 新日鐵住金 東証 50%
3 (9984) ソフトバンク 東証 65%
4 (6954) ファナック 東証 46%
5 (7751) キヤノン 東証 50%
6 (6273) SMC 東証 50%
7 (9503) 関西電力 東証 46%
8 (7203) トヨタ自動車 東証 50%
9 (7267) 本田技研工業 東証 48%
10 (9101) 日本郵船 東証 38%
11 (4502) 武田薬品工業 東証 50%
12 (8508) Jトラスト 大証 48%
13 (7259) アイシン精機 東証 48%
14 (4974) タカラバイオ 東証 50%
15 (6301) 小松製作所 東証 45%
16 (3046) ジェイアイエヌ JASDAQ 53%
17 (9104) 商船三井 東証 39%
18 (8053) 住友商事 東証 58%
19 (7974) 任天堂 大証 53%
20 (2191) テラ JASDAQ 46%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します




okasan_online at 07:43コメント(0) 
当社内ランキング 

2012年11月26日

20121126pm

日経平均株価 9,388.94円(前日比+22.14円)
TOPIX 779.50(前日比+3.07)
出来高概算 21億5,279万株
売買代金概算 1兆3,080億円

本日の日経平均は小幅続伸。後場に入ると、ギリシャ支援問題の協議を前にさらに様子見姿勢が広がり、こう着感の強い展開となった。大引けにかけては上げ幅を縮小する展開となり、日経平均は9400円台割れで本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位電気・ガス業、2位鉄鋼、3位証券・商品先物取引業となっている。下落した業種は1位石油・石炭製品動、2位不動産、3位保険業となっている。東証33業種中プラスは24業種、マイナスは9業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位東洋紡、2位中部電力、3位関西電力となっている。一方、下落率ランキングは1位NTN、2位JX、3位大日スクリンとなっている。
個別銘柄では、、円安でトヨタが年初来高値を更新するなど自動車株を中心に輸出関連株がしっかり。また、電気料金の引き上げで電力株が強いほか、iPS細胞関連でニプロが大幅高となった。一方、利益確定売りで不動産株が軟調なほか、ディフェンシブ銘柄が下落。格付け引き下げのソニーも売られた。
東証1部の値上がり銘柄数は987、値下がり銘柄数は564、変わらず140。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 17:13コメント(0) 
市場コメント 

2012年11月26日

20121126am

日経平均株価 9,425.06円(前日比+58.26円)
TOPIX 782.95(前日比+6.52)
出来高概算 12億3,785万株
売買代金概算 7,081億円

前場の日経平均は小幅続伸。朝方、9400円台を回復して取引をスタート後、幅広い銘柄に買いが集まったものの、前場中ごろからは利益確定の売りに押される展開となった。前引けにかけても利食い売りが続き、前場の安値圏で取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位電気・ガス業、2位鉄鋼、3位海運業となっている。下落した業種は1位不動産業、2位石油・石炭製品となっている。東証33業種中プラスは31業種、マイナスは2業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位板硝子、2位パイオニア、3位OKIとなっている。一方、下落率ランキングは1位東建物、2位コムシスHD、3位JXとなっている。
個別銘柄では、トヨタやみずほFGなどの景気敏感株がしっかりのほか、内需株の一角も買い戻しの動き。一方、不動産株や通信株の一部が軟調なうえ、格付け引き下げでソニーが売り優勢。
東証1部の値上がり銘柄数は1,165、値下がり銘柄数は378、変わらず143。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:25コメント(0) 
市場コメント 

2012年11月26日

<海外市場動向>

11/23
NYダウ 13009.68ドル(前日比+172.79ドル)
S&P500 1409.15(前日比 +18.12)
ナスダック 2966.85(前日比 +40.30)
英FT100 5819.14(前日比 +28.11)
独DAX 7309.13(前日比 +64.14)
日経225先物(円建) 9430円(+70円(大証比))

NYダウは大幅続伸。特段の材料はなかったものの、テクノロジーや素材、一般消費財セクターなどを中心に幅広い銘柄が買われた。正午頃までダウは120ドル高前後で推移していたが、引けにかけては一段高となり、ほぼ高値引け。

<日本株動向と戦略>
20121126ax

先週の日経平均は週間ベースで続伸。円相場が下落したことから、週初から上昇してスタートした。週末にかけても一段高となり、日経平均は約半年ぶりに9300円台を回復した。先週末の東証1部の売買代金は1兆1819億円と6営業日連続で1兆円超え。
今週の日経平均株価は円安基調持続を好感し、戻り相場が続きそうだ。今週の相場見通しについては、伊藤嘉洋の11/26週の見通しを参考にされたい。
外部環境は、国内の好転に続き、海外情勢も落ち着いてきていることから、日本株にはポジティブに働く可能性が強そうだ。特に、円安を背景に相場は強基調が続く公算大きく、売り方の買戻しなどにより、一段と上昇する可能性もありそうだ。不動産、金融、建設など主力株中心に引き続き買い方向でのトレードを心がけたい。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2012年11月26日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (5401) 新日鐵住金 東証 59%
2 (8515) アイフル 東証 50%
3 (8918) ランド 東証 43%
4 (6753) シャープ 東証 50%
5 (5721) エス・サイエンス 大証 45%
6 (6803) ティアック 東証 49%
7 (3103) ユニチカ 東証 59%
8 (6472) NTN 東証 42%
9 (8260) 井筒屋 東証 51%
10 (5202) 日本板硝子 東証 51%
11 (9101) 日本郵船 東証 59%
12 (5408) 中山製鋼所 東証 51%
13 (9107) 川崎汽船 東証 51%
14 (7261) マツダ 東証 40%
15 (5406) 神戸製鋼所 東証 46%
16 (5480) 日本冶金工業 東証 58%
17 (7211) 三菱自動車工業 東証 47%
18 (8585) オリエントコーポレーション 東証 52%
19 (8202) ラオックス 東証 50%
20 (8604) 野村ホールディングス 東証 68%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (8515) アイフル 東証 50%
2 (5401) 新日鐵住金 東証 59%
3 (6954) ファナック 東証 52%
4 (9984) ソフトバンク 東証 60%
5 (6753) シャープ 東証 50%
6 (2191) テラ JASDAQ 53%
7 (7751) キヤノン 東証 62%
8 (6981) 村田製作所 大証 48%
9 (2432) ディー・エヌ・エー 東証 49%
10 (9531) 東京瓦斯 東証 81%
11 (3046) ジェイアイエヌ JASDAQ 50%
12 (6256) ニューフレアテクノロジー JASDAQ 54%
13 (8604) 野村ホールディングス 東証 69%
14 (7203) トヨタ自動車 東証 38%
15 (4974) タカラバイオ 東証 51%
16 (7267) 本田技研工業 東証 36%
17 (6301) 小松製作所 東証 50%
18 (8053) 住友商事 東証 41%
19 (7270) 富士重工業 東証 49%
20 (6758) ソニー 東証 47%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 07:42コメント(0) 
当社内ランキング 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter