2014年09月08日

日経平均株価「日中足」
20140908pm


日経平均株価 15,705.11円(前日比+36.43円)
TOPIX 1,298.64(前日比+5.43)
出来高概算 17億7,744万株
売買代金概算 1兆5,240億円

本日の日経平均は小幅に反発。寄り付き直後に本日の高値を付けたあとは、伸び悩む展開となった。後場に入っても、主力株を買い上がる動きは限られ、プラス圏の狭いレンジを方向感なく推移する形が続いた。結局、36円高の15,705円で本日の取引を終了した。
 
本日は東証33業種中、上昇した業種は26業種、下落した業種は7業種であった。上昇率上位の業種は1位その他金融業、2位電気・ガス業、3位建設業であった。下落率上位の業種は1位鉱業、2位サービス業、3位空運業であった。日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位平和不、2位神戸鋼、3位古河機金となっている。一方、下落率ランキングは1位カシオ計、2位パイオニア、3位ユニチカとなった。
 
物色面では、アリババ上場による含み益増加が意識されたソフトバンクが商いを伴って上昇したほか、ファナック、コマツなどの機械関連銘柄も強含み推移となった。また鹿島、大成建などの建設株が総じて確りとなったほか、個別でジャストシステやJUKIが買われ、自動運転に関連して業容拡大が意識された市光工がストップ高まで買い進まれた。

半面、トヨタや富士重などの自動車株が小安く推移したほか、シャープ、富士通なども冴えない展開となった。また先週末に発表した決算が市場の失望を誘ったカナモトが9.1%下落したほか、米ネット企業買収が伝わった楽天は買収効果に対する不透明感が嫌気され売りに押された。 東証一部の値上がり銘柄数は1,272、値下がり銘柄数は455、変わらず96。(岡三オンライン証券)


okasan_online at 15:49コメント(0) 
市場コメント 

2014年09月08日

日経平均株価「日中足」
20140908am


日経平均株価 15,695.02円(前日比+26.34円)
TOPIX 1,298.31(前日比+5.1)
出来高概算 9億6,645万株
売買代金概算 8,006億円

 前場の日経平均は小幅に反発。週末米国株が上昇したことを好感し、買い優勢でスタートしたものの、買い一巡後は15,700円を挟んで一進一退の推移。前引けにかけても小動きが続き、結局26円高の15,695円で前場の取引を終えている。
 
本日は東証33業種中、上昇した業種は26業種、下落した業種は7業種であった。上昇率上位の業種は1位その他金融業、2位建設業、3位情報・通信業であった。下落率上位の業種は1位鉱業、2位サービス業、3位石油・石炭製品であった。日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位平和不、2位神戸鋼、3位大成建となっている。一方、下落率ランキングは1位カシオ計、2位パイオニア、3位太陽誘電であった。
 
日経平均は小幅高ではあるが、個別銘柄は東証1部の7割以上が上昇している。足元調整していた建設株に物色が向かい、大成建、大林組が上昇、鹿島が年初来高値を更新し、保有するアリババの仮条件が決定し含み益が再評価され、ソフトバンクが急反発しているほか、機械関連株も堅調に推移している。個別では、デングウイルスの抗体を開発したと発表した医学生物がストップ高買い気配で寄らず、錦織選手が全米オープンで決勝まで進出したことも好感し、WOWOWやヨネックスなど関連銘柄が値を飛ばしている。

半面、国際帝石や石油資源などの原油関連株が小幅に下落しているほか、京セラ、アルプスも冴えない動きとなっている。その他では、日経平均の定期入れ替えがなかったことを受け、ヤマハ発や任天堂など候補銘柄が失望売りに押されている。東証一部の値上がり銘柄数は1,380、値下がり銘柄数は352、変わらず91。(岡三オンライン証券)


okasan_online at 12:57コメント(0) 
市場コメント 

2014年09月08日

9/5
NYダウ 17,137.36 (前日比+67.78)
S&P500 2,007.71(前日比+10.06)
ナスダック 4,582.90(前日比+20.61)
英FT100 6,855.10(前日比-22.87)
独DAX 9,747.02(前日比+22.76)
日経225先物(円建) 15,685 (大取比-5)

主要3指数は揃って上昇。雇用統計(8月)を受けて早期利上げ懸念が和らいだとの見方から、朝方の下落後、下値で押し目を拾う動きが広がり、NY株式相場は売り一巡後、切り返す展開となった。引けにかけても買い優勢の展開が続き、結局、NYダウは高値引けとなった。S&P500は終値ベースで史上最高値を更新して取引を終了した。
 

<日本株動向と戦略>
20140908am
 今週の日本株相場は底堅い展開が続きそうだ。米雇用統計は予想を下回る内容となったものの、ウクライナとロシアが停戦協定を締結するなど、ウクライナ情勢がひとまず改善したことは支援材料といえる。

先週末に発表されたシカゴ通貨先物(円)の投機筋ポジション(2日時点)は前週からそれほど大きく増加していないことを考えると、足元の円安は投機筋主導というよりは、トレンド変化を感じ取った中長期投資家主導の可能性もあり、ドル円は息の長い上昇相場に入っているといえそうだ。

円安基調が鮮明となった2日を境に、物色は変化している。実際、2日以降は小型株よりも大型株のパフォーマンスが良い日が4営業日連続となっている。円の先安観が広がっていることに加え、GPIF改革や臨時国会での政策に対する期待も高まっており、今回は売りをこなした後、TOPIXは1,300ポイントを上に抜ける展開を想定している。主力株への投資比率を徐々に上げていきたい。当社情報ポータルサイト「株式投資情報局」(ログイン後)の最新の投資情報をあわせてご覧いただきたい。(青木)



okasan_online at 08:49コメント(0) 
今日の相場 

2014年09月05日

日経平均株価「日中足」
20140905pm

日経平均株価 15,668.68円(前日比-7.5円)
TOPIX 1,293.21(前日比-3.18)
出来高概算 20億2,682万株
売買代金概算 1兆6,980億円

 本日の日経平均は小幅に続落。円が対ドルで約5年11ヵ月ぶりの低水準となったことから、朝方は110円超上昇して取引を開始した。ただ、今晩に米雇用統計の発表を控えていることなどから、利益確定売りが嵩み、日経平均はマイナス圏に沈んだ。大引けにかけても、前日終値近辺で一進一退の動きが続き、結局、日経平均は7円安の15,668円で本日の取引を終えた。
 
本日は東証33業種中、上昇した業種は6業種、下落した業種は27業種であった。上昇率上位の業種は1位輸送用機器、2位ガラス・土石製品、3位電気機器であった。下落率上位の業種は1位鉱業、2位その他金融業、3位パルプ・紙であった。日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位東京ドーム、2位SUMCO、3位あおぞらとなっている。一方、下落率ランキングは1位東急不HD、2位ヤマトHD、3位DOWAとなった。
 
物色面では、ソニーやOKIなどの電機株が軟調に推移し、大林組や鉄建、日コンベヤなど建設株関連銘柄も冴えない動きとなった。また、日本通信やガンホー、N・フィールドなど新興市場銘柄の下落が目立った。個別では、マネパGが朝高後、下げに転じ、イオンが年初来安値を更新した。

半面、トヨタやファナック、東芝などの輸出株、SUMCOやアドバンテ、東京精密などの半導体関連株が確りで推移したほか、一休や空港ビルなど訪日関連銘柄の一角が上昇した。個別では、スクエニHDが3.7%高となったほか、ジャムコが8年ぶりに2,000円台を回復した。そのほかでは、積水ハウスが底堅く推移した。東証一部の値上がり銘柄数は603、値下がり銘柄数は1,044、変わらず175。(岡三オンライン証券)


okasan_online at 15:57コメント(0) 
市場コメント 

2014年09月05日

日経平均株価「日中足」
20140905am

日経平均株価 15,702.48円(前日比+26.3円)
TOPIX 1,296.26(前日比-0.13)
出来高概算10億4,599万株
売買代金概算8,506億円

 前場の日経平均は小幅に反発。円安進行を好感し、買い先行でスタートしたものの、買い一巡後は利益確定売りの流れが強まり、日経平均は上げ幅を縮小させる展開となっている。前引けにかけては下げ渋る動きとなったものの、戻りは鈍く、結局26円高の15,702円で前場の取引を終えている。
 
本日は東証33業種中、上昇した業種は15業種、下落した業種は17業種、変わらず1業種であった。上昇率上位の業種は1位ガラス・土石製品、2位輸送用機器、3位ゴム製品であった。下落率上位の業種は1位鉱業、2位空運業、3位その他金融業であった。日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位トレンド、2位東京ドーム、3位SUMCOとなっている。一方、下落率ランキングは1位大平洋金、2位ヤマトHD、3位東急不HDであった。
 
物色面では、トヨタやファナック、京セラなどの輸出株が底堅く推移しているほか、マネパGやM2JなどFX取引関連の銘柄が賑わっている。また、グリコや味の素などの食品株、SUMCOや住友化などの素材株が上昇し、証券会社がレーティングを引き上げた東京精やスクエニHDなどが買われている。

半面、鉄建や熊谷組などの低位建設株が軟調に推移しているほか、楽天やサイバーエージなどのネット関連株も冴えない。そのほかでは、ミクシィや日本通信など新興市場銘柄の下落が目立ち、ダイエーやFマートなどの小売関連株が弱含んでいる。
東証1部の値上がり銘柄数は793、値下がり銘柄数は837、変わらず192。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:34コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter