2013年01月17日

<海外市場動向>

1/16
NYダウ 13511.23ドル(前日比 -23.66ドル)
S&P500 1472.63(前日比 +0.29)
ナスダック 3117.54(前日比 +6.76)
英FT100 6103.98(前日比 -13.33)
独DAX 7691.13(前日比 +15.22)
日経225先物(円建) 10635円(+55円(大証比))

NYダウは小幅ながら6営業日ぶりの反落。一方、ナスダックは3日ぶりの反発。世界銀行の経済見通しの引き下げに伴う景気先行き懸念がNYダウの上値を抑えたが、一部の個別株の好材料が下支えする格好となった。

<日本株動向と戦略>

20130117ax

昨日の日経平均株価は5営業日ぶりに大幅反落。利益確定売り先行でスタート後、円相場上昇などを背景にじり安の展開となった。特に、後場は先物主導で一段安となり、一時10600円台を割り込む場面もあった。昨日の東証1部売買代金は2兆260億円。
本日の日経平均株価は、円高一服を受けて小反発が期待できそうだ。ここ数日の調整要因は急速な円安の動きに対して内外から円安牽制の発言による為替相場の動きが主因である。来週の日銀金融政策決定会合での政策期待もあり、当面は10600円台で売り買い交錯の展開が予想される。
物色面では、主力株が押し目形成場面となっていることもあり、新興市場を含めた小型株物色が継続しそうだ。また、徐々に期待相場(金融相場)からファンダメンタルズに注目する相場に移行する段階に入ってくる準備もしておく必要がありそうだ。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2013年01月17日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (1821) 三井住友建設 東証 50%
2 (7261) マツダ 東証 39%
3 (4651) サニックス 東証 59%
4 (8515) アイフル 東証 50%
5 (9822) クロニクル JASDAQ 37%
6 (8585) オリエントコーポレーション 東証 49%
7 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 62%
8 (9107) 川崎汽船 東証 49%
9 (9104) 商船三井 東証 56%
10 (5233) 太平洋セメント 東証 55%
11 (8589) アプラスフィナンシャル 大証 52%
12 (3587) プリンシバル・コーポレーション JASDAQ 15%
13 (9898) サハダイヤモンド JASDAQ 44%
14 (1813) 不動テトラ 東証 50%
15 (8304) あおぞら銀行 東証 44%
16 (6803) ティアック 東証 47%
17 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証 40%
18 (8007) 高島 東証 52%
19 (4064) 日本カーバイド工業 東証 46%
20 (7954) EMCOMホールディングス JASDAQ 40%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (8515) アイフル 東証 50%
2 (4651) サニックス 東証 59%
3 (8585) オリエントコーポレーション 東証 49%
4 (7261) マツダ 東証 39%
5 (1821) 三井住友建設 東証 51%
6 (6954) ファナック 東証 54%
7 (4974) タカラバイオ 東証 49%
8 (9104) 商船三井 東証 56%
9 (3765) ガンホー・オンライン・エンターテイメント JASDAQ 49%
10 (5233) 太平洋セメント 東証 50%
11 (9107) 川崎汽船 東証 49%
12 (8304) あおぞら銀行 東証 43%
13 (8830) 住友不動産 東証 52%
14 (4064) 日本カーバイド工業 東証 46%
15 (8589) アプラスフィナンシャル 大証 52%
16 (4502) 武田薬品工業 東証 53%
17 (8007) 高島 東証 52%
18 (1813) 不動テトラ 東証 50%
19 (6752) パナソニック 東証 50%
20 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 62%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 07:35コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年01月16日

日経平均株価「日中足」
20130116pm

日経平均株価 10,600.44円(前日比-278.64円)
TOPIX 888.11(前日比-18.11)
出来高概算 36億4,824万株
売買代金概算 2兆261億円

本日の日経平均は大幅反落。後場に入ってからも、先物主導で下げ幅を拡大し、日経平均は一段安となった。大引けにかけても弱含みの状況に変化はなく、結局278円安と本日の安値圏で取引を終了。
業種別では、上昇した業種はなし。下落した業種は1位海運業、2位不動産業、3位証券・商品先物取引業となっている。東証33業種中、全業種がマイナス。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位日立造、2位塩野義薬、3位マルハニチロHDとなっている。一方、下落率ランキングは1位東建物、2位パイオニア、3位アルプス電気となっている。
物色面では、輸出関連株を中心に全面安となったほか、iPhone5の伸び悩み報道からソフトバンクなどの関連銘柄も軟調に推移した。一方、太陽光発電関連株の一角が賑わったほか、ドラッグストア株はしっかり。
東証一部の値上がり銘柄数は332、値下がり銘柄数は1,287、変わらず73。(岡三オンライン証券)




okasan_online at 17:16コメント(0) 
市場コメント 

2013年01月16日

日経平均株価「日中足」
20121226am

日経平均株価 10,713.48円(前日比-165.60円)
TOPIX 896.19(前日比-10.03)
出来高概算 18億5,506万株
売買代金概算 9,715億円

前場の日経平均は反落。利益確定売り先行でのスタート後は円相場の上昇を背景に、寄り値を高値として徐々に下げ幅を拡大する展開となった。下値を拾う動きはあったものの、結局165円安で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位陸運業、2位小売業、3位水産・農林業となっている。下落した業種は1位鉱業、2位海運業、3位パルプ・紙となっている。東証33業種中プラスは5業種、マイナスは28業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位塩野義薬、2位マルハニチロHD、3位JR西となっている。一方、下落率ランキングは1位日電硝、2位GSユアサ、3位大日スクリンとなっている。
物色面では、輸出関連銘柄が軒並み軟調なほか、証券株も冴えない。また、ボーイング787型機の不具合による緊急着陸で、部品を納入しているGSユアサや東レなどの下げが目立つ。一方、補正予算案を受け、日本橋梁などの関連株の一角が恩恵を受けるとの思惑から買われているほか、ドラッグストア関連が堅調。
東証一部の値上がり銘柄数は443、値下がり銘柄数は1,107、変わらず127。(岡三オンライン証券)




okasan_online at 12:27コメント(0) 
市場コメント 

2013年01月16日

<海外市場動向>

1/15
NYダウ 13534.89ドル(前日比 +27.57ドル)
S&P500 1472.34(前日比 +1.66)
ナスダック 3110.78(前日比 -6.72)
英FT100 6117.31(前日比 +9.45)
独DAX 7675.91(前日比 -53.61)
日経225先物(円建) 10865円(-25円(大証比))

NYダウは小幅ながら5営業日続伸。ただ、財政協議や景気先行きに対する不透明感から上値は限定的であった。

<日本株動向と戦略>

20130116ax

昨日の日経平均株価は4営業日続伸。連休中のNYダウ続伸や為替の円安進行により、朝方2010年4月以来の10900円台を回復してスタートした。ただ、その後甘利経済相の発言で円が急伸する場面があり、10800円台後半での動きとなった。昨日の東証1部売買代金は1兆9502億円。
本日の日経平均株価は、円安進行一服を受けて、売り買い交錯からもみ合う展開となりそうだ。利益確定売りが上値圧迫要因となりそうだが、押し目待ちの投資家も多く、深押しする可能性は低そうだ。来週、日銀金融政策決定会合が控えており、これに向けて次の展開が期待できそうだ。
物色面では、主力株が押し目形成場面となっていることもあり、新興市場を含めた小型株が物色されそうだ。特に、バイオ・再生医療関連銘柄は注目される可能性があり、当面は動きの良い小型株での投資戦略が有効そうだ。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter