2013年01月30日

日経平均株価「日中足」
20130130am

日経平均株価 10,990.77円(前日比+124.05円)
TOPIX 928.75(前日比+7.99)
出来高概算 15億5,524万株
売買代金概算 9,266億円

前場の日経平均は大幅続伸。買い先行で取引をスタート後は為替が1ドル90円台後半までやや弱含んでいることから、じり高歩調をたどった。前引けにかけても、一時ザラ場高値となる11004円をつけ、結局、高値圏で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位建設業、2位不動産業、3位倉庫・運輸関連業となっている。下落した業種は1位電気・ガス業のみとなっている。東証33業種中プラスは32業種、マイナスは1業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位ヤフー、2位JR東海、3位日軽金HDとなっている。一方、下落率ランキングは1位富士フイルム、2位シチズンHD、3位三菱自となっている。
物色面では、JR東海の東海道新幹線の大規模改修工事着手の発表を受け、鉄道建築関連株が大幅高となったほか、バイオ関連株も昨日の反動からプラス圏に浮上。また、決算が振るわなかったコマツが、寄り付き値をほぼ安値としてプラス圏に切り返し、業績予想の上方修正を行ったヤフーも大幅高となっている。一方、電力株の一角が軟調に推移したほか、電機株も弱含んでいる。
東証一部の値上がり銘柄数は1,220、値下がり銘柄数は310、変わらず145。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:12コメント(0) 
市場コメント 

2013年01月30日

<海外市場動向>

1/29
NYダウ 13954.42ドル(前日比 +72.49ドル)
S&P500 1507.84(前日比 +7.66)
ナスダック 3153.66(前日比 -0.64)
英FT100 6339.19(前日比 +44.78)
独DAX 7848.57(前日比 +15.57)
日経225先物(円建) 10905円(+15円(大証比))

NYダウは反発。FOMCや雇用統計の発表などの重要イベントを前に、上値の重い展開とはなったが、一部の企業の好決算などを背景に、NYダウは07年10月15日以来の高値となった。

<日本株動向と戦略>
20130130ax

昨日の日経平均株価は反発。売り先行でスタート後、じりじりと下げ幅を縮めプラス圏に浮上した。後場も円安を背景に強含む動きとなったが、引けにかけてはやや利食い売りに押される展開となった。昨日の東証1部売買代金は2兆571億円。
本日の日経平均株価は、欧米株高を受け堅調なスタートが予想される。株式市場の上昇はもちろん、為替市場でもユーロドルが2011年12月以来の高値をつけるなど、世界的にリスク許容度の高まりからリスク資産への資金シフトが起きていると考えられる。特に、株式市場では日柄調整を続けていた金融株が業績拡大期待から再び脚光を浴びており、この動きは不動産や建設関連にも波及しそうだ。結局は、引き続き上昇トレンドでの循環物色の動きのなかにいることを改めて認識しておきたい。
物色面では、昨日バイオ関連株が大きく調整した。これまで過熱感が出ていたなかで「規制法」の報道が大きく影響したようであり、当面は乱高下が続きそうだ。一方、業績動向に注目が集まってきており、この動きに投資戦略をあわせて行きたい。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2013年01月30日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (7261) マツダ 東証 47%
2 (8515) アイフル 東証 50%
3 (4064) 日本カーバイド工業 東証 51%
4 (1518) 三井松島産業 東証 50%
5 (8585) オリエントコーポレーション 東証 50%
6 (9704) アゴーラ・ホスピタリティー・グループ 東証 29%
7 (4022) ラサ工業 東証 51%
8 (5721) エス・サイエンス 大証 47%
9 (4404) ミヨシ油脂 東証 47%
10 (8202) ラオックス 東証 52%
11 (8589) アプラスフィナンシャル 大証 44%
12 (8604) 野村ホールディングス 東証 58%
13 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 72%
14 (1821) 三井住友建設 東証 47%
15 (5955) ヤマシナ 大証 74%
16 (6758) ソニー 東証 49%
17 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証 50%
18 (5202) 日本板硝子 東証 4%
19 (9107) 川崎汽船 東証 57%
20 (8107) キムラタン 大証 69%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (8515) アイフル 東証 50%
2 (7261) マツダ 東証 46%
3 (4064) 日本カーバイド工業 東証 51%
4 (6758) ソニー 東証 49%
5 (8585) オリエントコーポレーション 東証 50%
6 (1518) 三井松島産業 東証 50%
7 (3765) ガンホー・オンライン・エンターテイメント JASDAQ 52%
8 (4564) オンコセラピー・サイエンス 東証 50%
9 (8604) 野村ホールディングス 東証 58%
10 (6954) ファナック 東証 54%
11 (4321) ケネディクス 東証 50%
12 (7774) ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング JASDAQ 84%
13 (2931) ユーグレナ 東証 49%
14 (4404) ミヨシ油脂 東証 47%
15 (8306) 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証 56%
16 (2875) 東洋水産 東証 51%
17 (7974) 任天堂 大証 18%
18 (4022) ラサ工業 東証 51%
19 (9678) カナモト 東証 50%
20 (4974) タカラバイオ 東証 48%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 07:34コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年01月29日

日経平均株価「日中足」
20130129pm

日経平均株価 10,866.72円(前日比+42.41円)
TOPIX 920.76(前日比+6.98)
出来高概算 34億7,477万株
売買代金概算 2兆572億円

本日の日経平均は反発。後場は、円相場が1ドル91円台まで下落したことを受け、日経平均は強含む展開となった。ただ、大引けにかけては、今晩のFOMCや本格化する決算発表を前に、利食い売りに押される形で上げ幅を縮小した。
業種別では、上昇した業種は1位鉱業、2位銀行業、3位鉄鋼となっている。下落した業種は1位建設業、2位小売業、3位繊維製品となっている。東証33業種中プラスは27業種、マイナスは6業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位国際帝石、2位三住トラスト、3位関西電力となっている。一方、下落率ランキングは1位大日住薬、2位シチズンHD、3位リコーとなっている。
物色面では、業績期待からメガバンク株がしっかりと推移したほか、自動車関連株も強い動きとなった。また原油先物相場上昇を受け、国際帝石も高い。一方、厚労省によるiPS再生医療の規制法案の内容が伝わり、バイオ関連銘柄にストップ安まで売り込まれる銘柄が目立ちマザーズ指数を押し下げた。
東証一部の値上がり銘柄数は889、値下がり銘柄数は664、変わらず145。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 16:25コメント(0) 
市場コメント 

2013年01月29日

日経平均株価「日中足」
20130129am

日経平均株価 10,892.94円(前日比+68.63円)
TOPIX 921.86(前日比+8.08)
出来高概算 19億3,238万株
売買代金概算 1兆559億円

前場の日経平均は反発。朝方続落して取引を開始したものの、為替が1ドル90円台後半で落ち着きをみせていることなどから下げ渋り、徐々に下げ幅を縮小する展開。前場中ごろにプラス圏へ浮上すると、一時10900円台を回復する場面も見られた。
業種別では、上昇した業種は1位鉱業、2位鉄鋼、3位銀行業となっている。下落した業種は1位小売業、2位陸運業となっている。東証33業種中プラスは31業種、マイナスは2業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位国際帝石、2位三住トラスト、3位太平洋金となっている。一方、下落率ランキングは1位シチズンHD、2位大日住薬、3位リコーとなっている。
物色面では、業績上振れ期待からメガバンク株に買いが集まったほか、証券株もしっかり。一方、直近まで上昇が目立っていた新興市場の銘柄が換金売りに押されている。
東証一部の値上がり銘柄数は1,090、値下がり銘柄数は461、変わらず122。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:12コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter