2017年03月27日

3/24
NYダウ 20,596.72(前日比-59.86)
S&P500 2,343.98(前日比-1.98)
ナスダック 5,828.74(前日比+11.05)
英FT100 7,336.82(前日比-3.89)
独DAX 12,064.27(前日比+24.59)
日経225先物(円建て) 19,095.00(前日比-45.00)
 
<海外市場動向>
主要3指数はまちまち。NYダウは7営業日続落となり、1カ月半ぶりの安値に沈んだ。オバマケアの代替法案の可決を断念したことから、トランプ大統領の今後の政策運営に対する不透明感が高まり、売りが優勢となった。代替法案撤回で、市場ではかえって法人減税に取り組み易くなったとの声も聞かれるが、トランプ・ラリーの出発点は、「ねじれ」解消により議会運営が円滑に進むとの期待感であったことが思い起こされる。

20170327am
                   
<日本株動向と戦略>
今週の日本株相場は、引き続き一進一退の動きが続きそうだ。期末特有の国内機関投資家の売り圧力減退や週前半の配当権利取り、配当落ち後の先物再投資などの動きはプラス材料だが、国内外政治の先行き不透明感が積極的な買いの動きを鈍らせそう。為替は、1ドル=110円処は抵抗しようが、直ちに円安基調に転換する可能性は低く、当面、日経平均は19,000円台でもみ合うこととなりそうだ。

とはいえ、世界的な景気回復基調や中期的なドル高円安の流れはついえておらず、加えて、企業業績の拡大期待も大きい。下値余地は限定的とみられ、好業績見通し銘柄中心に押し目は積極的に拾っていきたい。
 
当社情報ポータルサイト「株式投資情報局」(ログイン後)・「決算発表銘柄」で最新の情報をあわせてご覧ください。
 


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:08コメント(0) 
今日の相場 

2017年03月24日




上のリンク先の定義の元に、本日の増やした人の条件は以下です。
本日の
増やした人
の条件 
算定期間(※)の資産増加率が、同期間における日経平均の上昇率+30.38%を上回るパフォーマンスをあげた方

※2016/6/24~2016/12/20(終値ベースで、2016年に日経平均の最安値付けた日から最高値を付けた日まで)

20170104_買い増し



買い増した株(3月24日)
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買い増し人数割合 終値 前日比
1 8545 関西アーバン銀行 東証1 98.1% 1469 21
2 7836 アビックス JQS 51.4% 136 1
3 6740 ジャパンディスプレイ 東証1 16.7% 254 -4
4 7899 MICS化学 JQS 90.6% 349 -4
5 6502 東芝 東証1 7.7% 223 15.7
6 2160 ジーエヌアイグループ 東証M 34.1% 724 -3
7 1357 NEXT FUNDS日経平均ダブルインバ 東証E 6.2% 1921 -37
8 5002 昭和シェル石油 東証1 18.5% 1109 -13
9 4323 日本システム技術 東証2 86.1% 1000 -4
10 6835 アライドテレシスホールディングス 東証2 56.3% 58 0

※(増やした人のうち)買い増した人数÷該当銘柄を保有している人数


→3月24日(大引け)勝ってる人の買ってる株・売ってる株はこちら



人気ブログランキングへ

okasan_online at 16:11コメント(0) 
増やした人の買い増した株 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter