2013年01月15日

日経平均株価「日中足」

20130115am

日経平均株価 10,937.62円(前日比+136.05円)
TOPIX 909.42(前日比+10.73)
出来高概算 19億5,929万株
売買代金概算 1兆359億円

前場の日経平均は4営業日続伸。日銀による追加金融緩和の思惑などから3連休中も為替相場で円が下落したことを受け、朝方の日経平均は10,900円台を回復してスタート。その後も円安基調が好感され、10,900円台前半でしっかりとした推移を続けた。前引けにかけては利食い売りに押される場面もあったが、大きく崩れず、結局日経平均は136円高の10,937円で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位海運業、2位鉱業、3位不動産業となっている。下落した業種は1位ゴム製品、2位ガラス・土石製品となっている。東証33業種中プラスは31業種、マイナスは2業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位オリンパス、2位ジェイテクト、3位NTNとなっている。一方、下落率ランキングは1位スカパーJ、2位TDK、3位シャープとなっている。
物色面では、三菱UFJFGなどの銀行株や、アイフルなどのノンバンク株が堅調推移となっているほか、バルチック指数の8日続伸を受け郵船や川崎船などの海運株の上昇も目立つ。個別では、11日発表の2Q決算が好感されたコスモス薬品が8.6%高となっているほか、外資系証券レーティングの引き上げを受けオリンパスが大幅続伸となっている。
半面、米アップル株の下落を受け、航空電やシャープなどの関連銘柄が冴えない動きとなっているほか、日経新聞にて日生が保有する電力株の一部売却方針を報じた事から電力株に軟調な銘柄が目立つ。
東証一部の値上がり銘柄数は1,216、値下がり銘柄数は342、変わらず121。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:08コメント(0) 
市場コメント 

2013年01月15日

<海外市場動向>

1/14
NYダウ 13507.32ドル(前日比 +18.89ドル)
S&P500 1470.68(前日比 -1.37)
ナスダック 3117.50(前日比 -8.13)
英FT100 6107.86(前日比 -13.72)
独DAX 7729.52(前日比 +13.99)
日経225先物(円建) 10980円(+150円(大証比))

NYダウはプラスとなったものの、ナスダックが4営業ぶりに反落。アップルがiPhone減産報道を受けて、関連銘柄と共に下落したことが影響した。

<日本株動向と戦略>

20130115ax

先週の日経平均株価は週間ベースで9週続伸。週初は利益確定売りが優勢だったものの、安倍政権の緊急経済対策を材料に円安が進むと再び上昇基調となり、週末には10800円を回復した。先週末の東証1部売買代金は2兆1137億円。
本日の日経平均株価は、米国株高や円安進行を背景に11000円台回復をうかがう展開となりそうだ。今週の相場見通しに関しては、「伊藤嘉洋の週間株式見通し」1/14週号を参考にされたい。
物色面では、自動車、機械、精密などの輸出関連に加え、出え遅れの商社、海運や好業績内需関連の一角、さらには建設・不動産などが注目されるが、基本は循環物色の流れの中にあることを認識しての投資を意識したい。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2013年01月15日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (7261) マツダ 東証 43%
2 (6753) シャープ 東証 64%
3 (8585) オリエントコーポレーション 東証 50%
4 (8515) アイフル 東証 50%
5 (8589) アプラスフィナンシャル 大証 49%
6 (9107) 川崎汽船 東証 53%
7 (8918) ランド 東証 50%
8 (1821) 三井住友建設 東証 50%
9 (8260) 井筒屋 東証 46%
10 (6445) 蛇の目ミシン工業 東証 52%
11 (4064) 日本カーバイド工業 東証 51%
12 (1844) 大盛工業 東証 53%
13 (2706) ブロッコリー JASDAQ 51%
14 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 47%
15 (8604) 野村ホールディングス 東証 41%
16 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証 50%
17 (9470) 学研ホールディングス 東証 53%
18 (9501) 東京電力 東証 45%
19 (6701) 日本電気 東証 52%
20 (3103) ユニチカ 東証 47%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (8515) アイフル 東証 50%
2 (8585) オリエントコーポレーション 東証 50%
3 (6753) シャープ 東証 64%
4 (7261) マツダ 東証 42%
5 (3765) ガンホー・オンライン・エンターテイメント JASDAQ 49%
6 (4064) 日本カーバイド工業 東証 52%
7 (8589) アプラスフィナンシャル 大証 49%
8 (9107) 川崎汽船 東証 53%
9 (6954) ファナック 東証 45%
10 (9983) ファーストリテイリング 東証 49%
11 (4974) タカラバイオ 東証 50%
12 (8604) 野村ホールディングス 東証 40%
13 (6758) ソニー 東証 50%
14 (8801) 三井不動産 東証 49%
15 (1821) 三井住友建設 東証 50%
16 (7203) トヨタ自動車 東証 52%
17 (2706) ブロッコリー JASDAQ 51%
18 (2931) ユーグレナ 東証 51%
19 (8830) 住友不動産 東証 49%
20 (3668) コロプラ 東証 52%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 07:44コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年01月11日

日経平均株価「日中足」
20130111pm

日経平均株価 10,801.57円(前日比+148.93円)
TOPIX 898.69(前日比+9.67)
出来高概算 35億3,316万株
売買代金概算 2兆1,137億円

本日の日経平均は続伸。後場はSQ通過や週末要因によるポジション調整の動きから、日経平均は伸び悩んだ。ただ、大引けにかけては、円相場のじり安推移を下支えに、再び戻り歩調をたどり、終値ベースで1年11カ月ぶりに10800円台を回復して本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位鉱業、2位その他製品、3位保険業となっている。下落した業種は1位繊維製品、2位金属製品、3位証券・商品先物取引業となっている。東証33業種中プラスは28全業種、マイナスは5業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位シャープ、2位アステラス薬、3位横河電となっている。一方、下落率ランキングは1位東レ、2位フジクラ、3位住友大阪となっている。
物色状況では、輸出関連株が強い動きとなったほか、金融株も堅調。また、3Qの黒字転換見込み報道でシャープが高い。一方、証券株や建設関連株が小甘い動きとなったほか、繊維株も冴えない動き。
東証1部の値上がり銘柄数は1,035、値下がり銘柄数は530、変わらず130。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 16:10コメント(0) 
市場コメント 

2013年01月11日

日経平均株価「日中足」
2013011am

日経平均株価 10,780.45円(前日比+127.81円)
TOPIX 897.30(前日比+8.28)
出来高概算 20億5,079万株
売買代金概算 1兆1,748億円

前場の日経平均は続伸。朝方、昨年来高値を更新して寄り付いた後は一時上昇幅が170円を超え10800円台を回復。その後は高値警戒感から利益確定売りに押され、寄り値水準でもみ合い商状となったが、上昇幅100円超は維持して前引けとなった。
業種別では、上昇した業種は1位保険業、2位医薬品、3位鉱業となっている。下落した業種は1位金属製品、2位繊維製品、3位証券・商品先物取引業となっている。東証33業種中プラスは28全業種、マイナスは5業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位シャープ、2位アステラス薬、3位横河電となっている。一方、下落率ランキングは1位KDDI、2位フジクラ、3位東海カーボンとなっている。
物色状況では、保険株や銀行株が堅調なほか、安倍政権の医療関連予算増額で医薬品株にも買いが集まっている。また、営業損益が黒字転換見込みと報じられたシャープが値を飛ばしている。一方、証券株が利益確定売りに押されたほか、値がさハイテク株の一角が小甘い動き。
東証1部の値上がり銘柄数は957、値下がり銘柄数は564、変わらず167。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:14コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter