2013年05月21日

日経平均株価「日中足」
20130521am

日経平均株価 15,369.13(前日比+8.32)
TOPIX 1,272.66(前日比+3.15)
出来高概算 35億3,127万株
売買代金概算 2兆2,052億円

前場の日経平均は続伸。朝方の日経平均は売り先行で取引を開始したが、日本株への先高感は依然として強いことから、徐々に下げ幅を縮めプラス圏に浮上。その後は様子見姿勢が強まる展開が続き、前引けにかけても、日経平均はもみ合いの動きとなり、8円高で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位鉄鋼、2位石油・石炭製品、3位空運業となっている。下落した業種は1位食料品、2位その他金融、3位情報・通信業となっている。東証33業種中、プラスは19業種、マイナスは14業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位三菱自、2位日GSユアサ、3位トクヤマとなっている。一方、下落率ランキングは1位東京ドーム、2位東宝、3位NKSJ HDとなっている。
物色面では素材関連株に買いが集まっているほか、商社株も連日で高値を更新。企業の太陽光発電に対する融資制度創設が報じられ関連銘柄が大幅高となっている。また、保有資産の売却報道を受けシャープが高く、軽自動車のシェア拡大方針が好感され、三菱自も大きく上昇している。一方で、東急不、三井住友FG、ソフトバンクなど、内需株全般が弱い動きとなっているほか、新興市場では利食い売りが優勢。
東証一部の値上がり銘柄数は753、値下がり銘柄数は860、変わらず97。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:18コメント(0) 
市場コメント 

2013年05月21日

<海外市場動向>

5/20
NYダウ 15,335.28(前日比 -19.12)
S&P500 1,666.29(前日比 -1.18)
ナスダック 3,496.43(前日比 -2.54)
英FT100 6,755.63(前日比 +32.57)
独DAX 8,455.83(前日比 +57.83)
日経225先物(円建) 15,320(-70(大証比))

NYダウは小幅反落。売り先行でスタート後、一時プラスとなる場面もみられたものの、QEを巡る懸念などから再びマイナス圏に沈み、結局、安値圏で取引を終了。

<日本株動向と戦略>

20130521ax

昨日の日経平均株価は大幅続伸。前週末の為替相場が1ドル=103円水準まで進行したことや米株高等を受けて買い先行でスタート後も上げ幅を拡大する動きとなった。後場もアジア株高等を背景に一段高となった。昨日の東証1部売買代金は3兆5,651億円。
本日の日経平均株価は、NYダウが小幅ながら反落したことに加え、為替がやや円高方向に振れていることもあり、売り優勢でのスタートとなりそうだ。ただ、押し目待ちの投資家も多く、深押しの可能性は少なそうだ。ここ最近インデックスを引っ張ってきた輸出関連株は為替が円高気味に推移しているこもあり、調整局面入りすることもあるが、テーマ株は再び息を吹き返す可能性が強そうだ。
特に、物色面では、米シェールガスの対日輸出解禁などからエネルギー関連が注目されそうだ。ログイン後の「投資情報局」ではテーマ関連やレーティング情報を随時更新しているのでぜひ参考にされたい。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2013年05月20日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (7211) 三菱自動車工業 東証 51%
2 (9501) 東京電力 東証 49%
3 (9318) アジア・アライアンス 東証 45%
4 (8918) ランド 東証 35%
5 (6753) シャープ 東証 52%
6 (9898) サハダイヤモンド JASDAQ 55%
7 (7261) マツダ 東証 50%
8 (1821) 三井住友建設 東証 55%
9 (8585) オリエントコーポレーション 東証 46%
10 (5202) 日本板硝子 東証 86%
11 (8589) アプラスフィナンシャル 大証 47%
12 (6316) 丸山製作所 東証 50%
13 (6369) トーヨーカネツ 東証 51%
14 (8515) アイフル 東証 52%
15 (3103) ユニチカ 東証 56%
16 (9822) クロニクル JASDAQ 10%
17 (9101) 日本郵船 東証 58%
18 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 37%
19 (8202) ラオックス 東証 50%
20 (4651) サニックス 東証 48%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (9501) 東京電力 東証 49%
2 (6753) シャープ 東証 52%
3 (7211) 三菱自動車工業 東証 50%
4 (8515) アイフル 東証 52%
5 (3765) ガンホー・オンライン JASDAQ 47%
6 (7261) マツダ 東証 50%
7 (8585) オリエントコーポレーション 東証 46%
8 (4651) サニックス 東証 48%
9 (2138) クルーズ JASDAQ 52%
10 (8604) 野村ホールディングス 東証 44%
11 (3668) コロプラ 東証 50%
12 (4974) タカラバイオ 東証 51%
13 (6758) ソニー 東証 48%
14 (6316) 丸山製作所 東証 50%
15 (6369) トーヨーカネツ 東証 51%
16 (8890) レーサム JASDAQ 49%
17 (1606) 日本海洋掘削 東証 51%
18 (3672) オルトプラス 東証 43%
19 (4321) ケネディクス 東証 50%
20 (8589) アプラスフィナンシャル 大証 47%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 16:46コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年05月20日

日経平均株価「日中足」
20130520pm

日経平均株価15,360.81(前日比+222.69)
TOPIX1,269.51(前日比+16.27)
出来高概算48億7,023万株
売買代金概算3兆5,651億円

本日の日経平均は続伸。後場に入ってからも、アジア株高を背景に日経平均は一段高となり、高値圏での推移が続いた。大引けにかけては、黒田日銀総裁の金利についての発言や利食い売りからやや上値が重い半面、先高期待から強い地合いは続き、日経平均はもみ合い商状のまま、222円高で本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位海運業、2位電気・ガス業、3位鉄鋼となっている。下落した業種は1位不動産業、2位医薬品、3位空運業となっている。東証33業種中、プラスは26業種、マイナスは7業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位シャープ、2位トクヤマ、3位日製鋼となっている。一方、下落率ランキングは1位三住トラスト、2位大日住薬、3位東宝となっている。
物色面では、先週末に発表した成長戦略第二弾に絡み、輸出関連株が強い動きとなったほか、政府がインドと原子力協定を結ぶ方針と伝わったことを受け原発関連銘柄が賑わった。一方、不動産関連が軟調に推移したほか、成長戦略第二弾の発表に向け先回り的に買われた農業関連に朝高後マイナス圏に沈む銘柄が目立った。
東証一部の値上がり銘柄数は1,106、値下がり銘柄数は524、変わらず83。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 15:58コメント(0) 
市場コメント 

2013年05月20日

日経平均株価「日中足」
20130520am

日経平均株価 15,347.01(前日比+208.89)
TOPIX 1,270.53(前日比+17.29)
出来高概算 27億1,115万株
売買代金概算 1兆9,445億円

前場の日経平均は続伸。朝方の日経平均は買い優勢で取引を開始した。その後はじりじりと上昇幅を拡大し、2007年12月以来の15,300円台を回復する展開となった。今週は日銀金融政策決定会合やFRB議長講演などのイベントを控え、一段の円安期待など背景となり、前引けにかけても堅調な推移を保ち、日経平均は208円高で前場の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位海運業、2位電気・ガス業、3位石油・石炭製品となっている。下落した業種は1位不動産業、2位医薬品、3位銀行業となっている。東証33業種中、プラスは29業種、マイナスは4業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位東京電力、2位日製鋼、3位トクヤマとなっている。一方、下落率ランキングは1位三住トラスト、2位東京建物、3位三井不となっている。
物色面では、商社株や輸出関連株がしっかりのほか、米LNGの日本向け輸出が解禁になるとの報道を受け、海洋掘削やトーヨーカネツ、郵船などの関連銘柄が値を飛ばしている。また、政府がインドと原子力協定を結ぶ方針と伝わったことから原発関連株が買われ、東芝や日製鋼が高い。一方、不動産株や住宅関連株が利食い売りに押されているほか、薬品株が弱含んでいる。
東証一部の値上がり銘柄数は1,301、値下がり銘柄数は342、変わらず69。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:12コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter