2013年01月04日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (5202) 日本板硝子 東証 62%
2 (8589) アプラスフィナンシャル 大証 53%
3 (5721) エス・サイエンス 大証 33%
4 (5233) 太平洋セメント 東証 56%
5 (6753) シャープ 東証 44%
6 (8585) オリエントコーポレーション 東証 51%
7 (8515) アイフル 東証 49%
8 (6703) 沖電気工業 東証 49%
9 (6445) 蛇の目ミシン工業 東証 49%
10 (1821) 三井住友建設 東証 46%
11 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証 47%
12 (4064) 日本カーバイド工業 東証 52%
13 (8604) 野村ホールディングス 東証 56%
14 (5480) 日本冶金工業 東証 44%
15 (9132) 第一中央汽船 東証 49%
16 (9501) 東京電力 東証 44%
17 (8303) 新生銀行 東証 54%
18 (8562) 福島銀行 東証 53%
19 (5711) 三菱マテリアル 東証 50%
20 (9104) 商船三井 東証 51%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (8515) アイフル 東証 50%
2 (5202) 日本板硝子 東証 62%
3 (5233) 太平洋セメント 東証 56%
4 (8589) アプラスフィナンシャル 大証 53%
5 (6753) シャープ 東証 44%
6 (8585) オリエントコーポレーション 東証 51%
7 (8604) 野村ホールディングス 東証 56%
8 (4064) 日本カーバイド工業 東証 51%
9 (6954) ファナック 東証 53%
10 (7974) 任天堂 大証 41%
11 (6758) ソニー 東証 48%
12 (6703) 沖電気工業 東証 49%
13 (3765) ガンホー・オンライン・エンターテイメント JASDAQ 47%
14 (7203) トヨタ自動車 東証 45%
15 (8802) 三菱地所 東証 57%
16 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証 47%
17 (1821) 三井住友建設 東証 46%
18 (4583) カイオム・バイオサイエンス 東証 50%
19 (6445) 蛇の目ミシン工業 東証 49%
20 (5711) 三菱マテリアル 東証 50%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 07:30コメント(0) 
当社内ランキング 

2012年12月28日

日経平均株価「日中足」
20121228pm

日経平均株価 10,395.18円(前日比+72.20円)
TOPIX 859.80(前日比+5.71)
出来高概算 28億9,171万株
売買代金概算 1兆4,746億円

本日の日経平均は続伸。後場も年内最終売買日であることから投資家の様子見姿勢は強いなか、日経平均は先物主導の動きでじり高歩調を辿った。大引けにかけては、やや値を崩したものの、結局72円高で今年の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位ゴム製品、2位その他製品、3位輸送用機器となっている。下落した業種は1位電気・ガス業、2位空運業、3位医薬品となっている。東証33業種中プラスは22業種、マイナスは11業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位トクヤマ、2位浜ゴム、3位宇部興となっている。一方、下落率ランキングは1位東電力、2位関西電力、3位日電硝となっている。
個別銘柄では、輸出関連株が強含んだほか、金融株も大引けにかけて切り返しを見せた。一方、SNS関連株が軟調だったほか、大飯原発の活断層調査が警戒され電力株が全面安となった。
東証1部の値上がり銘柄数は821、値下がり銘柄数は732、変わらず143。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 15:42コメント(0) 
市場コメント 

2012年12月28日

日経平均株価「日中足」
20121228am

日経平均株価 10,403.01円(前日比+80.03円)
TOPIX 859.26(前日比+5.17)
出来高概算 17億3,030万株
売買代金概算 7,897億円

前場の日経平均は続伸。年初来高値を更新する形で取引を開始した後は年末年始の休場を前にした利益確定売りなどから10400円を挟み、売り買いが交錯する格好。前引けにかけてももみ合い商状が続き、結局80円高で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位ゴム製品、2位その他製品、3位輸送用機器となっている。下落した業種は1位電気・ガス業、2位海運業、3位建設業となっている。東証33業種中プラスは24業種、マイナスは9業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位トクヤマ、2位宇部興、3位浜ゴムとなっている。一方、下落率ランキングは1位東電力、2位関西電力、3位日電硝となっている。
個別銘柄では、円安進行が好感され、トヨタや東芝などの輸出関連銘柄がしっかり。一方、建設株や不動産株は利食い売りに押されてさえない動き。
東証1部の値上がり銘柄数は793、値下がり銘柄数は740、変わらず147。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:04コメント(0) 
市場コメント 

2012年12月28日

<海外市場動向>

12/27
NYダウ 13096.31ドル(前日比 -18.28ドル)
S&P500 14183.10(前日比 -1.73)
ナスダック 2985.91(前日比 -4.25)
英FT100 5954.30(前日比 +0.12)
独DAX 7655.30(前日比 +19.65)
日経225先物(円建) 10405円(+35円(大証比))

NYダウは4営業日続落。「財政の崖」協議の年内妥結への期待と、難航継続への警戒感が交錯した。

<日本株動向と戦略>

20121228ax

昨日の日経平均株価は3営業日続伸。円が2年3カ月ぶりの水準に下落したことから、年初来高値を更新してスタートし、その後は10300円台を回復した。利益確定売りが出たものの引けにかけても高値圏での推移となった。昨日の東証1部売買代金は1兆6146億円。
本日の日経平均株価は一段の円安進行を好感し、10400円を回復して始まりそうだ。脱デフラ・円高是正策を掲げる安倍政権への期待から、海外勢の見直し買いが続きそうだ。
本日は大納会となるが、来年の投資テーマを見据え、不動産や証券、金融などの脱デフレ関連、円安が追い風となる自動車、精密、機械などの輸出関連、公共投資拡大で恩恵を受ける建設関連などが本日、さらには来年の大発会に向けて賑わいそうだ。
さらに、来年1月4日からは「信用取引制度改正」がスタートする。信用取引の投資効率が大幅に増すことから、アクティブ投資家には待ちに待った改正となる。マーケットの流動性が大幅に増す可能性も強く、大いに期待したい。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2012年12月28日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 出来高(株) 買い比率
1 (1821) 三井住友建設 東証 34,096,500 50%
2 (6753) シャープ 東証 32,012,000 52%
3 (8918) ランド 東証 19,125,200 49%
4 (9501) 東京電力 東証 18,902,300 51%
5 (8589) アプラス 大証 16,451,700 50%
6 (5233) 太平洋セメント 東証 13,896,000 52%
7 (8585) オリエントコーポ 東証 12,057,500 51%
8 (5721) エス・サイエンス 大証 10,902,000 71%
9 (5202) 日本板硝子 東証 9,715,000 52%
10 (8515) アイフル 東証 6,952,950 51%
11 (9672) 東京都競馬 東証 5,195,000 49%
12 (1898) 世紀東急工業 東証 3,917,000 50%
13 (6803) ティアック 東証 3,847,000 50%
14 (8303) 新生銀行 東証 3,790,000 52%
15 (8202) ラオックス 東証 3,713,000 50%
16 (6791) 日本コロムビア 東証 3,622,000 52%
17 (3103) ユニチカ 東証 3,431,000 51%
18 (4004) 昭和電工 東証 3,379,000 51%
19 (2160) ジーエヌアイグループ 東証 3,378,000 54%
20 (8604) 野村HD 東証 3,355,500 49%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 売買代金 買い比率
1 (6753) シャープ 東証 9,121,106 52%
2 (9501) 東京電力 東証 4,370,863 51%
3 (8515) アイフル 東証 3,528,074 51%
4 (8585) オリエントコーポ 東証 3,512,349 51%
5 (1821) 三井住友建設 東証 3,449,161 50%
6 (5233) 太平洋セメント 東証 3,068,057 50%
7 (8589) アプラス 大証 1,740,964 49%
8 (6954) ファナック 東証 1,670,522 49%
9 (8604) 野村HD 東証 1,509,784 47%
10 (7203) トヨタ自動車 東証 1,049,203 54%
11 (5202) 日本板硝子 東証 933,953 51%
12 (8601) 大和証券G本社 東証 915,511 47%
13 (3765) ガンホー JASDAQ 866,011 51%
14 (9672) 東京都競馬 東証 847,304 50%
15 (4321) ケネディクス 東証 837,634 51%
16 (9104) 商船三井 東証 779,164 46%
17 (8804) 東京建物 東証 691,081 50%
18 (8801) 三井不動産 東証 679,106 50%
19 (8802) 三菱地所 東証 625,077 50%
20 (4100) 戸田工業 東証 615,274 49%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 07:41コメント(0) 
当社内ランキング 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter