2010年07月06日

最近、iPad、iPhone4が大人気です。アップルストアでは発売前日となると、徹夜組を含めて長打の列ができ、TV、雑誌そしてネット上でも非常に話題になっています。製品自体のデザインを含めた魅力はもちろん、音楽、アプリケーション、書籍などをネットで安価に供給するビジネスモデルも良くできていると思います。

特に、iPadはこれまでパソコンが使えなかった人々が興味を持っており、これまでITリテラシー(元々、識字力のことで、今は大概「基本能力」という意味に使われる場合が多い)が低かった人々にも単純に指でタッチすることで使えるということから、今後は情報通信革命を多くの人が享受できる可能性を持った画期的な製品かもしれません。

ただ、私は現在息子のiPodTouchの音楽転送やバックアップ用のアプリケーションの同期をPCとiPodTouchで行っていますが、かなりPCを含めた知識がないと使いこなせないのではないかと思っています。たぶん、PCが苦手な人たちがiPadを使いこなすには、誰かがサポートしてあげないと無理な部分も多いようです。

iPadはさまざまな操作がアップル流となっているので、iPadを違和感なく使える人は、パソコンを使い慣れている人か、アップルを使っている人、もしくはiPodやiPhoneに慣れている人が中心であり、その他の人にはまだまだ使いづらい点があるように思います。また、iPadを評価する人たちもITリテラシーの高い人が多いので、一般の人に参考になるかどうかは疑問です。

もちろん、慣れれば問題はない部分も多いのですが、iTunesによる同期作業はかなり独特です。PCが無ければ同期できないうえ、同期にかなり時間がかかることも問題点の一つだと思います。また、個々のアプリケーションの使い方について親切に解説している部分は無いうえ、英語が基本であることも一般の人の敷居を高くしている要因ではないでしょうか。

このことは、当社の「岡三ネットトレーダー」についてもいえることですし、単純に投資情報についてもいえることかもしれません。当社のお客さまはオンライン証券でアクティブに株式投資をする方が多いので、ITリテラシーはもちろん、情報リテラシーについてもかなりの能力をお持ちの人が多いと思います。しかし、株式投資をされる方がすべてITリテラシーと情報リテラシーが高いとは思えません。「岡三ネットトレーダー」をどのように使ったら投資に役立つのか、どのような投資情報が本当に価値があるのかを判断することはかなりの知識と経験が必要です。そうした意味で、お客さまの投資リテラシー上昇に少しでもお手伝いできるのではないかとの考えから、当ブログを毎日更新していますので、今後ともよろしくお願いいたします。


okasan_online at 18:49コメント(0) 
投資情報-総合 

2010年07月05日

これまで何度かブレイクアウト法について紹介してきましたが、今回はこのブレイクアウト法を行う場合の注意点を挙げておきたいと思います。まず、ブレイクアウト法の基本ですが、上昇トレンドの場合、以前の山の高値を株価が抜いたときを買いポイントとし、下降トレンドの場合は以前の谷の安値を株価が割ったときを売りポイントとします。この高値安値をどの期間、どのポイントで取るかによってブレイクアウト法にはさまざまなバリエーションがありますが、基本は上値を抜いて上がっているので「買う」、下値を割って下がっているので「売る」というあきらかな順張り手法です。

一番重要なことは、かならず順張りで使うことです。逆張りで使うと反対に動く力が強い場合はすぐにもとに戻ってしまうからです。従って、短期トレンドが上昇なのか下降なのかをしっかりと認識して、上昇トレンドなら「買い」ブレイクアウト、下降トレンドなら「売り」ブレイクアウトを主力とします。レンジブレイクアウトの場合はそのレンジ内の高値と安値をブレイクアウトポイントとますが、その日1日のトレンドを考慮したブレイクアウト手法にした方が勝率は上昇します。

次に、ブレイクアウトでエントリーするときは、買いポイントの板が厚くなっており、その板を打ち破ったことを確かめて買いに入る方がその後のトレンド継続が期待できるので、板情報は良く見ておく必要があります。
さらに、ブレイクした後すぐにトレンドにのる場合ともみあう場合がありますが、板の状況を良く見ながら、もし下げだしたらすぐにロスカットをする必要があります。これも厳格に守るべきだと思います。

利食いに関しては、もともとブレイクアウト手法は「勝率は低いが大きな流れにのると収益を増大させることが出来る手法」なので、利食いは出来るだけ伸ばしたほうが良いと思われます。当社の特殊注文ではトレール注文(トレイリングストップ注文ともいう)があるので、これなら損失を限定して利益を伸ばすことが可能です。また、デイトレードでは、ロスカットに掛からなければ大引けで決済することも利益を伸ばすことにつながります。とにかく、スキャルピング法と異なり、小儲けではなく大儲けを狙うべきだと思います。

また、分割利食いも有効な戦略です。これはエントリーした株数の半分をまず利食いしておいて、残りの半分のロスカットを含めたコスト分をゼロとする水準にストップロスをおけば良いのです。最初に半分利食いを行っておくことで、心理的にも、資金的にも余裕ができます。それによって、その後大きなブレがあっても、 残った半分のポジションを最後まで持ち続けることが可能となるのです。ブレイクアウト法などのトレンドフォローは大きな利益が期待できる売買手法ですが、トレンドを最後まで取りきることはなかなか心理的に難しい手法でもあります。半分利食いを行うことで、最終的な利益は減少するかもしれませんが、心理的な負担が少ないほうが長く続けられるという意味でも分割利食いは重要な選択の一つです。

最後に、「売り」ブレイクアウトの場合のみの注意点としては、株価は上昇するよりも下落するほうがスピードが速いので、より迅速に判断と行動が求められるという点が挙げられます。

とにかく、ブレイクアウト法は出来るだけ機械的に淡々と行う必要があります。しかし、人間は機械ではないので、いかに投資心理を理解するか、つまり自分の心理をどう考え、そしてその心理にどう対処するかが重要なポイントとなります。

okasan_online at 18:37コメント(0) 
投資情報-テクニカル | 投資情報-投資心理

2010年07月02日

今回は、「岡三ネットトレーダープレミアム」でカスタム画面を作る場合のポイントについて解説します。

まず、2列のメニューについてですが、

menu

上の段の「マーケット情報」「株式情報」「先物OP情報」「株式取引」「資産情報」1,2,3,4,5と下段の「投資情報」「取引」「資産」「設定」「ウインドウ」の違いを認識しておく必要があります。上の段は単純に画面を10個持っており、名前の付いた画面は初期設定で表示されているメニュー情報が登録されているデフォルトの画面です。

下段のメニューは情報や注文ツールを画面上に設定するためのメニューとなります。このメニューで選んで各種画面に情報等を貼り付けるのです。

それではまず、上段の名前のついた画面を順番にクリックしてみてください。各種情報や取引に関するツールが画面に表示されると思います。

マーケット情報ではマーケット全体の動きが把握できる情報が表示されています。
menuM
株式情報、先物OP情報は各商品の情報が把握できます。
menuS
株式取引は、注文および取引履歴等が表示されます。
menuKT
資産状況は自分のポートフォリオが表示さます。
menuSJ
実は、これらの情報は標準で設定されるだけですので、これらの画面も自由にカスタマイズ可能です。
また、1,2,3,4,5は初期設定ではなにも情報が登録されていない状態です。

それでは、画面1にレイアウトしてみましょう。まず、「投資情報」→「株価ボード」を選択します。そうすると、一面に「株価ボード」が表示れます。その後、「投資情報」→「ランキング」を選択すると、これも一面に表示されるのですが、実は「株価ボード」はタグで後ろに隠れています。さらに、「投資情報」→「マーケット情報」を選ぶとランキングと同じ状態になります。つまり、情報を追加するごとにタグが増加していき、追加後はそのタグを選択するごとに情報を表示することになります。

menuKRM

次に、「投資情報」→「銘柄情報」→「分析チャート」を選択すると別ウインドウが立ち上がります。このように全画面に出る情報と別ウインドウが出る情報があることに注目してください。そして、別ウインドウに出る情報は自由にレイアウトすることが出来ます。レイアウトの仕方はまず、リンクを合せて、ドッキングオン、別ウインドウの情報をドラック&ドロップするとその情報が上下左右の好みの場所に格納されます。

menuBCD

さらに「分析チャート」の次に「板(大)」を選択後、リンクを合せて、ドラック&ドロップすれば、「分析チャート」の左右(もちろん上下でも良いがあまりレイアウトは美しくない)に「板(大)」を格納することが出来ます。

menuBCI

いってみれば、「株価ボード」などのタグに格納される情報をベースにして、上下左右にパズルのようにはめ込んでいく感じでレイアウトしていくのです。

ご注意)動画等の画面上に表示された個別銘柄は操作の説明上表示しているものであり、これらの銘柄の売買をいっさい推奨するものではありません。

過去には私が作ったレイアウトをインポートする方法を紹介した記事がありますので、そちらも参考にされると理解しやすいと思います。

お客さまの質問にお答えします―24/23



okasan_online at 20:28コメント(0) 
岡三ネットトレーダー 総合・導入 

2010年07月01日

今回はオシレータ系の「ウィリアムズ%R」について解説します。「ウィリアムズ%R」はオシレーター系の中で比較的新しいテクニカル指標です。「由来」と「概要」に関しては以前ご紹介した「テクニカルチャート解説」をご覧ください。右の「リンク集」からご覧いただけます。

ウィリアムズ%Rは有名トレーダーのラリー・ウィリアムズ氏が考案したテクニカル指標であることからこの名前がついています。ウィリアムズ氏は自己資金でトレードをするかたわら、著作、講演会等も数多くこなしています。1987年のとある投資コンテストで優勝したことが彼の名前を有名にしました。

W%R

ただ、ウィリアムズ%Rはテクニカル分析指標としてはそれほど斬新ではなく、単純にパラメータを20にしてウィリアムズ%Rの0と100を逆にすれば、以前解説したストキャスティクス%Kとほぼ同じに(利用するデータが高値と終値の差か、終値と安値の差)なります。見方としては、基本的には一定期間の価格変動幅の中で、直近の終値が相対的にどのレベルにあるかを計り、買われ過ぎ、売られ過ぎを判断することに変わりありません。

ウィリアムズ%Rは、短期売買用に考案されたオシレーター指標と説明されており、特に逆張り派に多く利用されているようです。他のオシレーター指標よりも敏感に反応することが特徴ですが、その反面、敏感過ぎて「だまし」が多く出現する欠点もあります。

この指標はラリー・ウィリアムズ氏が主に日計りを中心に短期売買を得意とするトレーダーであることから、自分の売買スタイルにふさわしい指標を求めた結果だそうです。つまり、ダマシの排除よりも、早く、多くシグナルが出る指標作りを行ったということだと思います。ラリー・ウィリアムズ氏はウィリアムズ%Rを20日間で検証していましたが、それを目安に期間は修正することができます。岡三ネットトレーダーではこのパラメーターを自由に変更することが可能です。また、慣れれば問題はないと思いますが、「岡三ネットトレーダー」では売りと買いのレンジが上下逆(上のレンジが買い、下のレンジが売り)となっていますのでお気をつけください。

短期売買向けの指標ですので、デイトレードを基本として、3分足や5分足などに利用するのが良いと思います。短期売買を主体としますので、ウィリアムズ%Rでエントリーした場合は特にロスカットをしっかりと設定する必要があります。一般的には、オシレーター系指標とトレンド系指標を組みえ合わせると「だまし」が減るといわれていますが、ウィリアムズ%Rの場合はトレンド系指標と組み合わせるよりも「節目」で逆張りをする場合に、ウィリアムズ%Rの売り買い判断を参考にするといった使い方の方が利用価値は高いと思います。 



okasan_online at 19:00コメント(0) 
投資情報-テクニカル | 岡三ネットトレーダー チャート

2010年06月30日

失った資産を元に戻すことがいかに難しいか考えたことがあるでしょうか?

以下は失った資金とそれを元に戻すのに必要なリターンについての一覧です。

失った資金(%)  元に戻すのに必要なリターン(%)
        10%            11.1%
        20%            25.0%
        25%            33.0%
        30%            42.9%
        35%            53.8%
        40%            66.7%
        45%            81.8%
        50%            100.0%

この表自体は何の変哲もない表です。あたりまえのことですが、もし、資金が半分になったとしたら、それを取り戻すには2倍になる株に投資しなければ資産が元には戻らないということを示しているだけです。

それでは、皆さんは年率何%の投資リターンを目指していますか?通常は50%~100%程度ではないでしょうか。もちろんリスクを背負って株式投資をしているのですから、それなりの投資リターンを期待することは良いのですが、100%という投資リターンはかなりの無謀な期待リターンのような気がします。

一般的に投資1回あたりのリスクを10%に押さえるべきだとの意見が多いと思いますが、本当は5%、もしくは1~2%でも過大なのかもしれません。例えば、勝ち負けの確率が50%の場合で考えてみましょう。5回連続で負ける確率を計算すると、3.125%になります。3%は少ないような気がしますが、もし投資家が100人いたとすれば、3人は5回連続で負けることになるのです。100人で3人ということは、自分にも十分ありうると考えるほうが適切だと思います。そして、毎回のトレードで10%をリスクとし、5回連続で負けたとすれば、資産は半分になってしまうのです。ということは、資産を元に戻すには2倍にする必要があるということになり、投資家はかなり厳しい状況に陥ることは明白です。

こうしたことを考えると、資金をリスクにさらすことがいかに危険かが分かってきます。通常、1日では株価の変動は1桁%台(1~9%という意味だが、株価の日々の動きでは東証1部で最大5%前後が多い)に収まると思いますが、数日を投資対象とするスイングトレードや中長期トレードでは上下10%以上となることは十分にあります。

つまり、デイトレードはリスクは少ないがリターンも少ない、いわゆるローリスク・ローリターンを狙っていることになるのです。結局、デイトレードで収益を確保するにはローリスク・ローリターンの投資を多くの回数行うことによってのみ可能なわけです。投資回数が多ければ大数の法則による確率が期待できます。リスクを減らして、確率が機能する回数まで投資を続けることができれば、勝ち負けの確率が50%なら資産は減らないことになるのです。もちろん、優位性がある戦略で、勝率が50%を超え、ローリスクで運用していれば計算上は資金が増えるはずですし、結果もそのようになることが予想されます。

一般的に、5回連続で負けることは十分ありえることであり、もしそのような状況になれば投資家は再起不能になる可能性が大きいのです。従ってローリスク投資、つまり1回の投資にさらすリスクを1%とか2%にするような投資を行うことが重要です。そうした意味でも、デイトレードに関しては、投資家が再起不能になるようなリスクをとらないことから、理にかなったトレードであるということができます。つまり、投資に「一発逆転は無い」と考えたほうが良いのです。



okasan_online at 19:00コメント(0) 
投資情報-総合 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter