2013年07月04日

<海外市場動向>

7/3
NYダウ 14,988.55(前日比 +56.14)
S&P500 1,615.41(前日比 +1.33)
ナスダック 3,443.67(前日比 +10.27)
英FT100 6,229.87(前日比 -74.07)
独DAX 7,829.32(前日比 -81.45)
日経225先物(円建) 14,040(大証比 +20)

NYダウは反発。ADP雇用報告(6月)の内容が予想よりも良好なものとなり、週末の雇用統計(6月)に対する期待感に繋がった。

<日本株動向と戦略>

20130704ax

昨日の日経平均株価は5営業日ぶりに反落もTOPIXは5営業日続伸。円安が好感され、買い先行でスタートしたものの、その後は様子見姿勢が強くなり、結局小幅安となった。昨日の東証1部売買代金は2兆3,217億円。
本日の日経平均株価は、週末の米雇用統計に向けて様子見姿勢が強いものの、米株高もあり底堅い推移となりそうだ。円相場は1ドル=100円を若干割れてはいるものの、落ち着いた動きとなっており、本日は日本株の底堅さを確認する一日となりそうだ。
いよいよ、参議院選挙が公示(投開票日は7/21)され、アベノミクスへの注目が高まる。この先の業績相場では将来の成長性が重要なキーを握るだけに、安倍首相の成長戦略が再び市場の中心テーマとなりそうだ。これら関するテーマ等に関しては、ログイン後の「投資情報局」で順次掲載しているので、ぜひ参考にしていただきたい。(稲田)



okasan_online at 08:45コメント(0) 
今日の相場 

2013年07月03日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (9501) 東京電力 東証 50%
2 (6753) シャープ 東証 49%
3 (7261) マツダ 東証 42%
4 (4004) 昭和電工 東証 50%
5 (7211) 三菱自動車工業 東証 53%
6 (8918) ランド 東証 54%
7 (5721) エス・サイエンス 大証 36%
8 (3004) 神栄 東証 52%
9 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 50%
10 (4229) 群栄化学工業 東証 50%
11 (4321) ケネディクス 東証 51%
12 (8245) 丸栄 東証 53%
13 (3103) ユニチカ 東証 56%
14 (1821) 三井住友建設 東証 52%
15 (8604) 野村ホールディングス 東証 46%
16 (6791) 日本コロムビア 東証 49%
17 (8585) オリエントコーポレーション 東証 47%
18 (6343) フリージア・マクロス 東証 56%
19 (3656) KLab 東証 48%
20 (5406) 神戸製鋼所 東証 54%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (4978) リプロセル JASDAQ 50%
2 (9501) 東京電力 東証 50%
3 (6753) シャープ 東証 50%
4 (3656) KLab 東証 48%
5 (2191) テラ JASDAQ 50%
6 (7261) マツダ 東証 42%
7 (3765) ガンホー・オンライン JASDAQ 48%
8 (4651) サニックス 東証 50%
9 (3715) ドワンゴ 東証 62%
10 (2587) サントリー食品インターナショナル 東証 53%
11 (8604) 野村ホールディングス 東証 46%
12 (8802) 三菱地所 東証 50%
13 (4321) ケネディクス 東証 51%
14 (7270) 富士重工業 東証 48%
15 (4229) 群栄化学工業 東証 50%
16 (2395) 新日本科学 東証 52%
17 (4587) ペプチドリーム 東証 51%
18 (9983) ファーストリテイリング 東証 48%
19 (8515) アイフル 東証 47%
20 (7203) トヨタ自動車 東証 46%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 18:35コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年07月03日

日経平均株価「日中足」
20130703pm

日経平均株価 14,055.56(前日比-43.18)
TOPIX 1,173.81(前日比+1.97)
出来高概算 28億1,598万株
売買代金概算 2兆3,217億円

本日の日経平均は反落。後場に入ってからは、円安進行による先高期待からプラス圏に浮上したものの、アジア株安が重しとなり、再び小安い水準での推移となった。大引けにかけても、週末に米雇用統計を控えていることによる様子見姿勢が続き、結局日経平均は43円安で取引を終了。ただ、TOPIXは前日比プラスであり、値上がり銘柄数が目下がり銘柄数を上回っている。
業種別では、上昇した業種は1位ゴム製品、2位不動産業、3位鉱業となっている。下落した業種は1位電気・ガス業、2位水産・農林業、3位情報・通信業となっている。東証33業種中、プラスは20業種、マイナスは13業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位ブリヂストン、2位三菱地所、3位三菱重となっている。一方、下落率ランキングは1位東京電力、2位ユニーGHD、3位三菱マとなっている。
物色面では、6月の米国自動車販売で販売台数を大幅に増やした自動車株が買われたほか、不動産株もしっかりと推移した。また、夏の国内旅行者数が過去最高と報じられたことからから旅行関連銘柄が賑い、明日の参院選公示を控えドワンゴも買われた。一方、直近上昇の反動からソフトバンクやシャープなどが利益確定売りに押されさえない推移となったほか、海運株も安い。また、個別では業績悪化懸念でグリーが売られた。
東証一部の値上がり銘柄数は864、値下がり銘柄数714、変わらず135。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 16:12コメント(0) 
市場コメント 

2013年07月03日

日経平均株価「日中足」
20130703am

日経平均株価 14,014.87(前日比-83.87)
TOPIX 1,168.62(前日比-3.22)
出来高概算 15億2,144万株
売買代金概算 1兆1,959億円

前場の日経平均は反落。ドル100円台まで円安が進んだことを好感し、朝方の日経平均は買い先行で取引を開始。しかし、買い一巡後は足元大幅に上昇した反動から利益確定売りに押され、マイナス圏に沈む展開となった。前引けにかけても低調な取引が続き、結局、日経平均は83円安で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位ゴム製品、2位鉱業、3位保険業となっている。下落した業種は1位電気・ガス業、2位海運業、3位水産・農林業となっている。東証33業種中、プラスは9業種、マイナスは24業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位ソニーFH、2位ブリヂストン、3位三菱重となっている。一方、下落率ランキングは1位東京電力、2位ユニーGHD、3位三菱マとなっている。
物色面では、足元上昇した銘柄に反動安する動きが目立った。長期金利が一時0.9%に乗せたことを嫌気し、金融株が下落。また、東電が柏崎刈羽原発の再稼働申請を巡り、新潟県との調整が難航していることを受け、大幅反落となっている。一方、円安で自動車株が買われたほか、資産運用好調への期待から保険株が高い。また、大手出版社が新刊を原則電子書籍で販売する方針であることが伝えらえたことから、電子書籍関連銘柄が賑わった。
東証一部の値上がり銘柄数は637、値下がり銘柄数924、変わらず139。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:14コメント(0) 
市場コメント 

2013年07月03日

<海外市場動向>

7/2
NYダウ 14,932.41(前日比 -42.55)
S&P500 1,614.08(前日比 -0.88)
ナスダック 3,433.40(前日比 -1.09)
英FT100 6,303.94(前日比 -3.84)
独DAX 7,910.77(前日比 -73.15)
日経225先物(円建) 14,170(大証比 +40)

NYダウは反落。今後の量的緩和策の行方に対する不透明感が強いうえ、週末の雇用統計(6月)対する様子見ムードも漂い、積極的な買いは控えられたもよう。

<日本株動向と戦略>

20130703ax

昨日の日経平均株価は4営業日続伸。買い先行でスタート後、一進一退の動きとなったが、大引けにかけて、円安進行の流れもあり、上昇幅を拡大、14,000円台を回復した。昨日の東証1部売買代金は2兆3,533億円。
本日の日経平均株価は、1ドル=100円台まで円安が進んだことを好感し、買い先行でのスタートが予想される。米国株は小幅反落となったものの、発表された米経済指標の好調さは量的緩和縮小が許容出来る状況となっている。一方、日本の金融緩和は継続されることから、為替相場は円安基調が続く可能性が強く、日本株の下支えに貢献しそうだ。
一方、国内の個別企業の既存店売上高も好調であり、国内消費の改善を裏付ける数字が出てきている。ここは、好業績銘柄の戻りに期待したいところであり、この先の業績相場への足がかりとなりそうだ。好業績関連を含むテーマ等に関しては、ログイン後の「投資情報局」で順次掲載しているので、ぜひ参考にしていただきたい。(稲田)



okasan_online at 08:35コメント(0) 
今日の相場 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter