2013年11月28日

日経平均株価「日中足」
20131128am
日経平均株価 15,631.35円(前日比+181.72)
TOPIX 1,256.33(前日比+9.25)
出来高概算 11億4,972万株
売買代金概算 9,286億円

前場の日経平均は3営業日ぶりに大幅反発。米株高や円安進行を好感する買いが続いており、日経平均は年初来高値水準を意識した動きとなっている。前引けにかけても5月22日の年初来高値水準を睨んだ取引となっており、181円高の15,631円で前場の取引を終了している。
業種別では、上昇した業種は1位海運業、2位その他金融業、3位パルプ・紙となっている。下落した業種は1位鉱業、2位石油・石炭製品、3位水産・農林業となっている。東証33業種中、プラスは29業種、マイナスは4業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位三井造、2位SUMCO、3位三井金となっている。一方、下落率ランキングは1位日新鋼HD、2位アルプス電、3位大成建となっている。
物色面では、日立、パナソニックなどの主力株が商いを伴って上昇しているほか、円下落を好感し自動車株が底堅く推移。また好業績観測報道を受けてSUMCOが上昇しているほか、海運株が業種別値上がり率でトップとなっている。
半面、東芝、NECなどが小甘く、東芝機、牧野フなどの機械関連銘柄の一角が売り優勢の展開となっている。またJTが下げ止まらず5営業日続落となっているほか、ライツオファリングの実施を発表した日医工が大幅安となっている。
東証一部の値上がり銘柄数は906、値下がり銘柄数670、変わらず185。(岡三オンライン証券)
 

okasan_online at 12:09コメント(0) 
市場コメント 

2013年11月27日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (6753) シャープ 東証1 48%
2 (8202) ラオックス 東証2 49%
3 (6343) フリージア・マクロス 東証2 50%
4 (7647) 音通 東証2 51%
5 (6208) 石川製作所 東証1 52%
6 (6502) 東芝 東証1 49%
7 (3103) ユニチカ 東証1 60%
8 (4321) ケネディクス 東証1 49%
9 (9898) サハダイヤモンド JQス 46%
10 (9501) 東京電力 東証1 82%
11 (8013) ナイガイ 東証1 25%
12 (6752) パナソニック 東証1 48%
13 (6703) 沖電気工業 東証1 40%
14 (8107) キムラタン 東証1 43%
15 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証1 49%
16 (2489) アドウェイズ 東証マ 50%
17 (4755) 楽天 JQス 50%
18 (5406) 神戸製鋼所 東証1 48%
19 (2337) いちごグループホールディングス JQス 36%
20 (4744) メッツ 東証マ 49%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (6753) シャープ 東証1 48%
2 (2489) アドウェイズ 東証マ 50%
3 (6502) 東芝 東証1 49%
4 (9984) ソフトバンク 東証1 53%
5 (6752) パナソニック 東証1 48%
6 (3765) ガンホー・オンライン・エンターテイメント JQス 66%
7 (4755) 楽天 JQス 49%
8 (4321) ケネディクス 東証1 49%
9 (3715) ドワンゴ 東証1 45%
10 (3843) フリービット 東証マ 51%
11 (9501) 東京電力 東証1 82%
12 (9983) ファーストリテイリング 東証1 51%
13 (9678) カナモト 東証1 50%
14 (6208) 石川製作所 東証1 52%
15 (8316) 三井住友フィナンシャルグループ 東証1 33%
16 (2159) フルスピード 東証マ 50%
17 (2402) アマナホールディングス 東証マ 51%
18 (3727) アプリックスIPホールディングス 東証マ 55%
19 (4578) 大塚ホールディングス 東証1 51%
20 (6981) 村田製作所 東証1 52%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 16:38コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年11月27日

日経平均株価「日中足」
20131127pm
日経平均株価 15,449.63円(前日比-65.61)
TOPIX 1,247.08(前日比-5.94)
出来高概算 21億6,709万株
売買代金概算 1兆9,263億円

本日の日経平均は続落。円安が一服したことや足元上昇した反動で利益確定売りが出た。ただ、下値では押し目買いが入り底堅い動きとなった。後場は概ね15,400円台後半から前日終値の狭いレンジ内の動きとなり、日経平均は結局65円安の15,449円で本日の取引を終了した。
業種別では、上昇した業種は1位鉱業、2位石油・石炭製品、3位不動産業となっている。下落した業種は1位情報・通信業、2位その他金融業、3位金属製品となっている。東証33業種中、プラスは8業種、マイナスは25業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位カシオ計、2位パナソニック、3位ニコンとなっている。一方、下落率ランキングは1位NKSJ HD、2位ダイキン工、3位ユニチカとなっている。
日経平均先物の動きが影を潜め東証一部の1,071銘柄が下落する中、ソフトバンク、ファーストリテイなどの日経平均寄与度の大きい値がさ株が安く、金融株も甘かったほか、自動車株も続落した。また、足元騰勢を強めていた富士フイルム、ダイキンなどの好業績銘柄も反落したほか、外資系証券がレーティングを引き下げた太平洋セメが売られた。
半面、半導体3工場を売却すると伝わったことが好感され、パナソニックが出来高を伴い大幅上昇となったほか、ソニー、日立などの電機株に高いものが散見された。また、地価上昇が確認されたことを受け不動産株が高かった。
東証一部の値上がり銘柄数は552、値下がり銘柄数1,074、変わらず134。(岡三オンライン証券)
 

okasan_online at 15:55コメント(0) 
市場コメント 

2013年11月27日

日経平均株価「日中足」
 20131127am
日経平均株価 15,453.88円(前日比-61.36)
TOPIX 1,250.08(前日比-2.94)
出来高概算 10億1,938万株
売買代金概算 8,903億円

前場の日経平均は小幅に続落。円安一服の流れを受けて利益確定売りが優勢となっているが、下値では押し目買いの動きがみられるなど、やや方向感に欠ける展開となっている。前引けにかけては戻り待ちの売りに押され、日経平均は結局61円安の15,453円で前場の取引を終了している。
業種別では、上昇した業種は1位鉱業、2位不動産業、3位海運業となっている。下落した業種は1位情報・通信業、2位金属製品、3位化学となっている。東証33業種中、プラスは9業種、マイナスは24業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位カシオ計、2位パナソニック、3位ニコンとなっている。一方、下落率ランキングは1位ダイキン工、2位塩野義薬、3位NKSJ HDとなっている。
物色面では半導体3工場の売却が伝わったパナソニックが商いを伴って上昇したほか、ソニー、TDKなどのハイテク関連も底堅い動きをみせている。また地価上昇地点の増加報道を手がかりに不動産株が買われているほか、東証1部への市場変更を発表した楽天が大幅高となっている。
半面、ファーストリテイ、ソフトバンクなどの値がさ株が弱含みとなっているほか、直近上げ足を速めていたダイキンが利益確定売りに押されている。また3営業日続落となっているJTが下げ止まらず、投資判断引き下げの影響でスタートトゥが急落する展開となっている。
東証一部の値上がり銘柄数は561、値下がり銘柄数1,040、変わらず159。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:13コメント(0) 
市場コメント 

2013年11月27日

<海外市場動向>

11/26
NYダウ 16,072.80(前日比 +0.26)
S&P500 1,802.75(前日比 +0.27)
ナスダック 4,017.75(前日比 +23.18)
英FT100 6,636.22(前日比 -508.40)
独DAX 9,290.07(前日比 -9.88)
日経225先物(円建) 15,410(大証比 -110)

NYダウは4営業日続伸。買い先行でスタート後、上げ幅を縮小したものの、押し目買いの動きが強まり、ジリジリと値を上げる動きとなった。ただ、引けにかけてはやや利益確定売りの動きが強まり、上げ幅を縮小する展開となった。

<日本株動向と戦略>

20131127am

昨日の日経平均株価は4営業日ぶりに反落。売り先行でスタート後、15,500円を挟んだもみ合いの動きとなった。引けにかけても軟調な動きとなり、結局、日経平均株価は103円安で大引けとなった。昨日の東証1部売買代金は2兆2,788億円。
本日の日経平均株価は、円安基調が一服していることを受けて、売り先行でのスタートとなりそうだ。しかし、日本株の先高感は強く、下値では押し目買いがインデックスを支える動きとなりそうだ。
物色対象は、海外勢による積極的な売買が一時的に控えられる可能性があり、薄商いの展開が想定されることから、主力株よりは中小型株中心の展開となりそうだ。「投資情報局」(ログイン後)では引き続き最新の情報を公開しているのでぜひ参考にされたい。(稲田)


okasan_online at 08:30コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter