2013年01月09日

<海外市場動向>

1/8
NYダウ 13328.85ドル(前日比 -55.44ドル)
S&P500 1457.15(前日比 -4.74)
ナスダック 3091.81(前日比 -7.00)
英FT100 6053.63(前日比 -10.95)
独DAX 7695.83(前日比 -36.83)
日経225先物(円建) 10425円(-55円(大証比))

NYダウは続落。主要企業の決算発表に対する警戒感から、前日に引き続きNY株式市場では売りが優勢となった。

<日本株動向と戦略>

20130109ax

昨日の日経平均株価は続落。朝方、小安く寄付いた後、一時10600円台を回復したものの、その後は売り優勢となり、下げ幅は130円超まで拡大した。引けにかけてはやや持ち直したものの、90円安と続落した。昨日の東証1部売買代金は1兆8726億円。
本日の日経平均株価は、欧米株の反落や円安一服の動きを嫌気し、続落してのスタートとなりそうだ。その後は利益確定売りと押し目買いの綱引きの展開が予想される。安倍政権の政策期待は継続しており、買い遅れた投資家の押し目買いは引き続き期待できそうだ。
相場は過剰流動相場的な動きとなっており、循環物色の流れはこれから本格化してくる。主力テーマは「脱デフレ」「円安メリット」「国土強靭化」だが、これらが押し目形形成場面になると、新興市場株や内需・グロース株に物色の矛先が向かうなど物色の流れに広がりが出てきており、これらの流れには素直に乗りたいところだ。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2013年01月09日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (1813) 不動テトラ 東証 51%
2 (8589) アプラスフィナンシャル 大証 51%
3 (8585) オリエントコーポレーション 東証 49%
4 (8515) アイフル 東証 51%
5 (5233) 太平洋セメント 東証 55%
6 (8918) ランド 東証 49%
7 (1821) 三井住友建設 東証 49%
8 (6753) シャープ 東証 53%
9 (9107) 川崎汽船 東証 59%
10 (1898) 世紀東急工業 東証 46%
11 (6803) ティアック 東証 47%
12 (1861) 熊谷組 東証 52%
13 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 46%
14 (9672) 東京都競馬 東証 52%
15 (4004) 昭和電工 東証 4%
16 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証 47%
17 (5912) 日本橋梁 東証 46%
18 (1827) ナカノフドー建設 東証 50%
19 (8304) あおぞら銀行 東証 56%
20 (9104) 商船三井 東証 55%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (8515) アイフル 東証 51%
2 (1813) 不動テトラ 東証 51%
3 (8585) オリエントコーポレーション 東証 49%
4 (8589) アプラスフィナンシャル 大証 51%
5 (5233) 太平洋セメント 東証 55%
6 (6753) シャープ 東証 53%
7 (7203) トヨタ自動車 東証 57%
8 (6954) ファナック 東証 53%
9 (3632) グリー 東証 53%
10 (5912) 日本橋梁 東証 46%
11 (8830) 住友不動産 東証 56%
12 (1821) 三井住友建設 東証 49%
13 (2875) 東洋水産 東証 51%
14 (4751) サイバーエージェント 東証 47%
15 (8306) 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証 55%
16 (2931) ユーグレナ 東証 63%
17 (8604) 野村ホールディングス 東証 55%
18 (9983) ファーストリテイリング 東証 46%
19 (2432) ディー・エヌ・エー 東証 53%
20 (5602) 栗本鐵工所 東証 50%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 07:43コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年01月08日

日経平均株価「日中足」
20130108pm

日経平均株価 10,508.06円(前日比-90.95円)
TOPIX 871.88(前日比-9.18)
出来高概算 35億1,954万株
売買代金概算 1兆8,726億円

本日の日経平均は続落。後場に入るとポジション調整とみられる売りなどがかさみ、日経平均は下げ幅を130円超まで広げる場面がみられた。大引けにかけてはやや値を戻し、結局90円安で本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位陸運業、2位食料品、3位サービス業となっている。下落した業種は1位不動産業、2位証券・商品先物取引業、3位保険業となっている。東証33業種中プラスは8全業種、マイナスは25業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位ユニチカ、2位シャープ、3位日東紡となっている。一方、下落率ランキングは1位アルプス電、2位トクヤマ、3位JFEとなっている。
個別銘柄では、輸出関連株が軒並み安となったほか、証券株や不動産株が利益確定売りに押される展開となった。一方、ディフェンシブ銘柄が堅調うえ、値動きの軽さが好感され直近IPO銘柄が値を飛ばした。また、業績改善期待の高まりからシャープが大幅高。
東証1部の値上がり銘柄数は565、値下がり銘柄数は1,014、変わらず116。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 16:30コメント(0) 
市場コメント 

2013年01月08日

日経平均株価「日中足」
20130108am

日経平均株価 10,548.56円(前日比-50.45円)
TOPIX 877.04(前日比-4.02)
出来高概算 18億6,476万株
売買代金概算 9,418億円

前場の日経平均は続落。朝方、売り先行で寄り付いたが、利益確定売りが一巡した後は下げ渋りとなり、一時プラス圏まで値を戻す場面も見られた。ただ、前引けにかけては再び下値を切り下げる展開となり、50円安で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位海運業、2位陸運業、3位サービス業となっている。下落した業種は1位不動産業、2位証券・商品先物取引業、3位その他金融業となっている。東証33業種中プラスは14全業種、マイナスは19業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位シャープ、2位日東紡、3位日立造となっている。一方、下落率ランキングは1位NTN、2位三井化学、3位アルプス電となっている。
個別銘柄では、金融株や自動車関連株が利食い売りに押されたほか、直近の上昇の反動から不動産株も軟調な推移。一方、内需株がしっかりのほか、建設関連株の一角も底堅い動き。また、業績改善期待を背景にシャープが大幅反発。
東証1部の値上がり銘柄数は804、値下がり銘柄数は710、変わらず158。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:09コメント(0) 
市場コメント 

2013年01月08日

<海外市場動向>

1/7
NYダウ 13384.29ドル(前日比 -50.92ドル)
S&P500 1461.89(前日比 -4.58)
ナスダック 3098.81(前日比 -2.85)
英FT100 6064.58(前日比 -25.26)
独DAX 7732.66(前日比 -43.71)
日経225先物(円建) 10620円(+0円(大証比))

NYダウは反落。S&P500が約5年ぶりの高値水準を回復したことよる高値警戒感から積極的な買いはみられなかった。また、明日からスタートする各社の決算発表に対する様子見ムードも強く、リスク投資は限定的。終日手掛かり材料難から小動きに推移した。

<日本株動向と戦略>

20130108ax

昨日の日経平均株価は6営業日ぶりに反落。買い先行でスタートしたものの、利益確定売りが優勢となり急速に値を消す展開。引けにかけては先物主導でさらに下値を切り下げた。昨日の東証1部売買代金は1兆8361億円。
本日の日経平均株価は欧米株の反落や円安一服の動きが重しとなるものの、景気対策への期待感もあることから、底堅い動きが予想される。これまでの日本株の上昇が急ピッチだったこともあり、買い遅れている投資家も多いことから、下値では買いが入る可能性が強そうだ。
相場全体は上昇一服となる可能性が強いことから、投資戦略としては、主力株の押し目狙いに加え、中小型・新興市場株にも動きが期待できそうだ。特に、昨日は日経JQ平均が約4年ぶりの高値更新となり、その他の小型株指数も高値を更新してきている。こうした流れには素直に乗りたいところだ。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter