2013年02月25日

日経平均株価「日中足」
20130225am

日経平均株価 11,607.70円(前日比+221.76円)
TOPIX 980.05(前日比+16.57)
出来高概算 17億4,154万株
売買代金概算 1兆40億円

前場の日経平均は大幅続伸。買い優勢で取引開始後は、高値圏にあることから買い上がる動きは限定的で、11500円台後半での推移となった。前引けにかけては上昇幅を広げ、2008年9月以来の水準にまで上昇した。
業種別では、上昇した業種は1位海運業、2位鉄鋼、3位不動産業となっている。下落した業種はなし。東証33業種中、全業種がプラス。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位川崎船、2位アマダ、3位日東紡となっている。一方、下落率ランキングは1位シャープ、2位ユニチカ、3位ユニーGHDとなっている。
物色面では、東証1部の8割超の銘柄が値上がりするなど全面高の様相。TPP交渉参加への思惑から、農業関連株や海運株に買いが集まっているほか、金融緩和期待から金融株や不動産株も堅調。一方、直近IPO銘柄が資金シフトの動きから売られているほか、2000億円規模の増資発表との観測が伝わり、シャープが大幅安となっている。
東証一部の値上がり銘柄数は1,448、値下がり銘柄数は174、変わらず66。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:21コメント(0) 
市場コメント 

2013年02月25日

<海外市場動向>

2/22
NYダウ 14000.57ドル(前日比 +119.95ドル)
S&P500 1515.60(前日比 +15.18)
ナスダック 3161.82(前日比 +30.33)
英FT100 6335.70(前日比 +44.16)
独DAX 7661.91(前日比 +78.34)
日経225先物(円建) 11500円(+90円(大証比))

NYダウは反発。心理的節目となる14000ドルが上値として意識されたものの、オバマ大統領が自動歳出削減について「期限前に合意できる希望がある」とコメントしたこともサポート要因となり、引け間際に14000ドルを奪回し取引を終了。

<日本株動向と戦略>

20130225ax

先週の日経平均株価は週間ベースで続伸。週初買い優勢で始まったものの、週央には利食い売りが先行し一時11200円を割り込む場面もあった。ただ、週末には先物主導で値を戻し、結局11385円で取引を終了。先週末の東証1部売買代金は2兆808億円と5営業日ぶりに2兆円を上回った。
本日の日経平均株価は、日銀総裁人事案の報道を受け為替市場で円安が進んでいることなどから、上値を試す展開となりそうだ。今週の相場見通しに関しては、「伊藤嘉洋の週間株式見通し」2/25週号を参考にされたい。
物色面では、円安の動きもあり、輸出関連株を中心に主力株は引き続き押し目買い戦略が有効だろう。また、循環物色の流れの中では、内需関連株、個別材料株なども注目されよう。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2013年02月25日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>


銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (7261) マツダ 東証 51%
2 (4651) サニックス 東証 50%
3 (1821) 三井住友建設 東証 51%
4 (8918) ランド 東証 54%
5 (4042) 東ソー 東証 53%
6 (8306) 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証 51%
7 (9107) 川崎汽船 東証 58%
8 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証 39%
9 (6701) 日本電気 東証 52%
10 (6369) トーヨーカネツ 東証 48%
11 (8604) 野村ホールディングス 東証 64%
12 (6316) 丸山製作所 東証 52%
13 (5721) エス・サイエンス 大証 31%
14 (6753) シャープ 東証 49%
15 (8303) 新生銀行 東証 52%
16 (9104) 商船三井 東証 48%
17 (6502) 東芝 東証 43%
18 (6218) エンシュウ 東証 46%
19 (4347) ブロードメディア JASDAQ 52%
20 (4043) トクヤマ 東証 52%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (7261) マツダ 東証 51%
2 (4651) サニックス 東証 50%
3 (3765) ガンホー・オンライン・エンターテイメント JASDAQ 50%
4 (8306) 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証 51%
5 (6301) 小松製作所 東証 52%
6 (8604) 野村ホールディングス 東証 64%
7 (2432) ディー・エヌ・エー 東証 48%
8 (1821) 三井住友建設 東証 51%
9 (7203) トヨタ自動車 東証 59%
10 (4042) 東ソー 東証 53%
11 (4571) ナノキャリア 東証 53%
12 (6594) 日本電産 大証 53%
13 (7270) 富士重工業 東証 51%
14 (6758) ソニー 東証 52%
15 (6502) 東芝 東証 43%
16 (2395) 新日本科学 東証 52%
17 (6954) ファナック 東証 43%
18 (6369) トーヨーカネツ 東証 48%
19 (6753) シャープ 東証 49%
20 (8515) アイフル 東証 55%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。




okasan_online at 07:35コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年02月22日

日経平均株価「日中足」
20130222pm

日経平均株価 11,385.94円(前日比+76.81円)
TOPIX 963.48(前日比+0.62)
出来高概算 33億411万株
売買代金概算 2兆808億円

本日の日経平均は反発。閣僚発言が伝わったこともあり、先物主導で日経平均は切り返しを見せ、後場に入ってからはプラス圏に浮上した。大引けにかけても、円がやや弱含んだことを背景に日経平均はじりじりと上げ幅を拡大し、結局76円高で取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位パルプ・紙、2位サービス業、3位食料品となっている。下落した業種は1位保険業、2位ガラス・土石製品、3位卸売業となっている。東証33業種中、プラスは20業種、マイナスは13業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位コムシスHD、2位ユニーHD、3位トクヤマとなっている。一方、下落率ランキングは1位シャープ、2位シチズンHD、3位旭硝子となっている。
物色面では、良品計画やクスリのアオキなどが昨年来高値を更新するなど、内需関連株の一角に堅調さが目立ったほか、値ごろ感からコマツやファナックなどの中国関連株の一角が朝安後大引けにかけてプラス圏に浮上した。一方、金融株に軟調な動きが目立ったほか、商品市況の悪化から商社株もさえない。また鴻海からの出資が白紙と報道されたシャープが先行き不透明感から下落した。/BR> 東証一部の値上がり銘柄数は573、値下がり銘柄数は982、変わらず145。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 15:40コメント(0) 
市場コメント 

2013年02月22日

日経平均株価「日中足」
20130222am

日経平均株価 11,252.41円(前日比-56.72円)
TOPIX 954.42(前日比-8.44)
出来高概算 15億9,593万株
売買代金概算 9,681億円

前場の日経平均は続落。前日の欧米株式市場が軟調となったことから、朝方の日経平均は小安く寄り付いた。その後は下げ幅を縮小する場面もみられたが、先物に大口の売りが出たことなどから下値を切り下げ、11200円を割り込む展開となった。前引けにかけては、先物主導で値を戻す格好となり、結局56円安で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位パルプ・紙、2位食料品、3位陸運業となっている。下落した業種は1位銀行業、2位証券・商品先物取引業、3位ガラス・土石製品となっている。東証33業種中、プラスは5業種、マイナスは28業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位東ソー、2位コムシスHD、3位JR東海となっている。一方、下落率ランキングは1位アルプス電、2位シチズンHD、3位三菱商事となっている。
物色面では、、「鴻海との提携交渉が白紙に」と伝わったシャープをはじめ、トヨタやニコンなどの輸出関連株、三菱UFJFGなどの金融株が利食い売りに押されている。一方、配当権利落日を控え、良品計画やウエルシアHDなどの小売株に買いが集まっているほか、タカラバイオなどの再生医療関連株が強い。
東証一部の値上がり銘柄数は302、値下がり銘柄数は1,288、変わらず101。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:32コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter