2010年11月25日

岡三ネットトレーダープレミアムの9の特長-2+α
本日は、

(2)最新の値動き情報を入手「ランキング画面」

です。

ここに解説記事があります。ご参考に!
 ここをクリック↓
Rbaking-a

過去の記事にも載っていますが、「岡三ネットトレーダープレミアム」の独自のランキングとしては急騰・急落(株価)ランキングと出来高急増ランキングです。動いている株価の今をランキングすることができます。また、種別、市場別、業種別をプリダウンメニューで選択することが可能です。さらに、ランキングは、手動で更新でき、毎分自動更新することも可能となっています。これらのデータをCSV出力し、EXCELで分析したり、株価ボードの登録銘柄として活用することも簡単にできます。

Ranking-5

使いこなせば価値あるランキング画面ですので、日本株の情報取得にぜひご活用ください。


シンプルなトレード手法を信じるには

以前、トレード手法はシンプルな方が良いということを解説しましたが、これを本当に理解するのはかなりの知識が必要だという意見もあります。
マーケットの世界に限らず、実は本質は単純なところにあるという意見はどの世界であっても共通だと思います。

しかし、単純な方法は不安を抱く人も多く、複雑な方法が優れていると信じている人も多いようです。

このように、単純な方法に対して自信を持つためには、まず多くの知識を身につける必要があるのです。その後、必要でない知識と必要な知識を認識し、必要のない知識を捨てる一方、必要な知識をさらに掘り下げる必要があるようです。

自信を持つためには、本質は単純なものであるとの認識をすると同時に、必要でない知識を捨てるところから始まると思われます。自分の知識を捨てることは、非常に勇気がいるものであり、簡単なことではありませんが、不可欠なことだと思います。



okasan_online at 19:35コメント(0) 
岡三ネットトレーダー 総合・導入 

2010年11月24日

岡三ネットトレーダープレミアムのマニュアルにはおもな特長として以下の9つを挙げています。

(1)売買タイミングを逃さない「スピードショット注文画面」
(2)最新の値動き情報を入手「ランキング画面」
(3)有効なトレードルールを導き出す「バックテスト機能」
(4)ファンダメンタルズ分析に最適「企業分析ナビ」
(5)自分だけのオリジナルレイアウトにカスタマイズ「レイアウト画面」
(6)決算発表銘柄、株主優待銘柄を簡単チェック「カレンダー画面」「株主優待画面」
(7)複数のアプリを同時起動「マルチアプリ機能」
(8)世界の株式市場を網羅「マーケット情報画面」
(9)気になる銘柄の値動きを見逃さない「株価ボード画面」

の9つです。

今週から、「岡三ネットトレーダープレミアム」(スタンダードを含む)が当社に口座をお持ちのお客さまなら150日間無料で利用できるキャンペーンがスタートしました。そこで、これまでさまざまな機能を紹介してきましたが、今回はマニュアルに載っている9つの特長について順次簡単にご紹介したいと思います。

本日は、
(1)売買タイミングを逃さない「スピードショット注文画面」
です。

「スピードショット(SS)注文」は当社独自の注文画面であり、これまでも投資家の皆さまから高い評価をいただいています。特に、デイトレードなどアクティブに投資を行なっておられる方には非常に使いやすいといわれています。

一番の特長は売買板を見ながら直感的にすばやく注文を行うことができることです。指値の変更はドラック&ドロップ、取り消しはクリック1回で行うことができます。表示設定や操作設定も細かくおこなうことができるので、自分好みの注文画面を作ることができます。
さらに、価格帯別出来高や売買強度なども表示できるので、SS注文画面さえあれば、十分な情報を取得できるといわれる投資家の方もおられます。

SS注文画面
SS-1

また、SS注文画面は特殊注文との連携も可能であり、クライアント型の逆指値、トレール、IFDONE、OCOなど多彩な注文が可能となっています。これらの特殊注文はSS注文画面あってこその拡張機能となっており、日本株の取引を強力にサポートする機能が搭載されています。
「岡三ネットトレーダープレミアム」でSS注文画面を起動して日本株注文をしていただけるとその良さが分かると思います。

因みに、SS注文画面と特殊注文は「岡三ネットトレーダープレミアム」だけでなく、スタンダード、ライトでも利用することができます。また、SS注文だけなら、Web環境で動く「岡三ネットトレーダーWEB」でも利用することが可能です。まだ利用したことがない方はこちらもぜひ!



okasan_online at 20:45コメント(0) 
岡三ネットトレーダー 総合・導入 

2010年11月22日

ヘッドアンドショルダー=逆三尊とは、チャートの形の一つであり、一般的にはなかなか現れないが、この形が下げ相場の安値圏で出ると、底入れした可能性が高く、相場がトレンド転換する可能性が高いといわれています。

日経平均株価のチャート
NK225-20101122-HS

そこで今回はその底値と思われる8/31から本日までの上昇率ランキング(日経平均採用225銘柄)を作ってみました。ご参考まで!

8/31-11/22(本日終値)上昇率ランキング(A)

NK225-Ranking20

上記のランキングは逆三尊のボトムから本日の終値までの上昇率ランキング(A)です。この間の日経平均株価の上昇率は14.63%でした。また、日経平均採用225銘柄のうち上昇している銘柄数は193銘柄、このうち日経平均株価の上昇率以上上がっている銘柄は92銘柄でした。

上昇率トップは日本精工(6471)の41.92%となってます。上昇ランキングの上位は輸出関連やハイテク関連などでした。

また、参考までにショルダー(右の底値)からの上昇率(11/1-11/22(B))の上昇率も載せておきました。



okasan_online at 20:30コメント(0) 
投資情報-テクニカル 

2010年11月19日

以前、「無知の知」について書きましたが、今回は「無欲の欲」について考えてみたいと思います。株式投資をするということは、「儲けたい」、「勝ちたい」、「お金持ちになりたい」などの欲があると思います。

人間には必ず欲があります。食欲、金銭欲を始めとして人間はさまざまな欲があります。逆にいえば、これらの欲を満たすために、人間は生きているといっても過言でないかもしれません。

しかし、一般的にはこれらの欲が満たされることは少ないと思います。従って、ごく一部でも欲が叶ったときに、幸せを感じるのかもしれません。しかし、人間の欲には際限が無いと思われるので、ある欲が叶ったとしても、さらなる欲が出てくる可能性が強いと思います。

株式投資における欲も、なかなか叶わない可能性が高いと思います。なおかつ、欲を持った瞬間、損失が拡大することが多いような気がします。欲を持つことは悪いことではありませんが、欲を持ったために間違った相場観に従ってしまうリスクが大きくなるのではないでしょうか。本当は、出来る限り「無欲の欲」でマーケットと向き合う必要があるような気がします。

どれだけ勝っていても、欲に支配されているトレーダーは長続きするのが難しいと思われます。実際、大負けするトレーダーは欲に支配されていると思われます。本当は、「無欲の欲」、つまりは、勝っても負けても感情を出さずに淡々とトレードをすることが、トレーダーを続ける一つの条件だと思います。

okasan_online at 21:47コメント(0) 
投資情報-投資心理 

2010年11月18日

ついに来ました!

これまで、当ブログで解説を続けてきた「岡三ネットトレーダープレミアム」を当社に口座をお持ちの方全員、無料で150日間利用することができるキャンペーンがスタートします。

「岡三ネットトレーダープレミアム」(以下プレミアム)は当社の日本株トレーディングツール(実は先物オプションも取引可能です!)の最高峰です。注文だけなら「岡三ネットトレーダーライト」も同じ機能を搭載していますが、プレミアムは日本株に必要な情報がかなり多く盛り込まれています。
「岡三ネットトレーダー」関連で、これまで当ブログで投稿した記事は約50件にもおよんでおり、当ブログのメインコンテンツです。

このプレミアムは利用料金3,000円(手数料等による無料条件あり)でしたので、当社に口座をお持ちのすべてのお客さまに使っていただけるわけでは無かったことが非常に心苦しかったのですが、今回は期間限定ながらなんと150日(約4カ月)も使っていただけます。

ぜひ、ぜひ、まずはさわってみて、動かしてみてください。

まず、画面を立ち上げたときの「精悍さ」をご堪能ください。

キャンペーンページはこちら
ONT-Camp

岡三ネットトレーダー関連の記事(目次)はこちら



okasan_online at 21:00コメント(0) 
岡三ネットトレーダー 総合・導入 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter