2013年06月18日

日経平均株価「日中足」
20130618pm

日経平均株価 13,007.28(前日比-25.84)
TOPIX 1,086.40(前日比+1.68)
出来高概算 24億3,480万株
売買代金概算 1兆9,258億円

本日の日経平均は反落。後場に入るとFOMCの結果を控えて様子見ムードが強まり、13,000円を挟んで一進一退の様相に。大引けにかけても狭いレンジでの値動きが続き、結局日経平均は25円安で本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位海運業、2位鉱業、3位保険業となっている。下落した業種は1位繊維製品、2位陸運業、3位医薬品となっている。東証33業種中、プラスは18業種、マイナスは15業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位関西電力、2位商船三井、3位東京建物となっている。一方、下落率ランキングは1位日本精工、2位三井金、3位トクヤマとなっている。
物色面では、内需株の一角に売りが出たほか、決算発表後が材料出尽くし感からあさひが反落した。一方、新築マンション販売戸数が前年同期比で大幅に増加したことが好感され、不動産株が堅調推移となったほか、原発の早期再稼働への思惑から電力株もしっかり。また、レーティング引き上げで商船三井が高い。
東証一部の値上がり銘柄数は775、値下がり銘柄数813、変わらず123。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 15:53コメント(0) 
市場コメント 

2013年06月18日

日経平均株価「日中足」
20130618am

日経平均株価 12,941.80(前日比-91.32)
TOPIX 1,081.58(前日比-3.14)
出来高概算 13億3,696万株
売買代金概算 1兆96億円

前場の日経平均は反落。朝方、小幅安で取引を開始後は米国株高を下支えに押し目を拾う動きが優勢となり、プラス圏に浮上した。しかし、今晩のFOMCなど相次ぐ海外イベントに対する警戒感から、薄商いのなか方向感のない展開が続いた。前引けにかけて、下げに転じ、結局、91円安前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位鉱業、2位海運業、3位証券・商品先物取引業となっている。下落した業種は1位医薬品、2位非鉄金属、3位陸運業となっている。東証33業種中、プラスは12業種、マイナスは21業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位日野自、2位ソニー、3位明電舎となっている。一方、下落率ランキングは1位ユニチカ、2位北越紀州、3位日水となっている。
物色面では、首都圏マンション販売戸数の好調などから不動産株がしっかりとした推移となっている。また、来週上場のリプロセル人気化をにらみ、ニプロやコスモ・バイオなどが買われているほか、ネット選挙関連としてドワンゴが高い。一方、ディフェンシブ株が軟調な推移となっているほか、輸出関連株の一角が為替がやや円高に振れたことから、さえない動きとなった。
東証一部の値上がり銘柄数は721、値下がり銘柄数868、変わらず110。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:07コメント(0) 
市場コメント 

2013年06月18日

<海外市場動向>

6/17
NYダウ 15,179.85(前日比 +109.67)
S&P500 1,639.04(前日比 +12.31)
ナスダック 3,452.13(前日比 +28.57)
英FT100 6,330.49(前日比 +22.23)
独DAX 8,215.73(前日比 +87.77)
日経225先物(円建) 12,955(大証比 -105)

NYダウは反発。買い先行で始まった後は、QE縮小観測が再び強まる格好となり、一時、上げ幅を縮小する動きとなった。ただ、引けにかけて再び買い優勢となり、結局、大引けは反発となった。

<日本株動向と戦略>

20130618ax

昨日の日経平均株価は大幅続伸。米株安を受け、反落して取引を開始したが、売り一巡後は徐々に押し目を拾う動きが優勢となった。円高一服もあり、引けにかけては13,000円を上回り、結局高値引けとなった。ただ、昨日の東証1部売買代金は1兆9,839億円と3/29以来の2兆円割れ。
本日の日経平均株価は、米株高を好感し、小じっかりのスタートとなりそうだ。日本株は商いが細っているなか、FOMCを前にしてさらに様子見ムードが強まる可能性がありそうだ。一方、商いが細っていることから、先物主導の神経質な展開となることには十分注意したい。
今回の下落局面は、需給主体で売られている。従って、中期投資ではそろそろ好業績銘柄を仕込んでも良い時期に入ってきていると思われることから、徐々に買い姿勢を強めたいところだ。最新のレーティングや業績動向はログイン後の「投資情報局」でぜひご覧いただきたい。(稲田)



okasan_online at 08:52コメント(0) 
今日の相場 

2013年06月17日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>


銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (7211) 三菱自動車工業 東証 50%
2 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 53%
3 (9822) クロニクル JASDAQ 50%
4 (7261) マツダ 東証 50%
5 (9501) 東京電力 東証 50%
6 (7305) 新家工業 東証 56%
7 (4064) 日本カーバイド工業 東証 45%
8 (3526) 芦森工業 東証 55%
9 (4229) 群栄化学工業 東証 51%
10 (8585) オリエントコーポレーション 東証 51%
11 (5406) 神戸製鋼所 東証 66%
12 (3103) ユニチカ 東証 57%
13 (8604) 野村ホールディングス 東証 50%
14 (4092) 日本化学工業 東証 50%
15 (4043) トクヤマ 東証 49%
16 (1821) 三井住友建設 東証 50%
17 (8515) アイフル 東証 49%
18 (6894) パルステック工業 東証 51%
19 (8601) 大和証券グループ本社 東証 52%
20 (8202) ラオックス 東証 51%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (3765) ガンホー・オンライン JASDAQ 47%
2 (9501) 東京電力 東証 50%
3 (7211) 三菱自動車工業 東証 50%
4 (7261) マツダ 東証 50%
5 (4064) 日本カーバイド工業 東証 45%
6 (4587) ペプチドリーム 東証 48%
7 (2138) クルーズ JASDAQ 51%
8 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 53%
9 (3668) コロプラ 東証 50%
10 (8604) 野村ホールディングス 東証 50%
11 (9983) ファーストリテイリング 東証 47%
12 (4229) 群栄化学工業 東証 51%
13 (7305) 新家工業 東証 56%
14 (2432) ディー・エヌ・エー 東証 50%
15 (8515) アイフル 東証 49%
16 (4321) ケネディクス 東証 51%
17 (4204) 積水化学工業 東証 50%
18 (8601) 大和証券グループ本社 東証 52%
19 (3386) コスモ・バイオ JASDAQ 49%
20 (6758) ソニー 東証 49%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。




okasan_online at 18:23コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年06月17日

日経平均株価「日中足」
20130617pm

日経平均株価 13,03.12(前日比+346.60)
TOPIX 1,084.72(前日比+28.27)
出来高概算 25億430万株
売買代金概算 1兆9,839億円

後場に入ると、ドル円レートが94円後半で推移し、円高が一服したことから日経平均は上げ幅を拡大、13,000円を上回った。大引けにかけても一段高となり、結局高値引けとなる346円高で本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位その他製品、2位ゴム製品、3位ガラス・土石製品となっている。下落した業種は1位不動産業、2位空運業、3位卸売業となっている。東証33業種中、プラスは31業種、マイナスは2業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位トクヤマ、2位太平洋セメ、3位千代化工建となっている。一方、下落率ランキングは1位三菱地所、2位住友不、3位三井不となっている。
物色面では、東証一部の9割以上の銘柄が上昇する中、主力株が買い戻され堅調に推移した。先物主導の動きから、値がさ株の上昇が目立ったほか、円安メリット銘柄もしっかり。また、米スプリント買収に対して、米助言会社が反対から一転賛成に回ったと伝わったソフトバンクが大幅高となった。一方、不動産株がさえない動きとなったほか、足元、堅調な動きだったJALが甘い。
東証一部の値上がり銘柄数は1,453、値下がり銘柄数192、変わらず60。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 17:03コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter