2012年03月09日

先週に引き続き株主優待情報です。3月末の株主優待は563社、優待内容で902種類ですが、今回は金券と買物券について紹介します。金券は90種類、買物券(対象分野限定を含む)は110種類です。

株主優待グラフ2

<3月株主優待最低投資金額ランキング(金券、買物券関連企業)> 


コード銘柄市場最低投資金額
17638シーマJQ21
29822クロニクルJQ2,900
38107キムラタン大証5,000
42926M-篠崎屋東証10,590
58705岡藤HDJQ14,000
63598山喜大証16,700
78711FXプライムJQ27,000
89380東海運東証27,200
95234デイシイ東証29,300
109995イーストンJQ29,300
115121藤倉ゴム東証31,300
128103明和産東証33,400
134800オリコンJQ35,300
142666オートウェーブJQ35,500
159854愛眼東証36,800
162376サイネックスJQ37,800
173023ラサ商事東証40,700
184271日カーリット東証41,700
197893プロネクサス東証41,700
203325M-ケンコーコム東証41,950
213512日本フエルト東証43,000
229890マキヤJQ43,500
239405朝日放送大証45,000
247416はるやま東証45,300
252924イフジ産業JQ45,800
265816オーナンバ大証46,200
279658ビジ太昭JQ47,200
282378ルネサンス東証48,000
297513コジマ東証49,300
305389日本レヂボン大証50,300
319831ヤマダ電機東証51,000
327480スズデン東証53,400
332719キタムラ東証53,900
347571ヤマノHDJQ55,000
352730エディオン東証56,500
369818大丸エナ東証56,500
373059ヒラキ東証57,600
387419ノジマJQ60,900
391417ミライトHD東証62,000
407291日プラスト東証66,400
  ※最低投資金額については、株式売買単位等の考慮はされていません。

3月株主優待銘柄(金券、買物券)詳細一覧表(3/9現在)
http://www.okasan-online.co.jp/data/oom/0309/yutai-2.pdf


okasan_online at 16:00コメント(0) 
投資テーマ 

2012年03月02日

3月は年間で最も決算企業数の多い月であり、年間のなかで配当や株主優待が最も注目される月でもあります。「岡三ネットトレーダープレミアム」では、株主優待情報を表示することができるので、これを参考にしていただきたいと思います。

3月末の株主優待は銘柄数で563社、優待内容で902種類(1社で数種類の株主優待を提供している場合があるため)となっています。このなかで、もらって嬉しい食料・飲料品の株主優待を行っている企業を岡三ネットトレーダーの株主優待で検索する(検索結果には重複あり)と175種類となりました。さらに、飲食券が72種類、金券が90種類、買物券が33+77(対象分野限定)=110種類となっています。

株主優待グラフ

そこで、今回は飲食券、食料・飲料品の株主優待を行なっている企業をご紹介いたします。今月末(正確には3/27)に向けて株主優待取りの参考にどうぞ!(稲田)

<3月株主優待最低投資金額ランキング(飲食券、飲料・食料品関連企業)>


コード銘柄名市場最低投資金額
14539日ケミファ東証418
28767ウェブクル東証745
37622さかいJQ8,500
42926篠崎屋東証10,990
56927ヘリオステクノHJQ15,000
68742小林洋行東証20,700
74558中京医薬JQ21,900
88207テンアライド東証26,500
97412アトム東証34,200
103306日製麻東証37,000
114837シダックスJQ37,000
126926OKAYA 東証37,400
138613丸三証東証37,800
142597ユニカフェ東証38,800
158818京阪神ビ大証39,800
163325ケンコーコム東証41,700
171965テクノ菱和東証42,900
189619イチネンHD東証44,200
192694GテイストJQ48,000
202712スタバックJQ50,600
213068WDIJQ50,700
227561ハークスレイ東証50,900
238881日神不東証51,500
249324安田倉東証52,900
253034クオール東証55,000
262915ケンコーマヨ東証55,600
278897タカラレーベン東証58,300
283077ホリイフードJQ59,000
297628オーハシテクニカ東証59,400
309899サンデーサン東証60,700
319319中央倉大証63,100
329047名糖運輸東証64,500
332666オートウェーブJQ66,000
342764ひらまつ東証70,300
357218田中精密JQ70,600
364696ワタベ東証72,800
372816ダイショー東証72,900
387264MUROJQ73,200
397524マルシェ東証73,200
409368キムラユニティー東証74,000
  ※最低投資金額については、株式売買単位等の考慮はされていません。

3月株主優待銘柄(飲食券、食料・飲料品)詳細一覧表(3/2現在)

http://www.okasan-online.co.jp/data/oom/0302/yutai3-1.pdf


okasan_online at 16:00コメント(0) 
投資テーマ 

2012年02月27日

岡三株スマホ

ついに、岡三オンライン証券のスマホアプリが登場です。

今回の「岡三株スマホ」の特徴はシンプル、簡単、使いやすい、です。

チャート機能はラインのみのなりますが、スマホで簡単に株価や板、ラインチャートが確認できて非常に便利です。

また、アラート機能で買いポイントや利食いポイント、損切りポイントを設定すれば、メールで「銘柄アラートのお知らせ」が届きます。スマホならその場で売買することが可能です。

ぜひ、「岡三株スマホ」で快適な株スマホライフを!

「岡三株スマホ」特設サイト
http://www.okasan-online.co.jp/ont/function/ont_smt/order/

「岡三株スマホ」操作マニュアル
http://www.okasan-online.co.jp/ont/guide/manual/pdf/ont_smt/manual_smt_01.pdf



okasan_online at 19:36コメント(0) 
その他 

2012年02月10日

2月は小売業中心に比較的株主優待が多い月です。2月9日現在で岡三ネットトレーダーで2月の株主優待情報を検索すると123銘柄、156種類(1銘柄で複数種類の株主優待あり)になります。

2月の特徴は株主優待のなかでも人気の高い食料品・飲食券等が27種類(ウエイト17%)、金券・買物券・自社製品等が100種類(ウエイト64%)もあることです。特に、飲食店やスーパー、百貨店などの株主優待は人気があるようです。(稲田)

2月株主優待ウエイト

今回も岡三ネットトレーダーで閲覧可能な株主優待詳細情報をpdfでご覧いただけます。


<2月の株主優待銘柄>
2月の株主優待一覧


2月株主優待全銘柄詳細一覧表(2/9現在)
http://www.okasan-online.co.jp/data/oom/0210/kabuy.pdf


okasan_online at 16:00コメント(0) 
投資テーマ 

2011年12月22日

本日、日経カバードコールETFが上場しました。このETF(上場投資信託)は日本経済新聞社が算出している「日経平均カバードコール・インデックス」との連動を目指すETFであり、エンハンスト型指数(一定の投資成果を実現するための投資戦略を表現した指数)の一種とされています。

日経カバードコールETFのお知らせ
http://www.okasan-online.co.jp/information/2011/1219b/


「日経平均カバードコール・インデックス」算出要領
http://www.nikkei.co.jp/nkave/pdf/20110530_2.pdf


それでは、カバードコール戦略について簡単に解説しておきます。
カバードコール戦略はオプションを利用した代表的な投資手法の一つで、原資産(ここでは日経平均先物)を買うと同時に、その原資産のコール・オプションを売ることで、オプションのプレミアム分だけ収益を底上げする手法です。

カバードコール図

先物の買いとコールオプションの売りで合成ポジションをつくることになり、実質的にはプットの売りと同じ戦略となります。


つまり、このETFを買うことによって、継続的にプット売りをし続けることになるのです。この戦略は、長期的には強気、短期的には弱気の時に有効で、コールオプションの満期日までに価格が下がるか変化しなければプラスの収益を得ることができます。


一方、信用取引を使ってこの日経カバードコールETFを売り建てると、プットの買いをし続けることになります。この日経カバードコールETFの売り建てはマーケットが大きく下がる懸念がある場合に短期的なヘッジとして使うことができます。上場インデックスファンド225ETFを売り建ててヘッジをすることもできますが、この場合に比べると予想が外れてマーケットが上昇した場合には損失が限定されるというメリットがあります。


ETFをうまく利用して投資戦略にお役立て下さい!(稲田)



okasan_online at 16:00コメント(0) 
その他 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter