2012年11月12日

<ポイント>
本日は日経平均株価はNYダウの下げ止まりから底堅い動きとなりそうだが、週間ベースでは引き続き調整色が強まりそうだ。今週の相場見通しについては、伊藤嘉洋の11/12週の見通しを参考にされたい。

<海外市場動向>
11/9
NYダウ 12815.39ドル(前日比+4.07ドル)
S&P5001379.85(前日比 +2.34)
ナスダック 2904.87(前日比 +9.29)
英FT100 5769.68(前日比 -6.37)
独DAX 7163.50(前日比 -41.46)
日経225先物(円建) 8750円(-10円(大証比))

売り先行でスタート後、NYダウは一時78ドル高まで上昇した。「財政の崖」に対する懸念が取り沙汰され、民主・共和党間の妥協点を見出すには時間が掛かることなどから、売りが優勢となる局面もあったが、結局は小幅のプラスで取引を終了。

<日本株動向と戦略>
20121112ax

先週の日経平均株価は週間ベースでは反落。週初は米大統領選を控え方向感に欠ける展開となったが、オバマ再選後、週後半には欧州問題の再燃や米の財政の壁に対する懸念から軟調な動きとなり、前週末比約300円のマイナスとなった。先週末の東証1部の売買代金は9334億円。
本日は日経平均株価はNYダウの下げ止まりから底堅い動きとなりそうだが、週間ベースでは引き続き調整色が強まりそうだ。今週の相場見通しについては、伊藤嘉洋の11/12週の見通しを参考にされたい。

http://www.okasan-online.co.jp/data/market_point/pdf/itou20121109.pdf

先週の日経平均株価は5営業日すべて下落し、テクニカルの節目であった75日移動平均線、25日移動平均線を割り込んでしまった。これによって、目先的には株価下振れ懸念が強まっているともいえよう。
NYダウの下落などにより、日経平均株価は調整局面に入っており、売買代金も再び減少している。このため、物色対象は中小型・新興市場株で好業績銘柄かテーマ性のある銘柄の個別物色が続きそうだ。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2012年11月12日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (6701) 日本電気 東証 50%
2 (3529) アツギ 東証 56%
3 (6502) 東芝 東証 48%
4 (8515) アイフル 東証 71%
5 (8585) オリエントコーポレーション 東証 48%
6 (6752) パナソニック 東証 45%
7 (3103) ユニチカ 東証 67%
8 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 49%
9 (4064) 日本カーバイド工業 東証 47%
10 (8303) 新生銀行 東証 59%
11 (6803) ティアック 東証 50%
12 (8589) アプラスフィナンシャル 大証 48%
13 (8013) ナイガイ 東証 48%
14 (5202) 日本板硝子 東証 43%
15 (9107) 川崎汽船 東証 67%
16 (8202) ラオックス 東証 50%
17 (6791) 日本コロムビア 東証 50%
18 (8260) 井筒屋 東証 50%
19 (7273) イクヨ 東証 52%
20 (5406) 神戸製鋼所 東証 49%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (6701) 日本電気 東証 51%
2 (6502) 東芝 東証 48%
3 (8515) アイフル 東証 70%
4 (6752) パナソニック 東証 45%
5 (3529) アツギ 東証 56%
6 (2191) テラ JASDAQ 49%
7 (8585) オリエントコーポレーション 東証 48%
8 (9984) ソフトバンク 東証 53%
9 (3765) ガンホー・オンライン・エンターテイメント JASDAQ 54%
10 (6954) ファナック 東証 60%
11 (3632) グリー 東証 51%
12 (4064) 日本カーバイド工業 東証 47%
13 (6366) 千代田化工建設 東証 66%
14 (6981) 村田製作所 大証 55%
15 (3104) 富士紡ホールディングス 東証 44%
16 (7448) ジーンズメイト 東証 50%
17 (2432) ディー・エヌ・エー 東証 42%
18 (6963) ローム 大証 49%
19 (8830) 住友不動産 東証 58%
20 (9678) カナモト 東証 50%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 07:24コメント(0) 
当社内ランキング 

2012年11月09日

20121109pm

日経平均株価 8,757.60円(前日比-79.55円)
TOPIX 730.74(前日比-4.61)
出来高概算 15億2,117万株
売買代金概算 9,334億円

本日の日経平均は続落。後場からは為替の円高基調一服などを背景に、緩やかに下げ幅を縮小した。大引けにかけては再度手仕舞い売りに押され、結局日経平均は79円安で本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位空運業、2位海運業、3位水産・農林業となっている。下落した業種は1位電気・ガス、2位ゴム製品、3位鉱業となっている。東証33業種中プラスは5業種、マイナスは28業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位新生銀、2位NTT、3位横河電となっている。一方、下落率ランキングは1位NEC、2位太平洋金、3位トレンドとなっている。個別銘柄では輸出関連の一角が弱いほか、不動産関連も甘い動き。また、業績悪化でコナカやトクヤマが売られた。一方、内需株の一角が底堅く、提携発表が好感されたグリーとヤフーがそれぞれ上昇。
東証1部の値上がり銘柄数は337、値下がり銘柄数は1,189、変わらず156。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 16:30コメント(0) 
市場コメント 

2012年11月09日

20121109am

日経平均株価 8,754.05円(前日比-83.10円)
TOPIX 729.55(前日比-5.80)
出来高概算 7億9,691万株
売買代金概算 4,877億円

前場の日経平均は続落。寄り付きは、ギャップダウンでのスタート後は安値圏での小動きとなった。前引けにかけても、こう着感の強い展開は続き、30円超と狭い値幅のなか、日経平均は83円安で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位情報・通信業、2位空運業、3位海運業となっている。下落した業種は1位電気・ガス、2位石油・石炭業、3位ゴム製品となっている。東証33業種中プラスは5業種、マイナスは28業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位NTT、2位新生銀、3位資生堂となっている。一方、下落率ランキングは1位NEC、2位太平洋金、3位オークマとなっている。個別銘柄では景気敏感株が軟調なほか、電力・ガス業も売られている。一方、グリーがヤフーとの提携でそれぞれが上昇したほか、AOKIHDの好決算による上昇を受けアパレル関連株も高い。また、NTTは中期経営計画などが評価され反発。
東証1部の値上がり銘柄数は309、値下がり銘柄数は1,206、変わらず156。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:06コメント(0) 
市場コメント 

2012年11月09日

<ポイント>
本日の日経平均株価はNYダウの大幅続落もあり、昨日同様売り先行でのスタートとなりそうだ。

<海外市場動向>

11/8
NYダウ 12811.32ドル(前日比-121.41ドル)
S&P500 1377.51(前日比 -17.02)
ナスダック 2895.58(前日比 -41.71)
英FT100 5776.05(前日比 -15.58)
独DAX 7204.96(前日比 -27.87)
日経225先物(円建) 8760円(-80円(大証比))

NYダウは続落。NYダウは取引開始時こそ上昇したが、上値は限定的であった。「『財政の崖』問題の不確実性が長引けば、経済活動にも大きな悪影響が出る」との声も聞かれ、NYダウは終日精彩を欠く展開となり、結局安値引けとなった。

<日本株動向と戦略>
20121109ax

昨日の日経平均株価は4営業日続落。NYダウの下落を受け、ギャップダウンでスタート後やや下げ渋る場面があったものの、アジア株安を背景に一段安となり、結局日経平均株価は135円安となった。昨日の東証1部の売買代金は9581億円。
本日の日経平均株価はNYダウの大幅続落もあり、昨日同様売り先行でのスタートとなりそうだ。
米大統領選はオバマ大統領の再選で決着したが、既に市場の関心事は「財政の壁」に移行しており、欧州でも経済指標の悪化が指摘されるなど外部環境は不透明感を増しつつある。こうしたことから、株価も当面調整局面が続く可能性が出てきたといえそうだ。
日本企業の決算も終盤を迎えつつあり、材料難から為替相場やマクロ要因、先物の動向に左右されやすい展開が想定されるだけに、相場の流れに臨機応変に対応する必要があろう。物色対象は中小型・新興市場株に限られそうだ。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter