2013年05月10日

日経平均株価「日中足」
20130510am

日経平均株価 14,581.95(前日比+390.47)
TOPIX 1,207.41(前日比+25.58)
出来高概算 24億4,650万株
売買代金概算 2兆1,995億円

前場の日経平均は大幅に反発。為替が節目となる1ドル100円を突破したことから、朝方の日経平均は輸出関連株を中心に買い優勢で取引を開始。その後は14,500円台半ばで堅調な推移が続いた。10時半頃に円相場が1ドル101円台に下落すると、日経平均は一段高となり、2008年1月7日以来の高値を更新する場面もみられた。
業種別では、上昇した業種は1位精密機器、2位輸送用機器、3位非鉄金属となっている。下落した業種は1位医薬品のみとなっている。東証33業種中、プラスは32業種、マイナスは1業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位ミツミ電、2位トレンド、3位DOWAとなっている。一方、下落率ランキングは1位武田薬、2位宝HLD、3位ユニチカとなっている。
物色面では、円安基調を背景に輸出関連株が軒並み堅調推移となっているほか、不動産株や証券株といった金融緩和関連の銘柄もしっかり。また、米スプリント買収に絡んだ思惑買いが入り、ソフトバンクが高いほか、好業績や株式分割発表が好感され、ガンホーがストップ高。一方、今期業績見通しがコンセンサスを下回った武田をはじめ、タカラバイオやリニカルなど、医療・医薬品関連の銘柄が利食い売りに押されているほか、カカクコムやドワンゴなどのネット関連株が冴えない動きとなっている。
東証一部の値上がり銘柄数は1,198、値下がり銘柄数は426、変わらず88。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:23コメント(0) 
市場コメント 

2013年05月10日

<海外市場動向>

5/9
NYダウ 15082.62(前日比 -22.50)
S&P500 1626.67(前日比 -6.02)
ナスダック 3409.17(前日比 -4.10)
英FT100 6592.74(前日比 +9.26)
独DAX 8262.55(前日比 +12.84)
日経225先物(円建) 14545(+315(大証比))

NYダウは最終的には下落。決め手となる取引材料がなく、NY株式相場は方向感を欠く展開となった。

<日本株動向と戦略>

20130510ax

昨日の日経平均株価は3営業日ぶりに反落。朝方、14,300円台を回復してスタート後は先物主導で上げ幅を拡大したものの、後場に入ると利食い売りから下げに転じ、結局94円安となった。昨日の東証1部売買代金は3兆1,808億円。
本日の日経平均株価は、為替市場で円相場が1ドル=100円の大台を突破したことを好感し、大幅高でのスタートとなりそうだ。本日のSQ算出日に向けて意識されていた権利行使価格14,500円ラインを寄り付きから突破する可能性が強く、主力株中心に上値追いの動きが期待できそうだ。
物色動向では、ドル円が100円を突破したことで主力株の戻り高値奪回が期待できる一方、中小型株も引き続きが強い動きとなる可能性が強そうだ。また、決算発表もピークを迎えることから、業績動向にも注目が集まる可能性がありそうだ。ログイン後の「投資情報局」では引き続き最新情報を順次掲載しているのでぜひ参考にされたい。(稲田)



okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

2013年05月09日

<当社出来高ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (5721) エス・サイエンス 大証 52%
2 (8918) ランド 東証 74%
3 (6753) シャープ 東証 51%
4 (6502) 東芝 東証 50%
5 (5202) 日本板硝子 東証 17%
6 (8515) アイフル 東証 50%
7 (9898) サハダイヤモンド JASDAQ 39%
8 (8107) キムラタン 大証 54%
9 (1808) 長谷工コーポレーション 東証 31%
10 (8604) 野村ホールディングス 東証 54%
11 (7261) マツダ 東証 48%
12 (3103) ユニチカ 東証 55%
13 (8411) みずほフィナンシャルグループ 東証 66%
14 (8589) アプラスフィナンシャル 大証 50%
15 (8308) りそなホールディングス 東証 54%
16 (5233) 太平洋セメント 東証 50%
17 (8202) ラオックス 東証 50%
18 (4798) L’ALBAホールディングス 東証 48%
19 (6343) フリージア・マクロス 東証 54%
20 (8893) 新日本建物 JASDAQ 49%

<当社売買代金ランキング(現物信用売買合計)>

銘柄コード 銘柄名 市場 買い比率
1 (8515) アイフル 東証 50%
2 (6753) シャープ 東証 51%
3 (4321) ケネディクス 東証 49%
4 (6502) 東芝 東証 50%
5 (3715) ドワンゴ 東証 48%
6 (3765) ガンホー・オンライン JASDAQ 47%
7 (2337) いちごグループホールディングス JASDAQ 58%
8 (8604) 野村ホールディングス 東証 53%
9 (4974) タカラバイオ 東証 50%
10 (2191) テラ JASDAQ 49%
11 (8890) レーサム JASDAQ 50%
12 (9984) ソフトバンク 東証 64%
13 (7203) トヨタ自動車 東証 50%
14 (2531) 宝ホールディングス 東証 48%
15 (5202) 日本板硝子 東証 16%
16 (6954) ファナック 東証 50%
17 (7774) ジャパン・ティッシュ JASDAQ 53%
18 (7261) マツダ 東証 48%
19 (8308) りそなホールディングス 東証 53%
20 (6378) 木村化工機 東証 50%

※)買い比率=買い出来高/出来高、買い売買代金/売買代金
この比率により売り買いの度合いを把握可能です。50%超は買い越し、50%未満は売り越しを意味します。


okasan_online at 15:54コメント(0) 
当社内ランキング 

2013年05月09日

日経平均株価「日中足」
20130509pm

日経平均株価 14,191.48(前日比-94.21)
TOPIX 1,181.83(前日比-12.51)
出来高概算 38億2,268万株
売買代金概算 3兆1,801億円

本日の日経平均は反落。後場に入ると利食い売りが優勢となり、日経平均は下げに転じる格好となった。大引けにかけては、徐々に下値を切り下げ、結局94円安で本日の取引を終了。
業種別では、上昇した業種は1位情報・通信業、2位証券・商品先物取引業、3位鉱業となっている。下落した業種は1位ゴム製品、2位不動産業、3位海運業となっている。東証33業種中、プラスは4業種、マイナスは29業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位シャープ、2位NTTデータ、3位荏原製となっている。一方、下落率ランキングは1位住友重、2位東海カーボン、3位日製鋼となっている。
物色面では、主力不動産株が軟調推移となったほか、バイオ・医療関連銘柄が利益確定の売りに押された。また、今期業績の減益見通しや減配が嫌気された住友重が下落したほか、ザラバ中に筆頭株主のオリックスによる保有株の売却観測が伝わり、マネックスGが後場から大幅安となった。一方、商社株や通信株がしっかり。また、サムスンとの提携を強化するとの報道を受け、シャープが一時ストップ高まで買われたほか、業績見通しやマイナンバー法案の衆院通過が好感され、NTTデータが高い。
東証一部の値上がり銘柄数は483、値下がり銘柄数は1,148、変わらず80。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 15:41コメント(0) 
市場コメント 

2013年05月09日

日経平均株価「日中足」
20130509am

日経平均株価 14,381.99(前日比+96.30)
TOPIX 1,198.33(前日比+3.99)
出来高概算 19億8,892万株
売買代金概算 1兆6,104億円

前場の日経平均は続伸。買い先行で取引をスタート後は決算発表シーズン入りによる国内企業の業績回復期待から買い意欲が強い一方、直近で大幅に上昇していたことから上値は重く、14,400円を挟んだ小動きの推移となった。
業種別では、上昇した業種は1位証券・商品先物取引業、2位情報・通信業、3位パルプ・紙となっている。下落した業種は1位ゴム製品、2位医薬品、3位その他製品となっている。東証33業種中、プラスは22業種、マイナスは11業種。
日経平均採用銘柄の上昇率ランキングは1位シャープ、2位NTTデータ、3位荏原製となっている。一方、下落率ランキングは1位住友重、2位東海カーボン、3位日製鋼となっている。
物色面では、昨日決算を発表したトヨタや富士重が年初来高値を連日で更新したほか、値がさ株も買われている。また、昨日の決算内容が好感された日合成やダイキンが大幅に買われたほか、サイバー攻撃対策の新組織創設が報じられたことからセキュリティ関連銘柄の一角も上昇。一方、昨日決算を発表したブリヂストンが、業績上振れ期待が後退した事から大幅に売られ、他のタイヤ株もつれ安。
東証一部の値上がり銘柄数は929、値下がり銘柄数は642、変わらず137。(岡三オンライン証券)



okasan_online at 12:23コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter