2010年10月19日

株式投資には経験が非常に重要です。しかし、経験を過信した予測は実際の投資成果にマイナスとなることを認識する必要があるかもしれません。つまり、「経験がじゃまをする」ということです。実は、私たちは自分の知識を過大評価する場合があります。それは、知っていたことや知りえたかもしれないことを過大評価するからだと言われています。

実際、これから起こることを予測するのと、すでに起こったことを解説するのとでは大きな違いがあります。アナリストやストラテジストの解説を聞くと、理路整然と起こったことやその理由を説明してくれます。一方、予想に関しては全くないか、さまざまな条件のもとでの予想が多いと思います。

例えば、「為替が円高に振れなければ、株価は上昇トレンドを続ける可能性が高い」といったように、A→Bという因果関係が存在するという前提で、その前提条件が満たされれば、こうなる可能性が高いといった予測です。この予測には二つの不確定要素が入っています。一つは、円高になるかならないか、もう一つは、可能性が高い、ということです。結果的に上昇トレンドが続かなくても、円高となれば外れても仕方がありませんし、もともと、上昇トレンドも可能性の話です。さらに、このコメントでは期間が指定されていませんので、結果に対する言い訳はいくらでもできてしまいます。

株式市場のように不安定で複雑な場では、アナリストやストラテジストにも予測は難しいことは、投資家なら十分認識できていると思います。アナリストやストラテジストの予測が100%当たるなら、彼らはトレーダーになった方がよほど稼ぐことができるはずです。

このようなことが分かっているにも関わらず、私たちが予測に対して価値を見出している理由は、過去の経験による自分の知識を過大評価するからだそうです。前もって知っている情報があったのだから、すでに起こった出来事も予測できたのではないかと、考えているのではないでしょうか。これは、いわゆる後講釈=後知恵ということです。

本来、株式投資においては予測は不可能なはずです。しかし、人間=投資家は何らかの予測をし、もし何かが分かれば予測できるのではないかといった考えを持ちがちです。結果をみてからの後講釈が意味ないことを理解し、予測するのではなく、起こったことにどのように対応するかと、その行動をどのように実行するかに神経を注いだ方がパフォーマンスは上昇するのではないでしょうか。

okasan_online at 19:00コメント(0) 
投資情報-投資心理 

2010年10月18日

保有効果とは自分が所有するものに高い価値を感じ、手放したくないと感じる現象のことだそうです。

そういえば、株式投資において、ある銘柄を購入した後に、ネットや本で購入した銘柄の良いところを確認し、そして自分がその銘柄を購入した確固たる理由を欲しがるということが良くあります。このことは、先週お話しした「損失回避」にも通じるところがあるようです。つまり、あるものを得ることに伴う効用より、今持っているものを失う痛みが大きいために、自分が保有しているものをより良いものと感じているというわけです。

さらに、「保有効果」には現状を変えたくないという非常に強い抵抗感からくる場合もあります。

株の話ではありませんが、例えば、あなたがすでに携帯電話を持っているしましょう。壊れて使えなくなるのは困りますが、現状で、大きな不満や不都合がなければ新しい携帯電話を買う可能性は低いと思われます。もし、携帯電話会社が新しいキャンペーンで買い替えを促そうとしても、さまざまなサービスに見向きもせず、検討もしない人に買い替えをされることは非常に難しいと思います。本来、人間は保守的で怠け癖があるということを認識するべきだと思います。

株式投資に戻ると、一度保有した銘柄について、自分が良いと思って購入したのですから、投資家にとって、基本的に売却する理由は無いのです。ましてや、その投資資金が余裕資金であれば投資家は株価が下がったとしても売る理由にはなりません。逆に、今持っている株をなかなか手放そうとせずに、保有効果から同じ銘柄につぎつぎと資金を投入してしまう危険性さえあります。

そこで、株式を購入する段階で機械的なロスカットを設定するのは一番良い方法だとは思いますが、実はこのロスカットができないのが、この保有効果によるところが大きいと思います。そこで、こう考えてはどうでしょうか?あなたが今、保有している銘柄について、まず保有していることを忘れてください。そしてこう自分に問いかけましょう。「今その銘柄を新たに購入したいですか?それともしたくないですか?」もし、新たに購入したくないのならば、今、その株はあなたにとって売る必要がある時期だと思う必要があるのではないでしょうか。

okasan_online at 21:03コメント(0) 
投資情報-総合 

2010年10月15日

多くの人たちにとって、損したために失ったものは、得したために得たものよりも大きいと言われます。このことを損失回避と言うそうです。つまり、1万円を失くした失望感を埋めるためには1万円以上、一般的には2万円以上は得をしないとその失望感に匹敵する満足感は得られないということです。

この損失回避という行動パターンは投資家にとっても非常に重要な考え方になります。

ある投資家がA社とB社の株を保有していたとします。A社は10%上昇していて、B社は10%下落していたとしましょう。このとき、有望なC社を投資対象に加えたいとします。ただ、資金には限りがあるので、その投資家はA社かB社のどちらかを売る必要があります。さて、あなたがこのような状況に遭遇した場合はどのように対応するでしょうか?

まず、冷静に考えてみましょう。これまでの情報ではA社とB社の将来性については分かりません。ただ、A社の株価は上昇しており、B社の株価は下落している事実は確かです。買い時期を同じとした場合、A社の株価はプラス評価され、B社の株価はマイナス評価されているのです。このことからだけでは分かりませんが、株価の結果としてはA社の評価の方が上となります。つまり、B社を売って、C社を買うのが現状では最良の選択となるはずです。

しかし、一般的な投資家は逆の行動をとる方が多いのです。A社は儲かっており、B社は損をしているのです。損失回避の行動パターンからは、少しでも儲かっているA社を売ってC社を買うのです。投資家は損をしているとリスクのとらえ方が変わってしまうようです。つまり、確実に損することを嫌がってリスクを負うことを避けようとするのです。結局、B社を売ることができなくなり、結果的に塩漬け銘柄ができてしまいます。B社の株を売るのは自分がその損失に耐えられなくなり、自暴自棄になってしまって売ることになります。その後、株式市場から撤退を余儀なくされる投資家が多いようです。

このようにならないためには、人間の考え方の根底に損失回避の考え方があることを認識し、その考え方にとらわれないように意識し、行動する必要があります。

「もし選択に迷ったら、自分にとってやりにくい方を選択した方が正解となる確率が高い」ということを肝に銘じておきましょう。

okasan_online at 19:30コメント(0) 
投資情報-投資心理 

2010年10月14日

株式投資において、お金=投資資金は非常に重要です。

まず、日本において、お金の価値は全国共通のはずです。例えば、1万円はだれにとっても1万円であり、それ以上でもそれ以下でもないのです。しかし、お金の価値が一定とするのは実は幻想なのかもしれません。その理由は、同じ1万円でも、人は状況によって違ったように考えるからだと思われます。ギャンブルや宝くじで得たお金と、汗水たらして稼いだお金とは同じだと思わないのです。ギャンブルや宝くじで得たお金は一般的にあぶく銭ともいわれ、浪費してしまい、手元からすぐに無くなってしまう場合が多いのです。

また、使う用途によってもお金の価値は異なります。日々の生活費では細かくケチるのに、娯楽や遊びのお金となると気が大きくなる場合が多いことも一つの傾向だと思います。

結局、一般の人はお金にいろいろ分類に分け、その出所や貯め方や使い方を考えながらどう扱うかを決めているように思います。つまり、人によって、稼ぎ方によって、使い方によって、同じ1万円がさまざまな価値を持つわけです。

このことは株価にとっても同じことが言えそうです。その株価を「買い」と思う人と「売り」と思う人がいるはずです。そもそも「売り」と「買い」がなければ商いが成立せず、価格も付かないことになります。

また、投資に対する考え方によって、稼いだ資金=お金の価値が違うと思われます。職業として、もしくは真剣に投資と向き合ったうえに稼いだお金は大事な資金であり、投資家は次の投資に生かすことを考えると思います。一方、あまり投資の勉強もせずに稼いだお金は次の投資に生かすことができないために、あぶく銭のように使ってしまう可能性が大きいのではないかと思います。

投資家の株式投資に対する位置づけによってその投資資金の性格も大きく変わるのです。もし、株式投資で財産を増やしたいと考えているのならば、投資資金の性格=お金の価値を考えてみる必要があると思います。

okasan_online at 19:34コメント(0) 
投資情報-総合 

2010年10月13日

岡三ネットトレーダープレミアム、スタンダード、WEBではリアルタイムのランキングを表示することができます。リアルタイムランキングはデイトレードで監視銘柄をピックアップする場合に効果を発揮する情報です。特に、岡三ネットトレーダーでは非常に多彩なランキングを市場(部)ごと、業種ごとに選択して表示することができるので便利です。

ランキングの大きな項目としては、価格、乖離率、急騰・急落(株価)、出来高急増、出来高、金額、テクニカル、信用、ファンダメンタルズとなっており、他には無いランキングも表示できます。通常のランキングでは価格の値上がり幅、値上がり率や出来高、売買代金など、毎日それほど変わらないランキングしか出すことができないツールもあると思います。

ranking-a

岡三ネットトレーダーでは、急騰・急落(株価)のランキングがデイトレードには重宝すると思います。この急騰・急落(株価)のランキングは1,3,5,10,20,30,60分(WEBの場合は5,30,60分)で株価が急騰・急落した銘柄のランキングを表示します。更新ボタンを押すことによってリアルタイムでランキングを表示することが可能なうえ、毎分更新も選択することが可能です。

例えば、急騰急落(5分前)で、日経平均を選択するとそのときの日経平均採用銘柄の株価急騰銘柄のランキングが表示されます。同時にチャートを出しておけば、ランキング各銘柄の分足チャートを確認できます。低位株で1Tickによる影響が大きい銘柄を省いたり、直近の動きをチェックして監視銘柄に加えることができると思います。そのときのランキングを残しておきたい場合はCSV出力でエディタやEXCELに保存したり、その後株価ボードに登録することもできます。

このほかには、出来高急増やテクニカルなどは岡三ネットトレーダーのランキングで特徴のあるランキングメニューとなっています。さらに、表示されたランキング50銘柄はこの銘柄群のなかで自由に並べ替えをすることができます。例えば、株価急騰(30分前)-東証1部-全業種で表示された50銘柄を出来高の多い順や、株価の高い順など表示項目ごとに昇順、降順でソートすることも可能です。急騰銘柄のなかで、株価が高い順にソートすれば低位株で1Tickによる影響が大きい銘柄(投資にはあまり適さない)を排除することも可能です。表示項目には売約定数、買約定数も出すことができるので、以前解説した簡易強度分析をすることもできます。

次の日の監視銘柄を選定する場合にこのランキング情報がうまく使えるかどうかで、その日のパフォーマンスが変わってくるかもしれません。うまくご利用ください。


okasan_online at 19:30コメント(0) 
岡三ネットトレーダー 総合・導入 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter