2013年11月08日

日経平均株価「日中足」
20131108pm
日経平均株価 14,086.80(前日比-141.64)
TOPIX 1,176.42(前日比-8.31)
出来高概算 22億3,295万株
売買代金概算 1兆7,687億円

本日の日経平均は続落。米国株が下落したことや円高に振れたことなどを嫌気し、下落して始まり、米雇用統計など重要イベントを控え模様眺めムードが強まる一日となった。日経平均は結局141円安の14,086円で本日の取引を終了した。
業種別では、上昇した業種は1位ゴム製品、2位繊維製品、3位医薬品となっている。下落した業種は1位保険業、2位その他金融業、3位小売業となっている。東証33業種中、プラスは6業種、マイナスは27業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位荏原製、2位日本紙、3位アステラス薬となっている。一方、下落率ランキングは1位ミツコシイセタン、2位スズキ、3位パイオニアとなっている。
物色面では、ファーストリテイやソフトバンクなどの値がさ株が軟調に推移し、円高が進行したことから自動車株も安かった。また、日立や東芝といった主力株も小安く推移したほか、個別では米ツイッター上場でDガレージが材料出尽くしで売られた。
半面、好業績銘柄を物色する流れは続き、昨日決算を発表し業績好調だったブリヂストンが続伸し、外資系証券がレーティングを引き上げたTHKが買われたほか、黒崎播磨や宮地エンジなどの低位株に物色が向かい、上昇するものが目立った。
東証一部の値上がり銘柄数は457、値下がり銘柄数1,205、変わらず94。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 16:02コメント(0) 
市場コメント 

2013年11月08日

日経平均株価「日中足」
20131108am
日経平均株価 14,104.73(前日比-123.71)
TOPIX 1,177.39(前日比-7.34)
出来高概算 11億3,550万株
売買代金概算 8,649億円

前場の日経平均は続落。円上昇や米株安を嫌気した売りが優勢となっているが、14,000円に接近する場面では押し目買いもみられ、下げ幅を縮小する形で前引けを迎えている。日経平均は結局123円安の14,104円で前引けの取引を終了した。
業種別では、上昇した業種は1位ゴム製品、2位倉庫・運輸関連業、3位繊維製品となっている。下落した業種は1位その他金融業、2位保険業、3位鉱業となった。東証33業種中、プラスは6業種、マイナスは27業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位日新鋼HD、2位ブリヂス、3位アステラス薬となっている。一方、下落率ランキングは1位ニコン、2位スズキ、3位ファーストリテとなっている。
物色面では、決算発表を受け外資系証券が株価格付けを格上げしたTHKが大幅上昇となったほか、通期業績見通しを上方修正したディスコも急反発となっている。またリロHLDやUSENなどの昨日発表されたJPX日経インデックス採用の小型株が強く、牧野フやSMCなどの機械株に強含む銘柄が目立つ。
半面、ソフトバンクやファーストリテイなどの値がさ株が冴えない展開となっているほか、富士重、スズキなどの自動車株も甘い動き。
東証一部の値上がり銘柄数は534、値下がり銘柄数1,108、変わらず110。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:09コメント(0) 
市場コメント 

2013年11月08日

<海外市場動向>

11/7
NYダウ 15,593.98(前日比 -152.90)
S&P500 1,747.15(前日比 -23.34)
ナスダック 3,857.33(前日比 -74.61)
英FT100 6,697.22(前日比 -44.47)
独DAX 9,081.03(前日比 +40.16)
日経225先物(円建) 14,010(大証比 -240)

NYダウは下落。買い優勢でスタートしたものの、量的緩和策の早期縮小に対する警戒感が燻り、買い一巡後はマイナス圏に沈む動きとなった。その後もテクノロジーセクターが軟調に推移したほか、消費関連株にも売りが広がり、引けにかけてジリジリと下げ幅を拡大する展開となった。

<日本株動向と戦略>

20131108am

昨日の日経平均株価は3営業日ぶりに下落。NYダウの史上最高値更新を好感し、買い先行でスタート後は利食い売りが優勢となり下値を模索する展開となった。大引けはほぼ安値引け。昨日の東証1部売買代金は1兆6,951億円と25営業日連続の2兆円割れ。
本日の日経平均株価は、米国下落や円高を受け、売り先行でのスタートとなりそうだ。昨晩は為替相場、CME225先物などが大きく動いた。本日の日経平均株価はこの動きを織り込み14,000円を試す場面もありそうだ。
本来なら、米Twitterの上場関連などが賑わう場面かもしれないが、全体の動きは厳しそうであり、個別材料株物色とならざるを得ないかもしれない。「投資情報局」(ログイン後)では岡三スポット情報や岡三レーティング情報など最新の投資情報を順次公開しているのでぜひ参考にされたい。(稲田)


okasan_online at 09:00コメント(0) 
今日の相場 

2013年11月07日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>


銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (8107) キムラタン 東証1 38%
2 (1821) 三井住友建設 東証1 43%
3 (1898) 世紀東急工業 東証1 46%
4 (1852) 淺沼組 東証1 47%
5 (6343) フリージア・マクロス 東証2 50%
6 (1822) 大豊建設 東証1 50%
7 (8202) ラオックス 東証2 49%
8 (3668) コロプラ 東証マ 54%
9 (3103) ユニチカ 東証1 59%
10 (8291) 日産東京販売ホールディングス 東証1 72%
11 (9318) アジア・アライアンス・ホールディングス 東証2 81%
12 (3402) 東レ 東証1 40%
13 (1844) 大盛工業 東証2 66%
14 (4842) USEN JQス 57%
15 (1815) 鉄建建設 東証1 44%
16 (7771) 日本精密 JQス 48%
17 (6753) シャープ 東証1 50%
18 (5406) 神戸製鋼所 東証1 54%
19 (3250) エー・ディー・ワークス JQス 66%
20 (9674) 花月園観光 東証2 25%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (3668) コロプラ 東証マ 54%
2 (1821) 三井住友建設 東証1 41%
3 (1822) 大豊建設 東証1 50%
4 (1852) 淺沼組 東証1 47%
5 (1898) 世紀東急工業 東証1 48%
6 (4587) ペプチドリーム 東証マ 48%
7 (4751) サイバーエージェント 東証マ 52%
8 (3402) 東レ 東証1 39%
9 (8291) 日産東京販売ホールディングス 東証1 72%
10 (8107) キムラタン 東証1 38%
11 (4819) デジタルガレージ JQス 51%
12 (3641) パピレス JQス 48%
13 (1720) 東急建設 東証1 49%
14 (9984) ソフトバンク 東証1 54%
15 (1815) 鉄建建設 東証1 44%
16 (9678) カナモト 東証1 50%
17 (6788) 日本トリム 東証1 48%
18 (4842) USEN JQス 57%
19 (7203) トヨタ自動車 東証1 50%
20 (9983) ファーストリテイリング 東証1 55%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。




okasan_online at 18:26コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年11月07日

日経平均株価「日中足」
20131107pm

日経平均株価 14,228.44(前日比-108.87)
TOPIX 1,184.73(前日比-7.43)
出来高概算 22億5,409万株
売買代金概算 1兆6,951億円

本日の日経平均は反落。NYダウが最高値を更新したことなどを好感し小高く始まったものの、規制緩和への期待後退や企業業績への先行き懸念などから上値は重く、マイナスに転じた。後場に入ると、今晩ECB理事会が控えていることもあり、積極的に売買する投資家は限定的。方向感の乏しい動きとなり、14,200円台での狭いレンジ内で推移した。大引けにかけては、やや下値を切り下げ、結局、日経平均は108円安で本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位ゴム製品、2位繊維製品、3位医薬品のみとなっている。下落した業種は1位ガラス・土石、2位鉄鋼、3位証券・商品先物取引業となっている。東証33業種中、プラスは3業種、マイナスは30業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位日本紙、2位東レ、3位ブリヂストとなっている。一方、下落率ランキングは1位日清紡HD、2位TOTO、3位パイオニアとなっている。
物色面ではトヨタが材料出尽くしで利益確定売りに押され、昨日連れ高したデンソーなどの関連株も安い。また、昨日上昇した反動でコマツ、郵船などが小安く、通期業績見通しを下方修正した日写印が失望売りに押された。一方、好業績銘柄を物色する流れは続き、通期業績見通しを上方修正し市場予想を上回ったダイキンが買われ、同様に日本ペも高い。
東証一部の値上がり銘柄数は463、値下がり銘柄数1,186、変わらず107。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 18:23コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter