2013年06月21日

日経平均株価「日中足」
20130621am

日経平均株価 12,901.31(前日比-113.27)
TOPIX 1,075.21(前日比-16.60)
出来高概算 13億8,111万株
売買代金概算 1兆522億円

前場の日経平均は続落。昨日のNYダウが大幅続落となったことから、朝方の日経平均は売り優勢で取引を開始した。その後は週末前ということもあり積極的に売買する動きは少なく、12,700円台でもみ合い商状。ただ、前引けにかけては下落幅を縮め12,900円台を回復する展開となり、結局113円安で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位保険業、2位精密機器となっている。下落した業種は1位不動産業、2位海運業、3位証券・商品先物取引業となっている。東証33業種中、プラスは2業種、マイナスは31業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位DOWA、2位T&DHD、3位ソニーFHとなっている。一方、下落率ランキングは1位キリンHD、2位住友電工、3位日野自となっている。
物色面では、ハイテク株の一角がしっかりと推移。また、内需株の一角が朝安後に切り返す動きとなっている。一方、不動産株が連日で売られているほか、海運株もさえない動き。また、個別では、昨日大引け間際に商いが急増したキリンHD、アサヒ、JR東海などが反動で大幅安となった。
東証一部の値上がり銘柄数は212、値下がり銘柄数1,425、変わらず74。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:13コメント(0) 
市場コメント 

2013年06月21日

<海外市場動向>

6/20
NYダウ 14,758.32(前日比 -353.87)
S&P500 1,588.19(前日比 -40.74)
ナスダック 3,364.63(前日比 -78.57)
英FT100 6,159.51(前日比 -189.31)
独DAX 7,928.48(前日比 -268.60)
日経225先物(円建) 12,805(大証比 -225)

NYダウは大幅安。朝方から売り優勢でスタート後もじりじりと下げ幅を拡大する展開となった。その後も景気敏感セクターを中心に売りが強まったほか、金利上昇が住宅市場の回復を妨げるとの懸念も広がり、下値摸索の展開となり、結局、ダウは5月初旬以来の水準まで下落した。

<日本株動向と戦略>

20130621ax

昨日の日経平均株価は反落。前日のNYダウの大幅下落を受け、売り先行でスタート後は手掛かり材料難から方向圏に欠ける動きとなり、結局、大幅安で大引けとなった。昨日の東証1部売買代金は2兆2,963億円。
本日の日経平均株価は、NYダウが350ドルを超える下げとなったこともあり、12,800円を割り込んでのスタートとなりそうだ。バーナンキFRB議長の「QE終了への言及」に端を発した世界的なリスクポジション巻き返しの動きはまだこの先も続く可能性が大きそうだ。
当面は、ポジション整理の動きが続きそうであり、が予想されることから、投資戦略は上下の動きに対応できるような臨機応変な対応が必要だろう。ただ、参議院選に向けて安倍政権が支持率を上げるために様々な施策を撃ってくることも考えられ、これが株価の下支え要因となる可能性もある。中期投資ではそろそろ買いの好機ともいえそうだ。(稲田)



okasan_online at 09:07コメント(0) 
今日の相場 

2013年06月20日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (3004) 神栄 東証 50%
2 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 59%
3 (9822) クロニクル JASDAQ 89%
4 (4229) 群栄化学工業 東証 42%
5 (7261) マツダ 東証 54%
6 (9501) 東京電力 東証 50%
7 (4064) 日本カーバイド工業 東証 50%
8 (9107) 川崎汽船 東証 54%
9 (6494) NFKホールディングス JASDAQ 48%
10 (3103) ユニチカ 東証 57%
11 (6674) ジーエス・ユアサ 東証 51%
12 (3656) KLab 東証 60%
13 (8306) 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証 52%
14 (4092) 日本化学工業 東証 56%
15 (8202) ラオックス 東証 51%
16 (7211) 三菱自動車工業 東証 50%
17 (5406) 神戸製鋼所 東証 50%
18 (8918) ランド 東証 10%
19 (8515) アイフル 東証 51%
20 (9104) 商船三井 東証 43%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (3004) 神栄 東証 50%
2 (1570) 日経平均レバレッジ 大証 50%
3 (3765) ガンホー・オンライン JASDAQ 51%
4 (4229) 群栄化学工業 東証 42%
5 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 59%
6 (4064) 日本カーバイド工業 東証 50%
7 (7707) プレシジョン・システム・サイエンス JASDAQ 50%
8 (9501) 東京電力 東証 50%
9 (3386) コスモ・バイオ JASDAQ 50%
10 (3656) KLab 東証 60%
11 (9983) ファーストリテイリング 東証 50%
12 (7261) マツダ 東証 54%
13 (4321) ケネディクス 東証 48%
14 (6758) ソニー 東証 49%
15 (8306) 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証 52%
16 (8515) アイフル 東証 51%
17 (6674) ジーエス・ユアサ 東証 51%
18 (8721) ベンチャー・リヴァイタライズ 大証 50%
19 (8316) 三井住友フィナンシャルグループ 東証 48%
20 (7270) 富士重工業 東証 45%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 16:40コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年06月20日

日経平均株価「日中足」
20130620pm

日経平均株価 13,014.58(前日比-230.64)
TOPIX 1,091.81(前日比-14.76)
出来高概算 28億5,760万株
売買代金概算 2兆2,963億円

本日の日経平均は反落。後場に入ってからも、手掛かり難から方向感の無いもみ合い商状が続いた。ただ、大引けにかけてはアジア株安が重しとなり、日経平均は下値を切り下げ、13,000円を挟んでもみ合い、結局230円安で本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位水産・農林業、2位空運業、3位陸運業となっている。下落した業種は1位不動産業、2位鉱業、3位その他金融業となっている。東証33業種中、プラスは5業種、マイナスは28業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位GSユアサ、2位JR東海、3位日本紙となっている。一方、下落率ランキングは1位クボタ、2位スズキ、3位東京建物となっている。
物色面では、不動産株がさえない動きとなったほか、中国HSBC製造業PMIの下振れが嫌気され、中国関連銘柄が一段安となった。また、アジア通貨安を受け、ヤマハ発やスズキが大幅下落となった。一方で、メガバンク株の一角が強含んだほか、エコカー向け電池分野で独ボッシュ社などとの提携を発表したGSユアサが上昇した。
東証一部の値上がり銘柄数は468、値下がり銘柄数1,169、変わらず79。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 16:36コメント(0) 
市場コメント 

2013年06月20日

日経平均株価「日中足」
20130620am

日経平均株価 13,101.53(前日比-143.69)
TOPIX 1,096.25(前日比-10.32)
出来高概算 14億9,289万株
売買代金概算 1兆844億円

前場の日経平均は反落。NYダウの大幅安で、朝方、売り優勢で取引を開始後は、先物主導で13,000円を割り込む場面もみられたものの、押し目買いが入り13,200円手前まで切り返す格好となった。前引けにかけては寄り値近辺でもみ合い商状となり、結局、143円安で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位水産・農林業、2位鉄鋼、3位電気・ガス業となっている。下落した業種は1位鉱業、2位金属製品、3位機械となっている。東証33業種中、プラスは5業種、マイナスは28業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位GSユアサ、2位リコー、3位OKIとなっている。一方、下落率ランキングは1位クボタ、2位ニコン、3位日立建機となっている。
物色面では、長期金利の上昇懸念から、不動産株が軟調なほか、中国関連株もPMI値発表をきっかけに下げ幅を拡大している。一方、電気料金の値上げや原発再稼働への期待などから電力株が買われているほか、群栄化などの3Dプリンター関連の銘柄にも物色が集まっている。また、エコカー向け電池分野で独ボッシュ社との提携を発表したGSユアサが高い。
東証一部の値上がり銘柄数は489、値下がり銘柄数1,113、変わらず106。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:24コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter