2013年03月14日

<海外市場動向>

3/13
NYダウ 14455.28ドル(前日比 +5.22ドル)
S&P500 1554.52(前日比 +2.04)
ナスダック 3245.12(前日比 +2.80)
英FT100 6481.50(前日比 -29.12)
独DAX 7970.91(前日比 +4.79)
日経225先物(円建) 12260円(+60円(大証比))

NYダウは小幅ながら9営業日続伸。上昇一服感から、いったん調整する場面もあったが、米景気の改善に対する期待感がNY株式相場を下支えした。

<日本株動向と戦略>

20130314ax

昨日の日経平均株価は続落。NYダウは最高値を更新したものの、為替がやや円高に振れたこともあり、売り先行で取引を開始した。その後、後場からは下げ幅を拡大し、結局75円安となった。昨日の東証1部売買代金は2兆2133億円。
本日の日経平均株価は、NYダウの9営業日続伸や対ドルでの若干の円安などを好感し、12300円を回復してのスタートとなりそうだ。上値では利益確定売りも出やすいと思われるものの、投資家の物色意欲は根強く、引き続き押し目買い方針でいきたい。
テクニカル面での過熱感や期末にからんだ機関投資家の売りがあるものの、来週以降は徐々にこのマイナス要因も解消される可能性が強く、今後年度末へ向けての株高の環境が整っていくと思われる。従って、投資戦略は買い主体で臨むことはもちろん、最近賑わっているテーマ株などを積極的に狙って行きたい。ログイン後のお知らせでテーマ関連を掲載しているのでぜひ参考にされたい。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2013年03月13日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (5721) エス・サイエンス 大証 39%
2 (7261) マツダ 東証 58%
3 (9672) 東京都競馬 東証 35%
4 (3526) 芦森工業 東証 50%
5 (4022) ラサ工業 東証 51%
6 (9305) ヤマタネ 東証 51%
7 (8308) りそなホールディングス 東証 49%
8 (6753) シャープ 東証 44%
9 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証 39%
10 (7003) 三井造船 東証 51%
11 (3004) 神栄 東証 53%
12 (8306) 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証 52%
13 (6445) 蛇の目ミシン工業 東証 45%
14 (5302) 日本カーボン 東証 68%
15 (6369) トーヨーカネツ 東証 51%
16 (8093) 極東貿易 東証 51%
17 (9633) 東京テアトル 東証 51%
18 (8202) ラオックス 東証 50%
19 (3103) ユニチカ 東証 46%
20 (1821) 三井住友建設 東証 47%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (1606) 日本海洋掘削 東証 52%
2 (9672) 東京都競馬 東証 36%
3 (8308) りそなホールディングス 東証 48%
4 (7261) マツダ 東証 57%
5 (6269) 三井海洋開発 東証 45%
6 (9305) ヤマタネ 東証 51%
7 (3526) 芦森工業 東証 50%
8 (3765) ガンホー・オンライン・エンターテイメント JASDAQ 45%
9 (8306) 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証 52%
10 (2914) 日本たばこ産業 東証 40%
11 (4022) ラサ工業 東証 51%
12 (6753) シャープ 東証 44%
13 (7774) ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング JASDAQ 53%
14 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証 38%
15 (3004) 神栄 東証 54%
16 (6758) ソニー 東証 48%
17 (1662) 石油資源開発 東証 47%
18 (6369) トーヨーカネツ 東証 51%
19 (9983) ファーストリテイリング 東証 60%
20 (9984) ソフトバンク 東証 51%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 18:15コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年03月13日

日経平均株価「日中足」
20130313pm

日経平均株価 12,239.66円(前日比-75.15円)
TOPIX 1,031.42(前日比-4.48)
出来高概算 29億9,700万株
売買代金概算 2兆2,133億円

本日の日経平均は続落。円相場が1ドル=95円台まで上昇すると、日経平均は下げ幅を拡大、後場寄り直後には12200円台前半まで下落した。売買代金が減少する中、大引けにかけても軟調地合いは続き、結局日経平均は75円安で本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位食料品、2位空運業、3位倉庫・運輸関連業となっている。下落した業種は1位ゴム製品、2位電気・ガス業、3位陸運業となっている。東証33業種中、プラスは7業種、マイナスは26業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位JT、2位塩野義薬、3位大日住薬となっている。一方、下落率ランキングは1位日製鋼、2位関西電力、3位三井トラストとなっている。
物色面では、中国関連銘柄が弱く商社株も冴えない展開となった。また、円高傾向を嫌気し主力輸出株が利益確定売りに押され、低位材料株の一角が個別で売られた。一方、カメラ事業の在庫圧縮が報じられたニコンが続伸となったほか、自動車関連銘柄もしっかり。
東証一部の値上がり銘柄数は664、値下がり銘柄数は924、変わらず116。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 17:36コメント(0) 
市場コメント 

2013年03月13日

日経平均株価「日中足」
20130313am

日経平均株価 12,251.70円(前日比-63.11円)
TOPIX 1,031.63(前日比-4.27)
出来高概算 15億7,467万株
売買代金概算 1兆1,003億円

前場の日経平均は続落。朝方、売り先行でスタートしたものの、利益確定売り一巡後は、押し目買いの動きから日経平均は一時プラス圏に浮上する場面もあった。前引けにかけては材料難から再び売り優勢となり、結局63円安で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位倉庫・運輸関連業、2位食料品、3位空運業となっている。下落した業種は1位電気・ガス業、2位小売業、3位電気機器となっている。東証33業種中、プラスは8業種、マイナスは25業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位ニコン、2位JT、3位塩野義薬となっている。一方、下落率ランキングは1位関西電力、2位日製鋼、3位アルプス電となっている。
物色面では、今期業績の大幅な増益見通しで一建設がストップ高まで買われたほか、メタンハイドレート関連銘柄として、海洋掘削が一時ストップ高となり、三井海洋も買われている。一方、円安一服感から主力株が甘く、機械株も冴えない展開となっている。
東証一部の値上がり銘柄数は650、値下がり銘柄数は895、変わらず144。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:00コメント(0) 
市場コメント 

2013年03月13日

<海外市場動向>

3/12
NYダウ 14450.06ドル(前日比 +2.77ドル)
S&P500 1552.48(前日比 -3.74)
ナスダック 3242.32(前日比 -10.55)
英FT100 6510.62(前日比 +6.99)
独DAX 7966.12(前日比 -18.17)
日経225先物(円建) 12150円(-110円(大証比))

NYダウは小幅ながら8営業日続伸。高値警戒感が上値を抑えたが、労働市場の改善期待等が相場を下支えした。

<日本株動向と戦略>

20130313ax

昨日の日経平均株価は9営業日ぶりに反落。NYダウの連続史上最高値更新を好感し、12400円を回復してスタートした。ただ、その後は手掛かり材料難から利食い売りに押され、小幅の34円安で大引けとなった。昨日の東証1部売買代金は2兆8189億円。
本日の日経平均株価は、為替相場でやや円高に振れていることを受け、朝方は利食い売り優勢の展開が予想される。ただ、売買代金は連日で2兆8000億円を超え、商いが盛り上がっており、投資家の押し目買い意欲は非常に強い。従って、引き続き押し目は買って行きたい
昨日の動きでは、海底のメタンハイドレードからガスが産出したとの報道を受け、関連銘柄が大きく買われた。コスト高から商業化はまだ先だといわれているが、関連銘柄を物色する流れは相場の強さを表している。現状は売買代金が高水準を保っており、相場は相当強いと思われる。従って、目先の動きに惑わされることなく押し目買いを続けて行きたい。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter