2010年05月04日

ゴールデンウィーク特別コラム

前回はTCG(トレーディングカードゲーム)のガード自体の市場性について解説しました。今回はデッキの構築とカード対戦について話を進めます。結論的にはデッキは株式投資をする上での情報・注文ツール対戦が実際の株式投資に当たるのではないかと考えています。

まず、デッキについてです。代表的なカードゲームであるトランプはゲームをするにあたって有利不利という差はありません。誰もが平等にチャンスがあります。しかし、TCGは全く違います。大会デッキ(ガチデッキという「ガチ」本当に強いと言う意味)と普通デッキ(例えばメーカーが出しているテーマデッキなど)では雲泥の差があります。多分、普通デッキではガチデッキと「100回戦って1回勝てれば良い」程度の差があるのです。どうしてそこまでの差があるのかは実際にTCGを体験してみないと分かりにくいのですが、簡単にいうと「如何に自分の40枚のカードが連携してシナジー効果を生み出し、なおかつ対戦相手の作戦を如何に封じ込めるか」を徹底的に追求したデッキなのです。従って、息子が同級の友達とTCGをやるときは、大会デッキでは強すぎて誰も相手をしてくれないそうです。そこで、わざと弱くしたデッキを自分で作って友達と遊んでいました。

つまり、戦いには武器、それも優秀な武器が必要なのです。戦いというと荒っぽいのですが、スポーツにおいても、道具は非常に重要だと思います。最近の例では水着の違いで水泳のタイムが大幅に更新されたことが記憶に新しいと思います。

それでは株式投資における、「武器」「道具」は何でしょうか?それは、やはり情報・注文ツールだと思います。この情報・注文ツールはそれ自体の使いやすさや情報の豊富さはもちろんですが、高速時価情報配信、注文のスピーディな取引所への取り次ぎ(板乗りの速さ)などの総合的な「武器」が如何に優れているかが重要なポイントだと考えています。

最後に、TCGの対戦について考えてみます。たとえ、すごいデッキを構築したとしてもそれだけで大会に優勝はできません。あたりまえのことですが、大会に出ている参加者(デュエリストという)は、皆そのレベルのデッキを構築しているのです。

TCGの対戦において重要な考え方に「アドバンテージを取る」というものがあります。TCGの対戦ではデッキこそ違うものの、最初の手札やそのカードを使えるチャンスはほとんど同じです。従って、如何に自分の手札や場に出しているカードを消費せずに、相手のカードを消費させるかが重要なポイントです。たとえば、自分のモンスターカードと相手のモンスターカードが戦い、相打ちでどちらも墓地(カードを消費すること)にいったとすれば、アドバンテージはゼロです。自分の1枚の呪文カードで相手の2体のモンスターを墓地に送ったとすれば、自分がカード1枚の消費に対して相手は2枚のカードが無くなった訳ですから、アドバンテージは+1となります。このようなことを真剣に考えながら、今現在できることの中で最良の選択を続けていく必要があります。また、対戦相手(プレイの仕方やデッキの特徴)によっても臨機応変に変える必要があります。それでも、最後には運に大きく左右されます。本当のデュエリスト同士の対戦で最後の勝敗を決めるのはほんの少しの差だと思います。ここに達していると、結局心理学の分野が重要な要素を占めてきます。このことは将棋の名人の本を読んでみても同じです。

株式投資の場合は対戦している相手が見えません。また、市場は巨大であり、一投資家がどうこうできるものではありません。自分の勝手な思い込みに固辞せず臨機応変に対応する必要性はデュエリストや棋士以上に必要ではないかと思います。この臨機応変に対応するという本当の意味は「負を認めること」であり、「必ずロスカットをする」ということにつながります

以上、「マーケットの動向を良く理解し本質を見極め、できるだけ有効な道具を揃え、対戦する相手と自分自身の心理を理解して行動するところに勝利がある」というところはカードゲームも株式投資も全く同じではないかと思っています。もし、息子さんがいらっしゃる投資家の方がおられたら、ガードゲームを一緒にやるのも一興かと思います。株式投資にも使える「新しい発見」があるはずです。



okasan_online at 12:00コメント(0) 
投資情報-総合 

2010年04月30日

これまで、「SS注文の基本」と「トレール注文」の使い方を解説しましたが、今回は「逆指値注文」についてです。

「逆指値注文」は利用したことがあるお客さまが多いと思います。「成行の場合、現在値が逆指値発動値を下回る、または上回ると成行注文を行います。」「指値の場合、現在値が逆指値発動値を下回る、または上回ると、指定したTick幅の指値注文を行います」。従って、成行の場合は発動条件が出現すればほぼ商いが成立します(その銘柄の流動性、注文量や板の状況によって成行でも商いが成立しない場合もあります)が、指値をした場合はこの限りではありません。従って、発動条件で株式を売買したい場合は成行を選んだ方が無難です。
(信用取引における新規売建を行う際の「空売り規制」にはご注意ください。詳細はこちら)

もう少し具体的に見てみましょう。

まず、株式を保有しており、ある水準でロスカットを入れたい場合は「逆指値注文」が有効です。以下の説明は当社のHPからの引用です。

SS逆指値G

SS逆指値

たとえば、上記の例では現在値1987円に対して、保有株(200株)の逆指値注文を1980円で出しています。株価が1981円以上の場合は何も起きませんが、1980円以下になると成行の売注文が出ることになり、利益(損失)が確定します。この時重要なことは、間違っても1988円以上の「即時条件達成域」をクリックしないことです。現在値が1987円ですから、1988円以上では条件を達成したことになるので即座に注文が施行されてしまいます。「確認省略」をしている場合はそのまま注文が通ってしまいますので十分注意してください。私も個人投資家時代に何度も失敗した経験があります。確認画面を出してもその場で確認せずにOKを押してしまいますので、注意が必要です。

逆指値のもう一つの利用法は相場の流れに追随する時に使います。具体的には、以前お話したレジスタンスラインをブレイクアウトする場合に「逆指値注文」を使うと便利です。株価はラインを抜けると大きく変動する場合が多いので、自分が想定したレジスタンスラインを数Tick上回るところに逆指値注文を入れる戦略は有効だといわれています。

注文の訂正と取消はSS注文の時にやっていただいた方法と全く同じです。

さらに、IFDONE」との組み合わせでブレイクアウト後の利食い注文も同時に出すことができます。以下も当社のHPよりの抜粋です。

SSIFDONEG
 
また、株式購入後なら、前回ご説明した「トレール注文」「OCO注文」を使えば利食いとロスカットの注文を同時に出すこともできます

特殊注文に関しては、ロスカットの「逆指値注文ブレイクアウト手法に有効な「逆指値注文保有株の損失を限定し利益拡大を狙える「トレール注文の3つについてはできるだけ習熟しておくとトレードの際の武器になるはずです。

特殊注文を含めたSS注文画面および操作は、お客さまの投資において、最も重要なことですので分からない場合は、ブログでコメントいただければ、答えられる範囲でお答えします

また、当社の「コールセンター」に直接お問い合わせいただいても結構です。

「習うより慣れろ」、不安な場合は小ロットから実際に注文してみてください



okasan_online at 12:00コメント(0) 
岡三ネットトレーダー 注文 

2010年04月29日

ゴールデンウィーク特別コラム

皆さんはカードゲームをやったことがあるでしょうか?代表的なカードゲームとしてはトランプがありますが、小学生高学年から中学生の男子中心に人気のあるカードゲームとしては「デュエル○○○○○」という名前の2大カードゲーム(トレーティングカードゲーム「TCG」という)が大手玩具およびゲームソフトメーカーから発売されています。両TCGとも発売から約10年経っていますが、未だに人気が高いようです。(もちろん、この2大TCG以外にもたくさんのカードゲームがあります)

「デュエル○○○○○」TCG
DuelM

私は個人投資家時代、ちょうど自分の息子が小学生高学年でしたので、親子でこのゲームをやって楽しんでいました。というより、私の方がのめり込んでいたかもしれません。

ここでTCGの基本的なことを解説しておきます。どちらのTCGも数千種類のカードが存在し、基本的にどのカードを使っても構いません。一回の対戦で自分が使えるカードの束をデッキといい、大体40枚前後のカードを選ぶことになります。また、一つのデッキには同じカードは3枚か4枚しか入れることは出来ません。このデッキをつくること、つまり数千種類のカードから必要なカードを選び出すことがまず重要な作業になります。さらに、プレイするためのルールを覚えて、ようやくTCGを遊ぶことができるわけです。主に、私がデッキを作り、息子が小学生大会に出場していました。結果はそこそこで、それなりの大会の上位に食い込んだこともありました。

このTCGは株式を理解するうえで、さらにはその市場で戦ううえで重要な示唆を与えてくれると思いますので、今回このブログでご紹介したいと思います。名称自体もT=トレーディングですから関連があるはずです。

まず、このTCGの市場について解説します。通常は数カ月に1回のペースで新しいカードが発売されます。一つのパックにカードが5枚入っており、価格は150円です。つまり1枚当たり30円となります。その中には光っていてかっこいい「キラカード」が低確率で入っています。子供はこのキラカードを求めて新しいパックを購入することになります。対戦に必要なデッキをつくるには40枚必要ですので、8パック購入すれば合計40枚となりデッキが完成します、というわけにはいかないのです。購入した40枚のうちに必要なカードが1枚でも入っていれば御の字であり、必要の無いカードがほとんどなのです。

ここで、TCGカードの市場が生まれます。友達同士でカードをトレーディングするのです。さらに、中古カードを取り扱うカードショップが存在します。カードショップで必要の無いカードを売り、高くても必要なカードを買いたい人がいるのです。そして、ここに需要と供給さらには価格という概念が存在することになります。「キラカード」は入っている確率が低いので人気があり、高値が付きます。1枚30円のカード(結局は印刷された紙でしかありません)が数百円さらには数千円の値が付くことも珍しくありません。また、光っていなくてもデッキをつくるうえで、必要なカード(一般的に強いカードという)もその価値が認められ、比較的高値で取引されます。逆に、価値の薄いカードは値が付かず、10枚1円とかで取引されることになります。

このことは株式市場の構図と全く同じです。奇しくも株式は印刷された紙(そのようなことを言ったらお札も同じなのですが)ですので、その価値を認め、欲しい人が多ければ価格は上昇しますし、その逆の場合は価格が下落します。TCGの場合でも、本当の価値を見極めることができれば、価格が低いときに買い、価格が高くなったときに売れば利益を上げることができます。ただ、TCGは規模や流動性などは株式市場と比べるとはるかに小さいので、その市場の信頼性もかなり小さいと思います。人気がなくなれば、全てのカードの価値がなくなることも考えられるからです。

ただ、このTCG市場から学べることは多くあります(1)本当に価値のあるものはいつかその価値に見合う価格となる(2)人気が出ても価格が永遠と上昇し続けることはない(3)価値の薄いものの価格はかなり低くなるどです。

結局、自らの価値観のみにこだわらずに、その市場に参加している人々がどのように考え、行動するかが非常に大事だということです。そのためには、株式投資においても、自らで考えたうえで、仮説をたて、検証して実行する、といったプロセスが重要です。
 
長くなりましたので、次回はTCGの対戦から学べることを解説する予定です。



okasan_online at 12:00コメント(0) 
投資情報-総合 

2010年04月28日

桜は既に散ってしまいましたが、今株式市場では決算発表まっさかりです。当社の「岡三ネットトレーダープレミアム」の「投資情報」→「決算発表銘柄」をクリックしてください。たぶんこのような形で情報ツールに組み込まれているのは当社の「岡三ネットトレーダープレミアム」だけではないかと思います。
それでは具体的な監視方法です。簡単です。

決算発表
 
「決算発表」と銘柄情報の「複合画面(大)」を右側にレイアウトしています。
左の日付をクリックすれば当日を含めて、発表分やこれからの発表企業をウオッチできます。株価ボードと同じように銘柄をクリックすれば右の情報が変わります。複合画面なので、チャートだけでなく、歩み、信用、業績、ニュースなども選択できます。決算発表の銘柄上で右クリックすればいつものメニューが現れますので、SS注文画面各種情報に瞬時にアクセス可能です。

まず、寄付は前日の引け後に決算発表が行われた企業をウオッチしてください。まだ、決算発表後の情報が完全には株価に反映されていないと思いますので、監視対象とすることは意味があります。ただ、寄付から一気に株価に情報が反映される可能性が高いので注意が必要です。株価動向を監視しながら波にのってください。前日決算発表の企業は既にニュースなどに業績に対する評価が出ている場合が多いので、当社の「企業分析ナビ」などと比較検討することもできます。

次に、当日ザラ場で決算発表が行われる企業についてです。発表されるといきなり株価が動く可能性があります。動き出したら波にのる戦略が良いと思います。ただ、評価が定まっていない中での動きですので、株価の動きが予想と異なってきたらすぐに対処できるように準備しておく必要があると思います。できれば当社の「特殊注文」であらかじめロスカットと利食いの注文を入れておくと自動的に対応できるとおもいます。

「決算発表」での監視は「連結モードで開く」などを使えば、十分見やすいとは思います「決算発表」のデータを「CSV出力」でEXCELに取り込み、銘柄を厳選してから「株価ボード」一括登録することもできますのでご利用ください。

ご注意)動画の画面上に表示された個別銘柄は操作の説明上表示しているものであり、これらの銘柄の売買をいっさい推奨するものではありません。



okasan_online at 15:00コメント(0) 
投資情報-ファンダメンタルズ | 岡三ネットトレーダー 決算発表

2010年04月27日

投資を行ううえで、「確率」の概念は非常に重要です。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、
「確率(かくりつ、probability)とは、ある現象が起こる度合い、ある試行が行われたあとある事象が現れる割合のことをいう。偶然性を含まないひとつに定まった数値であり、発生の度合いを示す指標として使われる。」
となっています。

簡単にいえば、必ず起こることは100%、全く起こらないことは0%、半分半分の場合は50%ということになります。代表的な例では、サイコロの一つの目が出る確率は1/6、約16.7%です。確率論はもともとサイコロ賭博といったギャンブルの研究として始まったのですが、今日では保険や投資などの分野で実用化されています。そうです、投資において確率は非常に重要なのです。

それでは株価が上がる確率は何%でしょうか?株価がランダムであり、変わらない時を除くと、いつかは上がるか下がるかしかないので、この場合の確率は50%になります。

一般的に、相場の世界では20%以下の勝ち組投資家と、80%以上の負け組投資家がいる、といわれています。株価が上がるか下がるかは半々なのにどうしてこのようなことがいわれているのでしょうか?

まず一つは、株式投資の場合は「買い」から入って、株価上昇後に「売る」のが一般的な投資スタイルだからと思います。上昇局面は良いのですが、下降局面ではこの投資スタイルは機能しないわけですから、チャンスは単純に半分になってしまいます。

さらに、投資はサイコロとは異なり、結果を評価する期間を投資家自身が自由に決められるところも大きく影響しているような気がします。投資家にとって損失を確定することは大きな痛みを伴う行為ですので、ついつい先延ばしにしてしまいます。もちろん、株価が戻れば良いのですが、「株価は何事も起こり得る」ために大きな損失を抱えて耐えきれずに退場せざるを得ない状態になることは十分起こりえます。このことも、負け組投資家が多い要因かもしれません。

さらに重要なことは、じつはこれまで説明してきた率は勝ち組投資家になるためにそれほど重要なことではない、ということです。
かなり逆説的な言い方になりますが、たとえ勝率が低くてもトータルで利益が出ていれば結局は勝ち組投資家になることができるのです。例えば、1日10回エントリーして、このうち8回は逆指値で小幅の損切りとなっても、残りの2回で大きく利を伸ばすことができれば全く問題はありません。「順バリ」の「ブレイクアウト手法」などの勝率はかなり低いのが一般的ですので、あまり勝率にこだわるのは意味がありません。

ただ、エントリーするときは意味のあるエントリーをする必要があります。意味のあるエントリーとは比較優位性「エッジ」のあるエントリーのことを指します。テクニカル分析であろうと、板読みであろうと、トータルで利益がでる手法を見つけ、検証するプロセスは非常に大事です。そして、そのエントリー手法を決めたら、何があってもその手法を続ける必要があります

「今回のトレードは1万回のトレードの中での一つでしかない!」
という考え方を肝に銘じるべきかもしれません。



okasan_online at 14:00コメント(0) 
投資情報-総合 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
プロフィール
石黒 洋一(いしぐろ よういち)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部 次長

石黒洋一

【経歴】
1993年早稲田大学社会科学部卒業後、城南信用金庫、もしもしホットライン(現リライアコミュニケーション)を経て、2006年に岡三オンライン証券入社。

売買データや株価データ等を活用し、個人投資家の投資動向を絡めた独自の投資情報を発信。
twitter