2012年12月17日

日経平均株価「日中足」
20121217pm

日経平均株価 9,828.88円(前日比+91.32円)
TOPIX 807.84(前日比+6.80)
出来高概算 28億5,262万株
売買代金概算 1兆5,344億円


本日の日経平均は大幅に反発。後場は、高値圏で推移が続いたものの、20日に日銀政策決定会合を控えこう着感の強い地合いが続いた。大引けにかけては、為替がやや円高に振れたこともあり、上げ幅を縮小し91円高で本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位電気・ガス業、2位海運業、3位鉄鋼となっている。下落した業種は1位繊維製品、2位食料品、3位パルプ・紙のみとなっている。東証33業種中プラスは27業種、マイナスは6業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位東京電力、2位関西電力、3位シャープとなっている。一方、下落率ランキングは1位太陽誘電、2位JT、3位新生銀となっている。
個別銘柄では、不動産・建設関連株が物色されたほか、原発再稼働への思惑から電力株が軒並み値を飛ばす展開。また、シャープが5営業日大幅続伸となった。一方、朝高後利食い売りからマイナス圏に沈む銘柄が散見されたほか、内需関連株もさえない動きとなった。
東証1部の値上がり銘柄数は1,033、値下がり銘柄数は505、変わらず156。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 17:34コメント(0) 
市場コメント 

2012年12月17日

日経平均株価「日中足」
20121217am

日経平均株価 9,893.99円(前日比+156.43円)
TOPIX 810.59(前日比+9.55)
出来高概算 15億8,296万株
売買代金概算 7,788億円


前場の日経平均は大幅に反発。衆議員選挙で自公両党が3分の2議席を獲得したことから、朝方の日経平均は買い先行でスタート。為替が円安水準を維持していることから、一時4月4日以来の9900円台を回復する場面もあった。ただ、その後は利益確定の売りが重しとなり、9800円台後半でもみ合い商状。前引けにかけては、一段とこう着感が強まり、156円高で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位電気・ガス業、2位鉄鋼、3位不動産業となっている。下落した業種は1位繊維製品のみとなっている。東証33業種中プラスは32業種、マイナスは1業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位東京電力、2位関西電力、3位シャープとなっている。一方、下落率ランキングは1位旭硝子、2位太陽誘電、3位ユニチカとなっている。
個別銘柄では、幅広い銘柄に買いが波及しており、なかでも不動産株や建設株が強い。また、原発再稼働への思惑から電力株が前引けにかけて急騰。一方、内需株の一角が売られているほか、電機株の一角が朝高後に反落し、弱含みで推移した。
東証1部の値上がり銘柄数は1,239、値下がり銘柄数は322、変わらず117。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:21コメント(0) 
市場コメント 

2012年12月17日

<海外市場動向>

12/14
NYダウ 13135.01ドル(前日比-35.71ドル)
S&P500 1413.58(前日比 -5.87)
ナスダック 2971.34(前日比 -20.83)
英FT100 5921.76(前日比 -7.85)
独DAX 7596.47(前日比 +14.49)
日経225先物(円建) 9755円(-5円(大証比))

NYダウは続落。「財政の崖」協議に対する警戒感から、様子見ムードが強まり、特段の進展が報じられることもなく、こう着感を強めた。終日にわたって狭いレンジ内での値動きとなった。

<日本株動向と戦略>

20121217ax

昨日の衆議院選挙で自民党が圧勝したことを好感し、強基調の相場展開となりそうだ。自民党圧勝で脱デフレによる、円安・株高期待がさらに強まりそうだ。今週の相場見通しについては、伊藤嘉洋の12/10週の見通しを参考にされたい。
注目された衆議院選挙は自民党が単独過半数を大幅に上回り圧勝となった。公明党との連立を前提とすれば参議院で否決された法案を衆議院で再可決できる議席数を確保したことにより安定的な政権運営が可能となった。このことは、この先の日本株にとっても大きな転機となる可能性が強そうだ。この先の注目ポイントは12月19~20日に予定される日銀政策決定会合での日銀の金融緩和策と年明け以降の補正予算の規模となりそうだ。
物色対象は、円安メリットの輸出関連、脱デフレの金融、不動産、公共投資の建設関連など主力株中心に循環物色の動きが強まりそうだ。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2012年12月17日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (1821) 三井住友建設 東証 29%
2 (6753) シャープ 東証 53%
3 (6703) 沖電気工業 東証 51%
4 (8515) アイフル 東証 72%
5 (8202) ラオックス 東証 50%
6 (6803) ティアック 東証 52%
7 (3103) ユニチカ 東証 50%
8 (8893) 新日本建物 JASDAQ 50%
9 (8303) 新生銀行 東証 57%
10 (5721) エス・サイエンス 大証 42%
11 (5202) 日本板硝子 東証 56%
12 (3587) プリンシバル・コーポレーション JASDAQ 61%
13 (5406) 神戸製鋼所 東証 50%
14 (8562) 福島銀行 東証 52%
15 (5912) 日本橋梁 東証 52%
16 (9104) 商船三井 東証 56%
17 (1814) 大末建設 東証 50%
18 (7211) 三菱自動車工業 東証 51%
19 (6752) パナソニック 東証 50%
20 (1805) 飛島建設 東証 56%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (6753) シャープ 東証 53%
2 (1821) 三井住友建設 東証 29%
3 (8515) アイフル 東証 72%
4 (6954) ファナック 東証 47%
5 (6758) ソニー 東証 59%
6 (5912) 日本橋梁 東証 52%
7 (6752) パナソニック 東証 50%
8 (9984) ソフトバンク 東証 50%
9 (9983) ファーストリテイリング 東証 50%
10 (2432) ディー・エヌ・エー 東証 41%
11 (3765) ガンホー・オンライン・エンターテイメント JASDAQ 50%
12 (6367) ダイキン工業 東証 44%
13 (3666) テクノスジャパン JASDAQ 50%
14 (6703) 沖電気工業 東証 51%
15 (9104) 商船三井 東証 55%
16 (8830) 住友不動産 東証 53%
17 (6501) 日立製作所 東証 55%
18 (1871) ピーエス三菱 東証 51%
19 (8303) 新生銀行 東証 57%
20 (3668) コロプラ 東証 50%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 07:33コメント(0) 
当社内ランキング 

2012年12月14日

日経平均株価「日中足」
20121214pm

日経平均株価 9,737.56円(前日比-5.17円)
TOPIX 801.04(前日比+1.83)
出来高概算 32億6,704万株
売買代金概算 2兆983億円


本日の日経平均は小幅反落。後場に入ると中国PMI値の好転や円安進行を受けて、日経平均は一転してプラス圏へ浮上。主力株を中心に底堅く推移したものの、大引けにかけては手仕舞い売りに押され、結局、5円安で本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位電気・ガス業、2位保険業、3位鉄鋼となっている。下落した業種は1位その他製品、2位空運業、3位情報・通信業となっている。東証33業種中プラスは17業種、マイナスは16業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位東電力、2位シャープ、3位富士通となっている。一方、下落率ランキングは1位ソフトバンク、2位日新鋼HD、3位日清粉Gとなっている。
個別銘柄では、為替の円安進行を背景主力電機株が大幅高となったほか、総選挙を目前に控え、公共事業関連銘柄も上昇。一方、SNS関連銘柄が冴えない動きとなったほか、内需株の一角が下落。
東証1部の値上がり銘柄数は711、値下がり銘柄数は818、変わらず163。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 16:50コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter