2013年05月14日

日経平均株価「日中足」
20130514pm

日経平均株価 14,758.42(前日比-23.79)
TOPIX 1,230.80(前日比-1.40)
出来高概算 44億3,542万株
売買代金概算 3兆4,048億円

本日の日経平均は小幅反落。後場に入ってからも高値警戒感や中国株安が嫌気され、前日終値を挟んでもみ合いの推移が続いた。大引けにかけては、やや軟調な動きとなり、日経平均はほぼ安値引けとなる23円安で取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位電気・ガス業、2位パルプ・紙、3位鉱業となっている。下落した業種は1位不動産業、2位その他金融業、3位銀行業となっている。東証33業種中、プラスは15業種、マイナスは18業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位パイオニア、2位東京電力、3位関西電力となっている。一方、下落率ランキングは1位日新鋼HD、2位高島屋、3位三菱地所となっている。
物色面では、国による支援期待を背景に電力株が全面高となったほか、海洋資源ビジネスが日経新聞で報じられた事を受け、海洋掘削や三井海洋が大幅高となった。また、ドコモとの資本提携が好感されたパイオニアが一時ストップ高まで買われた。一方、長期金利の連日の急上昇を受け、菱地所や東急不などの不動産株や、アイフルやオリックスなどのノンバンク株に下落するものが目立ったほか、後場に入りやや為替が円高に振れたことから、トヨタやホンダなどの輸出関連株の一角が朝高後マイナス圏に沈んだ。
東証一部の値上がり銘柄数は832、値下がり銘柄数は782、変わらず97。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 15:57コメント(0) 
市場コメント 

2013年05月14日

日経平均株価「日中足」
20130514am

日経平均株価 14,817.10(前日比+34.89)
TOPIX 1,235.08(前日比+2.88)
出来高概算 25億8,064万株
売買代金概算 1兆8,485億円

前場の日経平均は続伸。朝方、14,800円台を回復して取引を開始したものの、買い一巡後は高値圏にあることから利食い売りが優勢となり、一時はマイナスとなる場面もみられた。その後は、押し目を拾う動きなどから再び上げ幅を拡大し、前引けにかけては堅調に推移した。
業種別では、上昇した業種は1位電気・ガス業、2位パルプ・紙、3位鉱業となっている。下落した業種は1位不動産業、2位その他金融業、3位銀行業となっている。東証33業種中、プラスは18業種、マイナスは15業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位パイオニア、2位東京電力、3位関西電力となっている。一方、下落率ランキングは1位日新鋼HD、2位高島屋、3位新生銀となっている。
物色面では、電力株が軒並み値を飛ばしているほか、輸出関連株にも買いが集まっている。再生医療事業に参入する方針と報じられたアステラス薬とロートも高い。また、レーティング引き上げを受け、コナミが高い。一方、三菱UFJFGや大和証Gなどの金融株が反落となっているほか、住友不などの不動産株が軟調。
東証一部の値上がり銘柄数は914、値下がり銘柄数は683、変わらず112。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:36コメント(0) 
市場コメント 

2013年05月14日

<海外市場動向>

5/13
NYダウ 15091.68(前日比 -26.81)
S&P500 1633.77(前日比 +0.07)
ナスダック 3438.79(前日比 +2.21)
英FT100 6631.76(前日比 +6.78)
独DAX 8279.29(前日比 +0.70)
日経225先物(円建) 14870(+50(大証比))

NYダウは反落したものの、ナスダック総合は年初来高値更新。ただ、上昇一服感もあり、本日は上値追いには消極的であった。

<日本株動向と戦略>

20130514ax

昨日の日経平均株価は続伸。為替相場で1ドル=102円台まで円安が進んだことから買い優勢で取引をスタート後も堅調な推移となり、一時14,800円台を回復した。昨日の東証1部売買代金は4兆1,273億円。
本日の日経平均株価は、円安基調が持続していることから、昨日のザラ場高値(14,849円)を上回る展開が期待できそうだ。円安により日本企業の業績改善期待が意識されることから海外勢の日本株買いが継続する可能性が強そうだ。日経平均株価ではこの先15,000円の大台が意識されるレベルに進む可能性がありそうだ。
物色面では、業績のさらなる上振れ期待を背景に業績相場への助走段階に入る可能性がある。昨日の売買代金も4兆円を超えており、主力株・大型株のさらなる上昇も期待できそうだ。引き続きログイン後の「投資情報局」では最新投資情報を随時更新しているのでぜひ参考にされたい。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2013年05月13日

日経平均株価「日中足」
20130513pm

日経平均株価 14,782.21(前日比+174.67)
TOPIX 1,232.20(前日比+21.60)
出来高概算 53億85万株
売買代金概算 4兆1,273億円

本日の日経平均は続伸。後場に入ると高値警戒感や債券市場の下落が嫌気され、やや利食い売りに押される展開となった。大引けにかけては、14,700円台半ばでの値動きとなり、結局、174円高で取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位証券・商品先物取引業、2位銀行業、3位その他金融業となっている。下落した業種は1位鉱業、2位パルプ・紙、3位倉庫・運輸関連業となっている。東証33業種中、プラスは25業種、マイナスは8業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位クボタ、2位三菱マ、3位日本精工となっている。一方、下落率ランキングは1位国際帝石、2位住友電工、3位高島屋となっている。
物色面では、円相場の下落などを受け輸出関連株が上昇したほか、金融株もしっかり。また、ザラバで決算を発表したスクエニHDが後場に一段高となったほか、先週末の決算発表で今期見通しが好感された島津製高い。一方、不動産株や小売株が売りに押された。また、バイオ関連株も利食い売りが優勢だった。
東証一部の値上がり銘柄数は945、値下がり銘柄数は682、変わらず86。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 16:02コメント(0) 
市場コメント 

2013年05月13日

日経平均株価「日中足」
20130513am

日経平均株価 14,833.30(前日比+225.76)
TOPIX 1,234.72(前日比+24.12)
出来高概算 31億1,147万株
売買代金概算 2兆3,154億円

前場の日経平均は大幅に続伸。円相場が1ドル=102円を突破したことから、朝方、買い優勢で取引を開始も日本企業の業績改善による先高期待からじりじりと下値を切り上げ、日経平均の上げ幅は200円を超えた。前引けにかけても好地合いを保ち、日経平均はほぼ高値引けとなる225円高で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位証券・商品先物取引業、2位その他金融業、3位保険業となっている。下落した業種は1位鉱業、2位医薬品、3位倉庫・運輸関連業となっている。東証33業種中、プラスは25業種、マイナスは8業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位三菱マ、2位クボタ、3位明電舎となっている。一方、下落率ランキングは1位宝HLD、2位国際帝石、3位住友電工となっている。
物色面では、1ドル102円台まで円安が進行したことを受け、輸出関連株がしっかりとした推移となっているほか、決算発表を控え好業績期待からメガバンクを筆頭に金融株全般も強い動きとなっている。また、先週末にクボタが今期最高益見通しを発表したことから上場来高値を更新したほか、欧米事業縮小が報じられたシャープが高い。一方、医療・医薬品関連の銘柄が引き続き利食い売りに押されているほか、ネット関連株もさえない動きとなっている。
東証一部の値上がり銘柄数は932、値下がり銘柄数は688、変わらず85。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:01コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter