2010年04月20日

今回はレジスタンスラインサポートラインについて解説していこうと思います。

一般的に現在の株価の上にあるラインのことをレジスタンスラインといいます。逆に、下にあるラインのことをサポートラインといいます。もちろん、現在の株価の上下にある価格は無限にあるわけですから、何らかの意味があるラインでなくてはなりません。また、このことは他の投資家もそのラインは意味があると思うラインでなければなりません。

以下は私が、日経平均先物のデイトレードをしていたときに考慮していたポイント(レジスタンスラインとサポートライン)のメモです。

日経平均先物ポイント
25MA+3σ10366、OP10250、CME10215、一目雲上限10200、25MA+2σ10139、一目雲下限10105、75MA10058

この日の日経平均先物の寄付は10170円でしたので、この価格以上のポイントがレジスタンスライン、この価格以下のポイントがサポートラインとなります。簡単に解説しておきますと、

25MA+3σ10366=25日移動平均線(中期線)の3標準偏差の水準
OP10250=オプションの権利行使価格
CME10215=前日のCME日経平均先物の終値
一目雲上限10200=一目均衡表の雲の上限値
25MA+2σ10139=25日移動平均線の2標準偏差の水準
一目雲下限10105=一目均衡表の雲の下限値
75MA10058=75日移動平均線(中長期線)の価格

となります。

この後、このようなメモを書いています。

日経平均先物レンジ 10050-10150-10250

本日の戦略
為替が大幅な円安となっており、寄り付きはギャップアップで始まりそう。その後上値の重たい展開が予想されるが、下値不安は少なく10000~10100円のレンジは強い下値抵抗帯となりそう。下がれば買い。もしくはレンジブレイクアウトの上抜けを狙う。ただ、10250円より上は売りも可。

つまり、この日の先物レンジを下値10050円、上値10250円と想定し、全般的に強含みの相場を予想。特に、10200円のレジスタンスラインを抜いてきた場合は、相場が予想よりも強いと考えて、買いを入れる。ただ、10250円より上昇した場合は過熱感もあると考えて徐々に利食いも考慮に入れる。もし、ポジションがない場合は、これより上は売ることも考慮に入れる。一方、下がった場合は10100円か10050円のところが大きなサポートライン(これよりは下がりにくい)と考えて、逆張りの買いも考慮する。

このような考えた方で相場に対峙していました。重要なポイントは相場に対して「上がる」とか「下がる」とかの決め打ちをしていないということです。大まかなトレンドを想定してはいますが、相場の動きによって臨機応変に対応することが重要です。

このように、多くの投資家が考慮するポイントをレジスタンスライン、サポートラインと考えて株価を見ることは、個別株でも変わりはありません。ただ、個別株の場合はここまで、細かく考えずに、単純に過去の株価の高値をレジスタンスライン、安値をサポートラインとしても良い思います。

少しは参考になりましたでしょうか?



okasan_online at 12:30コメント(0) 
投資情報-テクニカル | 投資情報-投資心理

2010年04月19日

まず、基本的なチャートの分類から始めます。色々な分類方法がありますが、大きく分けて、トレンド系オシレーター系出来高系不規則時系列系に分かれます。
トレンド系は株価の方向性(順バリ)を分析する手法群、オシレーター系は株価の位置関係(逆バリ)を分析する手法群、出来高系株価と出来高を使って株価の上昇力、下降力もしくは株価の抵抗帯を分析するもの、不規則時系列系時間を分析の概念に入れないもの、となっています。

以下に当社のテクニカル分析を分類してみましょう。

トレンド系
 移動平均線、ボリンジャーバンド、エンベロープ、一目均衡表

オシレーター系
 MACD、ストキャスティクス、RSI、Williams%R、サイコロジカルライン、カイ離率、DMI、PMAO、CCI

出来高系
 価格帯別出来高、出来高、出来高移動平均線、OBV、VR、VMAO

不規則時系列系

 P&F、新値足、逆ウォッチ曲線

今回は最も良く使われる移動平均線を解説したいと思います。
移動平均の説明は不要でしょう。単純5日移動平均でしたら

当日の移動平均=(当日+1日前+2日前+3日前+4日前)/5

となります。

株価は日々上下していますが、総括的に上昇トレンドにあるのか、下降トレンドにあるのかが移動平均なめらかな傾きで判断できます。ちなみに、この日にちを長くすると長期のトレンドが分かります。一般的に短期線を5日、中期線を25日、中長期線を75日とするのは一週間、月間、四半期、1年間を想定しているためです。

さらに、株価と移動平均線の関係(いわゆるグランビルの法則)や短期線と長期線との関係からゴールデンクロスデッドクロスなどもありますので、これを使った売買手法も存在します。ただ、これらの古典的な投資手法は当たるときもあれば、当たらないときもあるといった程度のパフォーマンスになっているようです。

NKチャート日足

日経平均の日足データと移動平均線です。短期線が青、中期線が赤、中長期線が緑となっています。ゴールデンクロスは短期線が中期線などを上抜いているところ、デッドクロスは短期線が中期線などを下抜いているところです。実際の株価との関連では株価の山谷のタイミングはかなりずれてしまいます

もうひとつの移動平均線の使い方としては、それ自体をサポートラインレジスタンスラインとして見る見方があります。今回の日経平均の例では、日経平均11,204円に対して25日線の10,995円、75日線の10,612円がサポートラインとなります。

さらに、移動平均線は5分足などでも利用できますが、ギャップのあるところでは結構いびつな線になることに注意が必要です。

NKチャート分足



okasan_online at 12:00コメント(0) 
投資情報-テクニカル | 岡三ネットトレーダー チャート

2010年04月16日

当社が考える「投資力」とは「お客さまの利益を上げる力」、もう少しくだけた言い方では「お客さまの儲ける力」ということであると思っています。当社のお客さまはアクティブ投資家の方がかなり多いことから、信用取引を使って「デイトレード」をされる方が多くおられます。従って、当社の信用取引の状況を解説することは当社お客さまの「投資力」を見る上で非常に重要なことだと思います。

お客さまの信用取引の状況は信用評価損益率で表すのが一般的です。
信用評価損益率は以下の方法で計算します。

信用評価損益率=評価損益(買建のみ)÷信用建玉残高(買建のみ)

以下に当社の毎月の信用評価損益率が掲載されています。

http://www.okasan-online.co.jp/corporate/margin_appraisal.html

アローヘッド開始後の3ヵ月では1月-3.44%、2月-2.57%、3月+2.23%となっています。
このほぼ同じ期間の3市場の評価損益率は1月-16.46%、2月-12.43%、3月-6.23%(3市場は週ベースのデータなので若干期間が合わない場合がある)となっています。当社のお客さまの「投資力」がいかに優れているかのひとつの例となります。

信用損益買
 
さらに、信用取引は「買い」だけでなく「売り」も可能です。当社のアクティブ投資家の方はどちらのチャンスも生かしておられます。また、「買建」のみでは、相場上昇期には数字が良くなるのは当たり前で、総合的にお客さまの「投資力」をみるためには「売建」も合計するほうが論理的です。この数字も当社は公開しており、1月-2.27%、2月-2.14%、3月-1.09%となっています。3市場の信用評価損益率(売買合計)はほぼ-10%~-12%となっていますので、これだけも当社のお客様の「投資力」の高さが証明されると思います。

 信用損益売買

また、当社のこの信用評価損益率(売買合計)が昨年-3%~-4%レベルであったのが、アローヘッド開始以降、-2%台となり、3月にはついに-1%となっていることは驚愕の事実ではないでしょうか?以前、アローヘッド開始で、「1カイ2ヤリの個人投資家は総撤退か」という記事がありましたが、当社のお客さまをみると事実は全く逆のようです。また、大手オンライン証券の一角であるK証券が同様の数字をHP上で公開していますが、当社の数字と比べていただくとその違いが分かると思います。

この要因について、当社ではこのように考えています。当社のお客さまの「投資力」優れていることはもちろんですが、それを支える当社の「サポート力」も評価されてしかるべきではないかと思います。当社は創業以来、お客さまの声を大切にし、様々なサービスを提供してきています。アローヘッドへの完全対応、高機能ツール「岡三ネットトレーダーシリーズ」の機能アップなどに注力してまいりました。今後もさらに、このサポート力を加速する予定です。当ブログ岡三オンライントレーダーズもこのような趣旨で誕生しました

さて、ここでさらなる驚愕の事実をお伝えしようと思います。

以下は当社のお客さまの信用取引決済損益星取表です。

星取表
 
信用取引決済損益とはその日の信用取引において決済された損益の合計です。
プラスとなった日を「○」、マイナスとなった日を「●」としています。アローヘッド開始後の結果は、なんと67勝4敗、現在41日間連続「白星街道」をばく進中です。この事実は当社のお客さまの「投資力」がいかに優れているか、さらに当社の「サポート力」がいかに優れているかの証となると考えています。今回の、信用取引決済損益は手数料前のベースですが、当社の手数料は業界でも最安値水準にあるため、手数料を考慮しても星取表は変わらないと思います。

業界最安値手数料、アローヘッド完全対応、高機能情報ツール「岡三ネットトレーダーシリーズ」と3拍子揃った岡三オンライン証券であなたの「投資力」を極めてみてください



okasan_online at 17:00コメント(2) 
投資情報-総合 

2010年04月15日

ついに、最も大事な注文画面に入ります。既に「ライト」で注文画面を紹介していますが、今回SS(スピードショット)注文の仕方を解説していきます。
まず、最初に以下のマニュアル岡三ネットトレーダー 操作マニュアル-スピードショット(PC版)-」をダウンロードして下さい。

岡三ネットトレーダーマニュアル(SS)

このマニュアルは特設サイトではなく、日本株ログイン後のダウンロード画面にのみ公開していますので、一般の方も見ることが出来るようにブログ上に公開します。

SS注文画面

注文の詳しい説明について、今回はマニュアルが非常に分かりやすくなっているので、まずマニュアルをお読みいただいた方が良いと思います。

その上で、ポイントをご説明します。起動方法はいつもと同様です。

(1)まず株数を指定します。プラスを押せば、単位ごとに株数が増加します。
 SS注文数量

(2)現物買いの場合、指値は「岡三」の例では441~433円のどれかにカーソルを移動して、そこでダブルクリックすれば注文ができます。(パスワード等を事前に設定しておいた場合)

(3)成行の場合は一番上の成行」のところをダブルクリックすればOKです。

(4)表示や操作方法などもかなり自由に設定できます。ここまで自由度の高い注文画面は当社のみかもしれません。SS注文(板を見ながら注文が出せるので一般的には「板注文」という場合が多い)は体感的に非常に分かりやすいうえ、かなりスピーディに注文を出せます

(5)指値の訂正をドラッグアンドドロップで素早く訂正可能です。取消も瞬時に行え、注文全てを一度に取り消すことも可能です。

とにかく、この注文はやってみれば非常に簡単ですので、不安な方は小ロットからチャレンジしてみてください。

SS注文画面の「情報」ですが、右側に「銘柄情報テーブル」、左側に「価格帯別出来高」が表示されています。銘柄情報は基本的なデータですので説明は不要だと思いますが、価格帯別売上高はまた、後日解説します。

銘柄名の下には過去選択した銘柄が最大30銘柄までリストに残ります。「岡三」の例では5銘柄表示され、残り25銘柄は右のフォルダの絵に登録されます。このリストはSS注文画面を終了しても残っています。
また、リストの銘柄を手動で削除することもできます。臨機応変に使ってください。

ただ、私としては、銘柄は株価ボードに登録して、そこからリンクした方が使い易いような気がします。

信用の場合も基本的に操作方法は同じです。大きな違いは最初に「信用」のタブを選ぶ必要があることだけだと思います。もちろん、新規売からも始められますが、これはSS注文の機能というよりは信用取引の基本的な機能です。

注文画面および操作は、お客さまの投資において、最も重要なことですので分からない場合は、ブログでコメントいただければ、答えられる範囲でお答えします。

また、当社の「コールセンター」に直接お問い合わせいただいても結構です。


習うより慣れろ一度マニュアルをお読みになってから、実際に注文してみてください


okasan_online at 20:46 
岡三ネットトレーダー 注文 

2010年04月14日

今回はとりあえず列挙しておきます。
解説は後日少しずつ行う予定です。
 
ほとんどの投資家がたどる投資分析のロード
(1)ファンダメンタルズ分析
  ↓
(2)テクニカル分析
  ↓
(3)心理分析
 
株取引のポイント
(1)タイミング
(2)資金管理
(3)感情の制御
 
トレードに適した心構え
(1)何事も起こり得る
(2)利益を出すために次に何が起こるかを知る必要はない
(3)優位性を明確にする一定の可変要素には、勝ち負けがランダムに分布する
(4)優位性があるとは可能性が比較的高いことを示しているにすぎない
(5)マーケットはどの瞬間も唯一のものである

投資家とマーケットの関係
(1)投資家はマーケットを動かすことは出来ない。
(2)投資家がマーケットの動きに合わせる必要がある。
(3)マーケットは敵でもなければ味方でもない。
(4)マーケットが動くことによって投資家はチャンスを与られている。

規律とトレーダー
(1)自己規律
(2)心のコントロール
(3)相場の流れに乗る

利益と損失について
(1)損失に対する恐怖心をなくし、損失を受け入れる方法を学ぶ
(2)ロスカットは損失ではない、投資を続けるためのコストである。
(3)一回のトレードには無限大の利益と損失の可能性がある。

優れた投資家に備わっているもの
(1)冷静な観察力
(2)明晰な記憶力
(3)優れた計数能力
(4)独自の体験
 
戦略トレード
(1)毎日のトレード戦略を立てる
(2)大きな外的要因が無い限りはその戦略に従う
(3)戦略は決め打ちせずにかなり柔軟に立てる
(4)戦略がはずれたらロスカットで対応する
(5)細かな要因に一喜一憂しているとエントリー出来ない
 
投資行動のフローチャート
(1)チャートから心理を読み取る
(2)仮説を立てる
(3)出来る限り検証する
(4)有効性があれば仮説通りにトレードする
(5)外れればロスカット、当たれば分割利食い
 
対トレード恐怖症
(1)当てようとしないこと、期待しないこと
(2)うまくやろうと大それたことを考えないこと
(3)次を知ろうとしないこと
(4)ポジションを持ったら、腹をくくる
(5)ロスカットラインに来たら切る。巡行したらついて行く
(6)金を稼ぐには金を使わねばならない
 
相場に対する心構え
ポジションが儲かる方向に向かうと期待するな。
ポジションが損する方向に向かうと恐れるな。
 
「買い」に入るのに高すぎることはない。
「空売り」をするのに安すぎることはない。
 
行動を起こさないのは行動を起こすよりも危険である
見ているだけでは収益は生まれない
エントリーしなければ何も始まらない
 
株式投資は技である
 
トレーダーの7つのルール
(1)恐怖を克服せよ
(2)柔軟でありつづけよ
(3)筋の通ったリスクをとれ
(4)はずれに備えよ
(5)積極的に現実を求めよ
(6)変化にすばやく対応せよ
(7)結果ではなく決断に集中せよ
 
(1)恐怖を克服せよ
恐怖は意志決定のプロセスを妨げ、リスクを全く取らないように仕向けるきらいがある。恐怖を手の内に入れて、必要とあれば決然と行動する必要がある。
 
(2)柔軟でありつづけよ
将来、何が起こるかは分からない。このような時の最良の選択は、何にでも対応できるようにしておくことである。
 
(3)筋の通ったリスクを取れ
ギャンブルのような愚かなリスクを取るな。筋の通ったリスクとは経験に基づいた推測に近いものである。
 
(4)はずれに備えよ
最終的に重要なことは勝ち負けの総額(トータル的な効果)であって、勝率ではない。はずれることもあると知ったうえで、冷静に判断を下す必要がある。

(5)積極的に現実を求めよ
現実の構図を正確に描くことが、何にも増して重要である。現実に意識を集中することで、自分に都合の良い世界のみを思い描く愚に陥ることが避けられる。
 
(6)変化にすばやく対応せよ
現実が自分の望みと異なるときや不確実な未来が思いがけないものをもたらしそうなとき、自分の方から働きかけるべきである。そうすることで、以後も続く不確実性の影響をゼロにすることが出来る。
 
(7)結果ではなく決断に集中せよ
不確実性のもとでなされた決断の誤りが持つ意味について理解するべきである。必ずしも優れたアイデアが優れた結果となる訳ではない。不確実性の存在そのものが、人は時として間違いを犯すという真理を支えている。

各種資料等から岡三オンライン証券作成



okasan_online at 18:24コメント(0) 
投資情報-投資心理 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter