2013年06月25日

日経平均株価「日中足」
20130625am

日経平均株価 13,147.14(前日比+84.36)
TOPIX 1,090.52(前日比+0.88)
出来高概算 11億4,070万株
売買代金概算 9,339億円

前場の日経平均は反発。自律反発狙いの買いから小幅高で取引を開始後は、中国経済の不透明感などが重しとなり、マイナス圏へ沈む場面もみられた。ただ、中国株が朝安後に切り返したことから、その後は上値追いの展開となり、一時13,200円台を回復。前引けにかけては、戻り待ちの売りに押され、結局84円高で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位海運業、2位精密機器、3位水産・農林業となっている。下落した業種は1位その他金融業、2位空運業、3位輸送用機器となっている。東証33業種中、プラスは14種、マイナスは19業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位ニチレイ、2位川崎船、3位郵船となっている。一方、下落率ランキングは1位ダイキン工業、2位SUMCO、3位トクヤマとなっている。
物色面では、米政府の対日輸出枠拡大でシェールガス関連が賑わったほか、バルチック海運指数の続伸で海運株がしっかり。また、マイクロソフト社からオリジナルゲームのライセンスを獲得したKlabがストップ高買い気配。一方、ネット関連株やイオ関連株は売りに押されている。
東証一部の値上がり銘柄数は610、値下がり銘柄数989、変わらず104。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:25コメント(0) 
市場コメント 

2013年06月25日

<海外市場動向>

6/24
NYダウ 14,659.56(前日比 -139.84)
S&P500 1,573.09(前日比 -19.34)
ナスダック 3,320.76(前日比 -36.49)
英FT100 6,029.10(前日比 -87.07)
独DAX 7,692.45(前日比 -96.79)
日経225先物(円建) 13,020(大証比 +10)

NYダウは大幅反落。中国の景気と金融政策の先行きに対する不透明感が強まったことに加え、引き続きQEの今後の動向に対する不透明感が根強く、売りが膨らんだ。

<日本株動向と戦略>

20130625ax

昨日の日経平均株価は反落。米株高やNY株安を受けて買い先行でスタートした後は、先物主導でじりじりと値を下げマイナス圏に沈む展開となった。大引けにかけてもアジア株安を受け下げ幅を広げた。昨日の東証1部売買代金は1兆8,962億円と再び2兆円割れ。
本日の日経平均株価は、NYダウの下落を受けて売り優勢でのスタートとなりそうだ。ただ、為替は1ドル=97円台をキープしていることから、大幅下落の可能性は低そうだ。引き続き、NYダウと中国株の動きに左右される可能性が強いが、外部環境が悪化しても為替が下支えして13,000円を大きくは割らないと思われる。
NYダウを筆頭に外部環境の不透明感が増していることから、商いの盛り上がりは期待しにくく、当面は調整局面が続くと思われる。こうした状況下ではテーマ性のある中小型株などで幕間つなぎをするしかなさそうだ。投資テーマや業績動向に関してはログイン後の「投資情報局」を参考にしていただきたい。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2013年06月24日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (7211) 三菱自動車工業 東証 50%
2 (9501) 東京電力 東証 50%
3 (4092) 日本化学工業 東証 50%
4 (8515) アイフル 東証 49%
5 (4798) L’ALBAホールディングス 東証 50%
6 (4064) 日本カーバイド工業 東証 49%
7 (8918) ランド 東証 51%
8 (3103) ユニチカ 東証 57%
9 (3656) KLab 東証 53%
10 (5406) 神戸製鋼所 東証 22%
11 (6701) 日本電気 東証 52%
12 (6343) フリージア・マクロス 東証 67%
13 (4229) 群栄化学工業 東証 49%
14 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証 49%
15 (7999) MUTOHホールディングス 東証 74%
16 (8589) アプラスフィナンシャル 大証 45%
17 (8202) ラオックス 東証 50%
18 (7261) マツダ 東証 44%
19 (6494) NFKホールディングス JASDAQ 44%
20 (6803) ティアック 東証 50%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (9501) 東京電力 東証 50%
2 (8515) アイフル 東証 49%
3 (7211) 三菱自動車工業 東証 51%
4 (4064) 日本カーバイド工業 東証 49%
5 (9984) ソフトバンク 東証 57%
6 (3656) KLab 東証 53%
7 (3715) ドワンゴ 東証 48%
8 (7707) プレシジョン・システム JASDAQ 52%
9 (3386) コスモ・バイオ JASDAQ 50%
10 (4587) ペプチドリーム 東証 51%
11 (8721) ベンチャー・リヴァイタライズ 大証 50%
12 (3765) ガンホー・オンライン JASDAQ 48%
13 (3858) ユビキタス JASDAQ 51%
14 (9983) ファーストリテイリング 東証 53%
15 (4321) ケネディクス 東証 49%
16 (8473) SBIホールディングス 東証 29%
17 (4092) 日本化学工業 東証 50%
18 (1570) 日経平均レバレッジ 大証 35%
19 (7270) 富士重工業 東証 42%
20 (4229) 群栄化学工業 東証 49%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 17:49コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年06月24日

日経平均株価「日中足」
20130624pm

日経平均株価 13,062.78(前日比-167.35)
TOPIX 1,089.64(前日比-9.76)
出来高概算 22億9,346万株
売買代金概算 1兆8,962億円

本日の日経平均は反落。後場に入ってからは、戻り待ちの売りが上値を抑える一方で、下値では押し目買いが入るなど一進一退となり、前日終値付近でもみ合いの推移が続いた。大引けにかけてはアジア株安を背景に日経平均は下げ幅を広げ、結局安値圏での引けとなる167円安で本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位その他金融業、2位陸運業、3位空運業となっている。下落した業種は1位機械、2位非鉄金属、3位輸送用機器となっている。東証33業種中、プラスは8種、マイナスは25業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位太平洋セメ、2位大林組、3位大日スクリンとなっている。一方、下落率ランキングは1位ダイキン工業、2位クボタ、3位三菱電となっている。
物色面では、中国の景気後退懸念から中国関連銘柄が売られたほか、主力株もさえない動きとなった。また、富士山の世界遺産登録決定を受け、富士急などの関連銘柄が朝方高く始まったものの、材料出尽くし感から売られた。一方、復興インフラ関連銘柄がしっかりのほか、選挙関連株もにぎわった。
東証一部の値上がり銘柄数は769、値下がり銘柄数852、変わらず93。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 15:41コメント(0) 
市場コメント 

2013年06月24日

日経平均株価「日中足」
20130624am

日経平均株価 13,227.02(前日比-3.11)
TOPIX 1,099.18(前日比-0.22)
出来高概算 12億2,365万株
売買代金概算 9,725億円

前場の日経平均は小幅反落。円安進行や都議会選挙での自公圧勝を好感し、朝方、買い先行で取引を開始した。前週末に大幅高した反動もあり、その後は下値を切り下げる展開となったが、一段と売り込む動きは限定的で、前日終値近辺で一進一退の動きとなり、結局3円安で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位証券・商品先物取引業、2位不動産業、3位その他金融業となっている。下落した業種は1位非鉄金属、2位卸売業、3位機械となっている。東証33業種中、プラスは17業種、マイナスは15業種、変わらず1業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位東京ドーム、2位大林組、3位東京電力となっている。一方、下落率ランキングは1位ダイキン工業、2位コマツ、3位川崎重となっている。
物色面では、中国の景気後退懸念から、景気敏感株に安いものが目立つ。中国関連株が売られたほか、商社株なども安い。一方、米国の買収戦略が前進したことを好感しソフトバンクが買われたほか、燃料電池車の安全性の国際基準に日本案が採用されることが伝わったことから関連銘柄の岩谷産が賑わいを見せている。また、ユネスコが富士山の世界遺産登録を正式決定したことを受け、富士急が朝買われたものの、その後マイナスに転じた。
東証一部の値上がり銘柄数は905、値下がり銘柄数677、変わらず125。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:24コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter