2013年02月20日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (7261) マツダ 東証 50%
2 (6310) 井関農機 東証 50%
3 (1821) 三井住友建設 東証 47%
4 (6753) シャープ 東証 52%
5 (8260) 井筒屋 東証 50%
6 (8585) オリエントコーポレーション 東証 43%
7 (5406) 神戸製鋼所 東証 52%
8 (5202) 日本板硝子 東証 88%
9 (8202) ラオックス 東証 50%
10 (8515) アイフル 東証 49%
11 (8604) 野村ホールディングス 東証 50%
12 (4028) 石原産業 東証 51%
13 (1898) 世紀東急工業 東証 52%
14 (9107) 川崎汽船 東証 47%
15 (6343) フリージア・マクロス 東証 49%
16 (9101) 日本郵船 東証 50%
17 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 42%
18 (2432) ディー・エヌ・エー 東証 48%
19 (3632) グリー 東証 50%
20 (4842) USEN JASDAQ 50%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (7261) マツダ 東証 50%
2 (3765) ガンホー・オンライン・エンターテイメント JASDAQ 50%
3 (2432) ディー・エヌ・エー 東証 48%
4 (6310) 井関農機 東証 50%
5 (5108) ブリヂストン 東証 52%
6 (6753) シャープ 東証 52%
7 (2138) クルーズ JASDAQ 49%
8 (3632) グリー 東証 49%
9 (6954) ファナック 東証 54%
10 (8515) アイフル 東証 49%
11 (8604) 野村ホールディングス 東証 50%
12 (8585) オリエントコーポレーション 東証 43%
13 (4321) ケネディクス 東証 47%
14 (6758) ソニー 東証 53%
15 (4502) 武田薬品工業 東証 53%
16 (1821) 三井住友建設 東証 47%
17 (8815) 東急不動産 東証 40%
18 (8830) 住友不動産 東証 45%
19 (8306) 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証 53%
20 (7203) トヨタ自動車 東証 48%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 07:35コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年02月19日

日経平均株価「日中足」
20130219pm

日経平均株価 11,372.34円(前日比-35.53円)
TOPIX 963.61(前日比+0.92)
出来高概算 26億8,756万株
売買代金概算 1兆6,835億円

本日の日経平均は小幅反落。後場に入ると、週末の日米首脳会談を控えて様子見ムードが強まり、日経平均は11300円台後半でもみ合い商状となった。後場の値幅30円の狭いレンジの推移となるなど方向感は出ず、結局35円安で本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位ゴム製品、2位石油・石炭製品、3位建設業となっている。下落した業種は1位電気・ガス業、2位電気機器、3位情報・通信業となっている。東証33業種中、プラスは26業種、マイナスは7業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位ブリヂストン、2位日揮、3位ユニチカとなっている。一方、下落率ランキングは1位ファナック、2位ユニー、3位安川電となっている。
物色面では、政府が産業競争力会議で農業を成長産業にする方針を示したことから、農業関連銘柄が強い動きとなった。また、昨日の業績見通しが上振れたブリヂストンが大幅高となったほか、自社株取得を発表したグリーが続伸。一方、景気敏感株が利食い売りに押される場面が目立ったほか、電力株が甘い動き。
東証一部の値上がり銘柄数は1,075、値下がり銘柄数は496、変わらず128。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 16:11コメント(0) 
市場コメント 

2013年02月19日

日経平均株価「日中足」
20130219pm


日経平均株価 11,395.16円(前日比-12.71円)
TOPIX 965.61(前日比+2.92)
出来高概算 15億2,392万株
売買代金概算 8,892億円

前場の日経平均は小幅反落。円相場が強含んだことから、反落して寄り付いた後は下げ渋りの動きをみせ、11400円を挟んでもみ合い商状となった。ただ、日米首脳会談を控えていることなどから、前引けにかけては様子見ムードが強まり、結局日経平均は12円安で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位ゴム製品、2位石油・石炭製品、3位海運業となっている。下落した業種は1位空運業、2位電気機器、3位電気・ガス業となっている。東証33業種中、プラスは27業種、マイナスは6業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位ブリヂストン、2位ユニチカ、3位日揮となっている。一方、下落率ランキングは1位ファナック、2位電通、3位ミツミ電機となっている。
物色面では、主力値がさ株が軟調で、日経平均の押し下げ要因となっているほか、首相が税優遇措置を問題視する考えを示したことからJALが安い。一方、政府が農業を成長戦略に据える方針を受け、井関農やクミアイ化などの関連銘柄が賑わっているほか、内需株の一角が強い。また、昨日引け後発表の12/12期決算で営業利益が過去最高となったブリヂストンは上昇。
東証一部の値上がり銘柄数は1,178、値下がり銘柄数は402、変わらず100。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:11コメント(0) 
市場コメント 

2013年02月19日

<海外市場動向>

2/18
NYダウ 休場
S&P500 休場
ナスダック 休場
英FT100 6318.19(前日比 -10.07)
独DAX 7628.73(前日比 +35.22)
日経225先物(円建) 休場

米国株式市場は休場。

<日本株動向と戦略>

20130219ax

昨日の日経平均株価は大幅反発。G20を無事通過し、円安批判への懸念後退から、買い先行でスタート後はじり高歩調となった。11400円台前半ではもみ合い商状となったが、終日堅調な動きとなった。昨日の東証1部売買代金は1兆8405億円と1/30以来の1兆円割れ。
本日の日経平均株価は、米国株式市場が休場だったうえ、為替市場が小動きだったこともあり、前日終値付近でのスタートとなりそうだ。引き続き円安→株高の動きは継続しており、円安でも日本の政策への批判がなかったことは今後の相場上昇を下支えする可能性が強そうだ。こうしたことから、当面は堅調な相場展開が期待できそうだ。
昨日は円安が進行した割りには銀行・不動産など金融・内需関連の銘柄が上昇している。円安基調が続く可能性があるうえ、金融緩和からの過剰流動性相場的な動きが引き続き期待される。また、循環物色の動きが強まっていることから、内需関連の主力株を中心として押し目は積極的に買っていくべきであると思われる。特に、相場動向は上昇トレンドが継続していることから、この流れには逆らわないようにしたいところだ。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2013年02月19日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (7261) マツダ 東証 50%
2 (5202) 日本板硝子 東証 51%
3 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 51%
4 (6753) シャープ 東証 50%
5 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証 51%
6 (1821) 三井住友建設 東証 52%
7 (6703) 沖電気工業 東証 57%
8 (8303) 新生銀行 東証 63%
9 (8306) 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証 47%
10 (8585) オリエントコーポレーション 東証 50%
11 (8515) アイフル 東証 44%
12 (9107) 川崎汽船 東証 53%
13 (8604) 野村ホールディングス 東証 56%
14 (5711) 三菱マテリアル 東証 51%
15 (2395) 新日本科学 東証 49%
16 (9101) 日本郵船 東証 47%
17 (5721) エス・サイエンス 大証 30%
18 (2432) ディー・エヌ・エー 東証 51%
19 (7647) 音通 大証 49%
20 (9104) 商船三井 東証 50%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (7261) マツダ 東証 50%
2 (2432) ディー・エヌ・エー 東証 51%
3 (6753) シャープ 東証 50%
4 (3765) ガンホー・オンライン・エンターテイメント JASDAQ 55%
5 (8515) アイフル 東証 44%
6 (2138) クルーズ JASDAQ 51%
7 (8306) 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証 47%
8 (5202) 日本板硝子 東証 50%
9 (7203) トヨタ自動車 東証 50%
10 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証 51%
11 (8604) 野村ホールディングス 東証 56%
12 (4321) ケネディクス 東証 42%
13 (3632) グリー 東証 53%
14 (2395) 新日本科学 東証 49%
15 (9983) ファーストリテイリング 東証 49%
16 (8316) 三井住友フィナンシャルグループ 東証 44%
17 (8585) オリエントコーポレーション 東証 50%
18 (4502) 武田薬品工業 東証 46%
19 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 51%
20 (6758) ソニー 東証 50%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 07:34コメント(0) 
当社内ランキング 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter